売買の検証をする為の事前準備を解説

バックテスト(売買の検証)を行う前に必要な、事前準備について徹底的に解説

トレードステーションを使って売買の検証(バックテスト) をする前に、事前の準備が必要です。チャートを表示させ、売買に利用するテクニカル分析を表示させたりなど、どれも簡単な作業です。

バックテスト前の事前準備


この事前準備編のページでは、下記の操作について具体的に解説します。

ステップ1:バックテスト対象の銘柄を、チャート分析画面に表示させる
ステップ2:バックテストを実施する条件「足種」の設定を行う
ステップ3:チャート分析画面に、テクニカル指標を表示させる

もしも具体的なバックテストの設定方法などを今すぐ知りたい方は、下記のリンク先も参考にして下さい。

トレードステーションのバックテスト機能で、投資手法が儲かるのか?調べる方法
⇒①バックテスト(売買の検証):事前の準備を解説 ←今ココ
②バックテスト(売買の検証):設定方法を解説
③バックテスト(売買の検証):パフォーマンスの調べ方を解説

(2016年8月26日公開)

ステップ1 :バックテスト対象の銘柄を、チャート分析画面に表示させる

まずは、画面左端にある「トレーディングアプリ」を選択後に、「チャート分析」をクリックして「チャート分析画面」を表示させましょう。

トレードステーションのチャート分析画面を表示させる方法


チャート分析画面を表示させると、前回表示していた銘柄の株価が表示されるはずです。ここでバックテスト(検証)を実施したい銘柄を表示させる必要があります。

銘柄検索ボタンをクリック後、下記赤枠に検索した銘柄名を打ち込みます。銘柄の候補が表示されますから、そこから目的とする銘柄を選択してOKボタンを押しましょう。今回の例題であれば、みずほフィナンシャルグループの株価が表示されます。

トレードステーションで銘柄検索



ステップ2:バックテストを実施する条件「足種」の設定を行う

テクニカル分析を利用する場合、株価の足種が重要です。15分足、60分足、日足など、設定で採用したテクニカル分析が機能する時と機能しない時がありますからね。

今回は日足チャートのバックテストを行うので、足種としては「日足」を設定する事にします。まずは、下記の「足種設定」ボタンをクリックして下さい。

トレードステーションのチャートの足種設定


すると下記のような設定画面が表示されます。この中から「日足」を選択しましょう。チャート分析画面の株価チャートが日足で表示されます。

トレードステーションのチャートで日足を設定



ステップ3:チャート分析画面に、テクニカル指標を表示させる

バックテスト(検証)が正常に動作している事を確認する為に、採用するテクニカル分析を表示させておきましょう。

今回の事例ではMACDを採用しますので、株価チャートの下にテクニカル分析MACDを追加させます。まずは「挿入」を選択後、「インジケータ」をクリックして下さい。

トレードステーションのチャートにテクニカル分析を表示させる


するとテクニカル分析を選択する画面が表示されます。「インジケータ」タブの中から、「MACD」を選択しましょう。

ここで「設定ダイアログを表示」にチェックが入っている事を確認して下さい。MACDの詳細条件を変更する場合に必要になります。すべての設定を確認後に、OKボタンをクリックしましょう。

トレードステーションのチャートにテクニカル分析MACDを表示させる


最後に設定ダイアログ画面が表示されます。必要であればテクニカル分析「MACD」の設定を変えて下さい。変更するとしたらMACDの短期、長期のパラメータでしょうか。

下記例だと、「入力」タブにある短期、長期の値(12と26)の数字を直接入力して変更する事が可能です。初期設定でも問題がないので、OKボタンをクリックして下さい。

トレードステーションのテクニカル分析MACDの設定方法


テクニカル分析の設定が終了すると、下記画面のように株価の下にMACDが表示されます。これでバックテストの準備が完了しました。

トレードステーションのテクニカル分析MACDを表示


ではトレードステーションのバックテスト(売買の検証)の具体的な設定方法について、次ページ以降で解説します。

トレードステーションのバックテスト機能で、投資手法が儲かるのか?調べる方法
⇒①バックテスト(売買の検証):事前の準備を解説
②バックテスト(売買の検証):設定方法を解説 ←次はコチラ
③バックテスト(売買の検証):パフォーマンスの調べ方を解説



Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!