年始の株価予想が外れて投資家の屍が多数発生

株価予想を信じたカモの投資家が、年始から痛い目に合った事例を紹介

当サイトの管理人は、常日頃から世の中の株価予想について疑いの目で見ています。そもそも株価の値動きは予想できる代物では無く、予想屋の情報など当てにならないと思っているからです。

株価予想に対する注意喚起


様々なプロの方が相場の先行きを予想していますが、もしも、そのような方たちの予想に従って売買を継続したら、どうなったのか??ひとつの事例として、ご紹介したいと思います。

(2016年2月5日公開)

年始から株価上昇が続き、6月がピークになる株価予想だったのだが・・・大外れ

さっそくマネックス証券の広木隆氏が提供している「ストラテジーレポート」を読んでみると、定期的に相場の先行きについて述べているようです。

2015年末の日経平均株価指数の傾向や、様々な分析によって、年始から6月頃にかけて株価は上昇を続け、2万3000円に到達すると予想しています。

結論:
株価は年前半で高値をつけて、そこでピークアウト。
年後半は下落する。2016年末の日経平均は1万8000円を予想。年間のリターンは5年ぶりにマイナスとなるだろう。


高値の時期・株価:
5月~6月。メインシナリオで2万3000円。
リスクシナリオとして、2万1000円と予想。

引用:https://info.monex.co.jp/report/strategy/20151228_01.html


レポートを読むとデータも示しながら株価が上がる理由を提示しているのですが、年が明けた相場の結果は、なんと大幅下落。株価が上がると予想した2015年12月28日時点で18,873円だった日経平均株価は、2016年1月12日時点で17,218円です。1655円もの大暴落。

もしもレポートを信じて180万円近くの資金を投じていたら、損失が16万円近くも発生した事になります。年始早々から、手痛い目にあっちゃいましたね。

年始の株価予想で大損した事例

2転3転する株価予想が外れ、それに振り回されたカモ投資家の屍が大量発生中

さて波乱の相場では、株価予想も2転3転と方針が変わります。年末に威勢よく「買え」と言っておきながら、2016年1月12日の株価予想は、相場の更なる暴落が続くと予想し、多くの個人投資家を恐怖に落としいれました。

年始の株価予想で恐怖を煽る

2013年に15兆円も買い越したことを考えれば、本格的な売りが出るとすれば、これからではないか。

引用:https://info.monex.co.jp/report/strategy/20160112_01.html


ですが1週間後の2016年1月18日の株価予想では、一転して株を「買え」と推奨しています。ジェットコースターのように方針が変わりますね。

しかも「買え!!」と言った時点から日経平均株価指数が、1000円近く下落していますからね。再度、株価予想を信じて170万円近くの資金を投入していたら10万円の損失です。

大暴落のあとに、継続して1000円も下落するのを見ると、初心者であれば二度と立ち直れない精神的なショックを受けそうです。

年始の株価予想の買い推奨が外れる

引用:https://info.monex.co.jp/report/strategy/20160118_01.html


さらに次の週のレポートを見てみると、これまた方針を転換して株価が2番底を探しに下がり続けると予想。先週は「買え」と言ったのに・・・ で実際に2番底を探す事なく株価が上昇する始末です。

案外あっさり戻すということも考えられるが、やはり「二番煎じの相場」であるということを念頭において、もう一度、二番底を探りにいく展開をメインシナリオとしたい。

引用:https://info.monex.co.jp/report/strategy/20160125_01.html


極めつけは、日銀が決定したマイナス金利の導入。それを見て悲観的に相場を見ていたのを再度方針転換!!株式市場が好調になると予想したものの、やはり相場は生き物。レポート後に株価が勢いよく下落を続けています。

結論:株式相場にとっては非常にポジティブ。

引用:https://info.monex.co.jp/report/strategy/20160201_01.html


株価予想の売買方針とチャートを比べてみると、毎週のように売買方針を変更し、一貫性があったものじゃないです。このような世の中で出回っている儲かる情報ばかり探し続けていると、間違いなく痛い目にあって相場から退場する羽目になりかねません。

2転3転する年始の株価予想

予想屋の言葉に惑わされず、自分の投資スタンスを守り続けた者だけが生き残れる

株式投資で最大の敵は「恐怖心」です。毎日のように意見を変える株価予想のような情報に触れていると、不安を煽られ、高値で買うことになったり、底値で投げ売りする事になります。結局は、一握りの勝者に儲かるチャンスを提供する事になるだけ。

日々の値動きに一喜一憂する事なく、どっしりと構えて、心穏やかに投資できる手法を取り入れるべきですね。投資資金も多すぎると、少しの暴落で動揺して夜も安心して寝れなくなりますから、少額から始めるべきでしょう。

面白いように利益が出せる「うねり取り投資」を成功させるための5つのステップでも熟読して頂き、カモの投資家から、ぜひ卒業して頂きたいです。



Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!