管理人の2017年7月の運用成績

2017年7月末の資産状況。相場に過熱感があり、追加投資は無し。

本ページでは、2017年7月末時点での運用状況を報告します。さて国内の相場環境ですが、2016年7月を起点とした上昇トレンドが継続しています。個別株も割高な水準が続いており、追加で投資する機会が、なかなか訪れない状況です。

2017年7月時点の日経平均株価指数のチャート


管理人は5月時点で、中期スタンスで保有していた国内株を全て売却しました。現在はNISAで長期保有する投資信託のみです。あいかわらず現金比率が、相当に高いです。

さて2017年度の利益確定済の損益(配当金含む)は、+81万円。保有資産(NISA口座)の含み益は、+160万円となりました。なお、これまでの管理人の運用成績に関しては、下記の記事をご覧になって下さい。

国内株式・海外株式を利用した運用成績のまとめ

(2017年7月29日 )

NISA口座の保有資産は好調。今月、お小遣いレベルの配当金を獲得。

さて夫婦のNISA口座で、合計600万円(含み益は、約160万円)を運用中(7/25時点)です。NISA口座では長期保有を志していて、今のところ、売却予定はありません。

細かい解説になりますが、管理人の運用額(含み益を含む)は、トータル約302万円です。保有資産の損益は+37%で、含み益が約82万円です。


●管理人のNISA口座

2017年7月の管理人の損益


続いて管理人・妻の運用額(含み益を含む)は、全部で約297万円です。保有資産の損益は+35%で、含み益が約77万円となっています。


●管理人・妻ののNISA口座

2017年7月の管理人妻の損益


2015年・2016年ともに暴落で買い付けたので、利益率は高くなりました。満足できる状況が続きます。とても売りたい衝動に駆られますが、気長に保有を続ける予定です。


なお6月末には売却済の個別株・2銘柄(宇徳、駒井ハルテック)から、配当金を受け取りました。合計3万1,400円です。少額ですが、嬉しい臨時収入ですね。配当金狙いの投資も、魅力的だと感じてきました。

2017年7月の配当金金額


以上より2017年7月時点の通算売却益は、+76万円と変わらず。配当金が増え+4万円となりました。売買益と配当金の合わせた今年の儲けは、約81万円です。

2017年7月の売買損益


下記は、2017年度に売買した国内個別株の損益一覧となります。

銘柄名 投資額 利益額 利益率
(課税前)
TBK(7277) 75万6,000円 +21万4075円 28.3%
上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(1322) 92万2,000円 +16万6122円 18.0%
宇徳(9358) 76万200円 +12万75円 15.8%
川崎設備工業(1777) 77万7,525円 +9万1,475円 11.7%
駒井ハルテック(5915) 100万7,000円 +11万2,572円 11.1%
三井倉庫ホールディングス(9302) 90万9,000円 +6万2,802円 6.9%

暴落が起きず、株高の相場状況が続いており、フラストレーションがたまってきますね!ですが投資に、無理は禁物です。投資チャンスをしっかりと待つことが、大切だと思っています。引き続き、現金投入できる投資機会を待ちたいと思います。



Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!