管理人の投資結果②(米国証券口座)

米国証券口座を利用した取引結果(2014年度)

こんにちは。
株式投資家のHiroです。

投資が大好きすぎて、数年前に米国の「FIRSTRADE」証券の現地口座を開設していました。現地口座を開設・利用する際の苦労話は、下記コラムを参考になさって下さい。

アメリカの証券会社を口座開設・使いにくいぞ
海外の証券会社の確定申告が超シンドイ体験談


さて、私は長期分散投資から投資の世界に参入したのですが、2013年頃は中期売買をやってみたい衝動に駆られて、トレードを繰り返していました。

スイングトレードに挑戦


デイトレードのような超短期売買でないですが、一般的な株式投資として暴落時に資金を投入するスタイルで、年間収支がプラスになるようになりました。

当時は、米国証券口座にも投資資金があったので、コツコツとマイペースに取引を続けていました。

本記事では、2014年度の年間損益を、感想も含めて報告します。改めてトレード成績を見てみると、極めて恥ずかしい売買を繰り返している事に唖然とします・・・

(2019年1月6日 )

年間を通した口座資金は、+22%(現地米ドルベース)で終了

2014年前半までは、米国の個別株も取引していました。しかし、米国と日本の時差の問題や売買手数料を考慮した場合、段々と面倒になってきて、2014年4月頃からはレバレッジETF2銘柄に絞って取引を続けていました。

2014年1月初旬の口座資金:約25,538米ドル(約306万円)から、年末には31,205米ドル(約374万円)に増加。利率にして口座資金は、+22%の増加です。米国口座は、約68万円の利益となりました。

米国証券口座の運用残高


ベンチマークとしては、最もパフォーマンスの良いNASDAQと比較しています。レバレッジETFを利用した売買を繰り返しているため、ベンチマークの2倍の運用成績で2014年度を終えました。

これだけの結果を見ると順調な運用に見えますが、トレード履歴を遡ると恥ずかしいドタバタ劇が繰り返されています。

ナスダックと管理人の運用成績比較


2014年度後半は、レバレッジETFを中期で保有し続けるだけで十分に大きな利益(というか、同等の利益)を得る事が出来たようですから、保有し続けることの強力さを再認識した形です。



恥ずかしい売買タイミグは、こんな感じ

レバレッジETFは、DDM(ダウの2倍)とQLD(ナスダックの2倍)を利用していました。 実はDDMとQLDは、ほぼ連動しているので売買タイミングがほとんど同じです。ここでは、DDMの恥ずかしい取引履歴を公表します

DDMの売買履歴


2014年2月中旬の暴落は、普通の精神状況ならば買い向かったのですが、管理人のプライベートな問題が多発していて売買する余裕がまったく無く、相場から離れていました。今思うと、エントリーチャンスを逃したと悔やまれます。

エントリーチャンスを逃した事に、少々ショックでApr(4月)の中途半端な暴落で買いエントリー。

実はプライベートのドタバタ状態が続いており、精神的に弱っている状態にも関わらず相場に参入。そのため、ちょっとした値下がりで超動揺・笑、買って売って、また買って売っての、非常にダメトレードのオンパレード・・・。

売買にメンタル面が非常に重要だということを、再認識したのを良く覚えています。この時は、しばらく生活が落ち着くまで相場から離れようと決意、7月ぐらいまではチャートを見るのみでした。

ただし、この時の超ダメトレードは下記のように、とりあえず損は出しませんでした。

DDMの、2014年4月の売買記録


さて、August(8月)に絶好の暴落が発生しました。8月6日と11日に、2回に分けて買いエントリー。ちょうど底値付近で購入できました。その後の上昇で、そろそろ一部利確をしようかなと思っていた矢先に再度、大暴落・汗。

10月初旬からの暴落は、資金があれば全力買したかったのですが静観。調整が大きいと思っただけで、ポジションは変えていません。 December(12月)で3割程の利益確定として、その後の暴落で再度買いエントリーです。

DDMの、2014年12月の売買記録


この時の利益率は高いのですが、資金量が少なく利益額は僅かなものです。約8万円くらいです。

2014年度末は、フルインベスト状態で2015年度に持越。その後の2015年2月末では、半分程度の利益確定をしており、損益が+17万円となっていました。

DDMの、2015年2月の利益確定


QLDの損益も似たような状況です。それにしても、いわゆる長期保有と違って精神的苦痛が非常に激しいため、見た目以上に超大変です。

売買を繰り返して、一度でも暴落後のエントリーを逃すと、ベンチマークであるインデックスに大負けしますからね。本当に、トレーダーは大変だなぁと実感しました。



トレード関連記事





Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!