株で成功するために、諦めない事が大事

株は、勝つまであきらめないことが大切な理由

株式投資で、勝ち続けるのは難しいですよね。勝ったり負けたりの繰り返しで、口座のお金がちっとも増えない。投資初心者の人は、まさに経験している事だと思います。

株式投資で、継続して勝ち続けるのは難しい


実は、株式投資で勝てるようになるまでは諦めないことが大切です。何度でも儲かるチャンスが訪れるからです。残念ながら、投資経験を積む前に相場から退場したり、株式投資を諦める人が後を絶ちません。

世の中には、表に出てこないだけで成功している個人投資家が沢山います。長年の投資経験を駆使して、相場から退場をせずに、生き抜いているのです。

最後まで諦めなかった人が生き残って、勝てるようになったのです。この記事では、株式投資で勝つまであきらめないことが大切な理由について紹介します。

(2018年12月25日 )

動画で株は、勝つまであきらめないことが大切な理由を解説



3年以内に、株式投資を諦める人が多い

スパークス・アセット・マネジメントによる日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2018に興味深い結果が掲載されています。




上記は、2018年11月21日~26日の期間で全国 20~79 歳の投資経験者 1,000 名に、現在の投資状況について調査を行った結果です。

調査によると、投資経験者1000名のうち20%の209人が投資から離脱しています。その離脱した人の投資経験を調べたところ、なんと離脱した人の半数は3年以内に辞めているのです。


投資離脱者(209 名)の投資の経験年数
投資離脱者(209 名)の投資の経験年数
引用:日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2018


なお、現役投資家の5割以上は投資経験7年以上です。まずは、石の上にも3年の気持ちで、3年は続ける事が大事だと思います。


現役投資家(791 名)の投資の経験年数  現役投資家(791 名)の投資の経験年数
引用:日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2018



相場の大暴落で、大損した経験のある人が離脱しやすい

初心者で株式投資から離脱する人のほとんどは、相場の大暴落で大損したからだと思います。以下の日経平均株価指数の長期推移をご覧ください。

一般的に、景気のサイクルは10年程度と言われているので、好景気5年、不景気5年と考えた場合に大相場が続く期間は、ざっくり5年程度かなと思います。2003年の大相場は、5年間は続いています。

日経平均株価指数の長期推移
引用:社会実情データ図録より


株価上昇が続く期間は、過去の歴史を信じて低く見積もって5~7年程度でしょうか。大相場後は、とてつもない暴落がやってくるので、その時に相場から振り落とされる可能性が高くなります。

初心者の人は、大相場の途中から参入し始めて、天井付近で含み益の時に暴落に遭遇するので、余計に精神的なダメージが大きいかと思います。ですので、暴落を生き残って、これまで得た経験を次に生かすことが極めて重要です。



諦めずに長く続けていれば、株式投資で利益を出せるようになる

ところで、スパークス・アセット・マネジメント調べの日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2018に更に面白いデータがあります。大暴落中の2018年の投資損益着地予想で、プラスの着地が34%もいるのです。

さすがに、大幅なプラス着地は3.7%にとどまりますが、ややプラス着地30.3%の合計でプラス着地が34%になる計算です。

大暴落している2018年の投資損益着地予想


現役投資家の5割は、7年以上の投資経験者となりますので、上記のプラス着地の多くは、長年投資を続けている人が占めているのではないのでしょうか。管理人は、相場に長く居続ける事で、恩恵を受けられるようになると考えています。



最初の大相場で致命的な損失を出さずに、生き残ることが大切

相場の天井園では、投資で巨額な利益を手にした人の話題がなされることが多いです。大儲けした人の話を聞いて、自分も同じように成功したいと思い株式投資を始めても、最終的に痛い目にあうだけです。投資の経験値が絶対的に足りないからです。

ですので、株で勝てるようになるまで諦めずに続けることが大切です。そのためにも、投資初期の大相場で致命的な損失を出さず、生き残ることに全力を尽くしましょう。

投資チャンスで大きな利益を手にする


仮に今、株式投資で利益を出せず資産をあまり増やせてなくても、投資に関する知識や経験は確実に身になっています。今、大切な資金を守れれば、次の大相場、次の投資チャンスで大きな利益を手にすることができるようになるでしょう。





Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!