黒岩泰・具体的な株価予想実績の感想

勝率も低く、精神修行のような取引をしたいのであれば利用すれば良い

黒岩泰氏も参加しているヤフー投資の達人・プレミアムのウェブサイトを訪れると、非常に清潔感が溢れており有料情報を、お金を支払ってでも受けてみたいと思わせます。

黒岩泰氏の実績

Yahoo投資の達人・プレミアムから画像を拝借


さて黒岩泰のトータル実績が、上述のウェブサイトで公開されています。平均的な予想期間が47日間と2カ月間近く保有する事になりますね。

累積パフォーマンスだけを見ると凄まじい達人のように思えます。ですが累積パフォーマンス自体は、我々が勘違いをするような内容ですので少々注意が必要です。

参考コラム:株価予想通りに売買しても、累積パフォーマンスのように資産は増えない

公開されているデータを精査する事で、実績を信じて株価予想を頼っても良いものかどうか考えてみましょう。

(2015年8月17日更新)

博打に近い勝率を見ると、株価予想を信じるが怖い

下記の勝率グラフは、ヤフー投資の達人プレミアムで公表されている2013年7月から2015年7月までの勝率です。

黒岩泰氏の勝率

勝率50%近辺を平均値として、全体的に株価予想の的中率が低いなぁという印象を受けますね。2回やって1回負ける場合、売買手数料を考慮すると儲かる気がまったくしないです。

熊谷亮氏の的中率が75%程度であった事を考えると、黒岩泰氏の勝率には満足できないですね

安定的に、良好なパフォーマンスが期待できない

プロであるならば相場環境が悪化してマイナスパフォーマンスのような時にでも、何とか達人の株価予想は、プラスの成績を叩き出して欲しい所です。

日本市場を例にして考えると、日経平均株価指数が下がり続けているような月にでも、良い株価予想を提供して欲しいという事ですね。

そこで有料情報として公開されている実績情報を元に一覧化したものが、下記のようになります。

黒岩泰氏の過去2年間の成績

※実質平均パフォーマンスは、累積パフォーマンス÷総売買数


さらに上記一覧を分かり易く、整理してみましょう。

項目 回数
日経平均株価指数がマイナスパフォーマンスの月の数 8
黒岩泰氏の上述期間でマイナスパフォーマンスの月の数 4

日本市場の平均的なパフォーマンスを表す日経平均株価指数がマイナス運用成績の時にも、黒岩泰氏の株価予想結果は同様に悪化しているようです。

項目 回数
株価予想の全期間(月間 25
黒岩泰氏の上述期間でマイナスパフォーマンスの月の数 8

相場環境が良い時期も含めて確認してみると、上記のようになります。日本市場が盛り上がっている時期でも、株価予想として損失になった時期がありそうです。

なお全取引を集計した新の平均パフォーマンスは2.5%程度のようです。

項目 パフォーマンス
平均パフォーマンス(勝ち取引のみ集計 公表値) 6.3%
真の平均パフォーマンス(全取引で集計) 2.5%

総合的に考えると、市場環境が良い時は当然ながら良い結果を出せるけども、安定的に良い結果を出し続ける事は期待できないという事でしょうか・・・勝率も低い事を考慮すると、株価予想を頼る事が怖いと感じてしまいますね。

関連するコンテンツ一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!