サラリーマンは、簡単に不労所得を生み出す仕組みが作れる

サラリーマンの地位を利用して、不労所得を作ろう

月に1万円でもいいので、収入を増やしたいですよね。外食の回数を増やせますし、欲しいものが気兼ねなく買えます。なにより自由にお金を使える事は、素敵なことです。

自由にお金を使える事は、素敵なこと


まさか、残業やアルバイトで収入を増やそうと思っていませんか。本業で忙しいサラリーマンが、さらに働く時間を増やして収入アップを目指すことは非現実的です。

もしも、収入を増やしたいのなら不労所得で稼ぐのが一番です。労働型の残業やアルバイトでの収入アップには限界がありますが、不労所得であれば青天井です。この記事では、サラリーマンの地位を利用して不労所得を作るメリットについて紹介します。

(2018年12月18日 )

今後の日本社会では、ますます残業代で稼ぐことが難しくなる

法律で定められた割増賃金の仕組みをご存知でしょうか。深夜労働では25%以上の割増賃金、休日労働なら35%以上の割増賃金を支払う事が法律で定められています。大企業であれば、1ヶ月60時間を超える時間外労働は、割増賃金率が50%になります。

法律で定められている残業代の割増賃金の仕組み
引用:厚生労働省


ですので、経営者の視点で考えれば従業員に余計な残業をさせたくないですよね。日本企業の多くで残業規制を採用していますので、そう簡単に残業代を増やして収入アップができないのです。

ところで、厚生労働省が「働き方改革実行計画」を踏まえて、副業・兼業の普及促進を図るようになりました。

ついに、国が副業を推奨する時代になったのです。残業代を稼げないサラリーマンの多くが、副業で収入を増やそうとする背景も影響しています。


ただし、副業によって本業以外の労働時間が増えます。会社側は、従業員の総労働時間を管理できません。過労や本業への影響を気にするあまり、副業、兼業を認めない企業が多いのです。

このような状況ですので、残業や副業で収入を増やす敷居は極めて高いのです。



仮に副業で稼げる人だとしても、得られる収入には上限がある

副業に取り組めても劇的な収入アップを望めません。試しに、時給1000円の副業に取り組んでいると仮定しましょうか。

・総労働時間32H(月4回、1回あたり8時間労働):3万2000円の収入アップ
・総労働時間64H(月8回、1回あたり8時間労働):6万4000円の収入アップ


毎週土日を全て副業にあてても、月額で6万円ちょっとの収入しか増えません。

副業と言っても世の中の大半の人は、時給1000円前後の仕事しか請け負えないと思いますので、この程度の収入アップになるのです。

さらに収入を増やしたいなら、身を粉にして平日も働くしかないでしょう。土日の8時間に加えて、平日5日2時間の労働を追加したと仮定します。

・総労働時間104H:10万4000円の収入アップ

身を粉にして平日も働く


死ぬほど働いて、ようやく月額10万円の収入アップに繋がります。月104時間の残業をしているようなものですので、このような働き方は現実的ではないですよね。



労働時間でなくて資産を増やして、不労所得を得る仕組みを作ろう

本気で収入アップを目指すなら、資産が稼ぐ仕組みを作りましょう。つまり、投資で不労所得を得るのです。代表的な不労所得としては、定期預金の利息、国債の利子、株式投資で得られる配当金や売買益などです。

ただし、定期預金や国債から得られる不労所得は極めて少ないです。よって、サラリーマンにお勧めしたいのは株式投資です。

まずは、難易度の低い配当金目的の株式投資から始めれば良いと思います。利回り2~4%を狙います。利回り3%の配当金狙いで得られる月額収入を試算してみましょうか。

●利回り3%の配当金狙いの投資
・投資資金500万円:月額1.25万円
・投資資金1000万円:月額2.5万円
・投資資金2000万円:月額5万円


時給1000円で、50時間働いた場合の月額収入が5万円です。2000万円を利回り3%の高配当株で運用すれば、寝ていても月額5万円が受け取れます。

2000万円を貯めるのは極めて大変です。しかし、毎月50時間労働相当の収入が手に入るメリットを考えるならば、必死の努力で投資用のタネ銭を作るべきです。

なお、投資技術が高まれば売買益を狙うことも可能です。配当金と違って月額収入への換算が難しいのですけど、配当金狙いの投資の2倍以上の収入が期待できます。



安定収入のあるサラリーマンの間に、不労所得を得られる資産を作ろう

労働集約型の残業や副業と違い、株式投資による不労所得には天井がありません。投資のタネ銭が大きくなれば、不労所得も比例して増えるのです。働く時間によらず収入が増えますので、究極の収入アップの方法だと言えます。

株式投資による不労所得の収入は青天井


ですので、本気で収入アップを目指すのであれば、安定収入のあるサラリーマンの間に、不労所得を得られる資産を作ることに注力をすべきでしょう。





Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!