管理人の2017年3月の運用成績

2017年3月末の運用状況。駒井ハルテックと宇徳を売却し、利益確定

本ページでは、2017年3月末時点での運用状況を報告します。(保有株は、2017年4月1日時点のもの)管理人が利用するメイン証券会社は、SBI証券です。

今月は駒井ハルテックと宇徳を売却して、利益を確保しました。利益は合計23万円です。サラリーマンの初任給程度の収益となりました。

2017年3月にサラリーマン初任給並みの利益を獲得


これで2017年度の利益確定済の通算損益が、70万円を超えました。現在の保有資産の含み益は、110万円程度です。なお直近2カ月の売買結果や、これまでの管理人の運用成績に関しては、下記の記事をご覧になって下さい。

2017年1月の運用成績。中国株とTBKを売却し、ボーナス並みの利益をゲット!!
川崎設備工業が急上昇!!売却して利益確定。2017年2月の成績


国内株式・海外株式を利用した運用成績のまとめ


今月2銘柄を売却したので、保有個別株は残り1銘柄です。潤沢な現金がありますが、追加で株を購入する予定は無いですしばらく相場と、のんびり付き合う事になりそうです。はやく暴落して欲しいですね! それでは、今月の具体的な売買結果をご紹介します。

(2017年4月2日 )

3月度の売却益は、合計23万円。平均利益率は、約13%。

3月度は、2銘柄を売却して利益を確保しました。駒井ハルテックで得た利益が、11万2,572円です。つづいて宇徳の売却で得た利益は、12万75円となりました。2銘柄合計で、23万2,647円の儲けです。

2017年3月の売買益


今月得た利益をまとめると、176万7,200円の投資資金に対して、得た利益(課税前)が23万2,647円となりました。2銘柄の平均利益率は、13.1%です。

※課税金額は4万7,261円。実質的に管理人が受け取る利益は、18万5,386円です。

銘柄名 投資額 利益額 利益率
(課税前)
駒井ハルテック(5915) 100万7,000円 11万2,572円 11.1%
宇徳(9358) 76万200円 12万75円 15.8%
合計(2銘柄) 176万7,200円 23万2,647円 13.1%


5か月保有した駒井ハルテックの利益は、11万円で利益率が11.1%。

駒井ハルテック(5915)を、約100万円(単価2,013円)で購入。5か月保有し、株価が下落に転じた2017年3月30日に約111万円(単価2,240円)で全て売却。

売買手数料を含めて損益を計算すると、100万7,000円の投資に対して、利益が11万2,572円となりましたので、利益率が11.1%となります。

駒井ハルテック(5915)の売買履歴


では具体的な駒井ハルテックの取引を解説します。下記、日足チャートをご覧ください。管理人は、半年の値幅を狙う待ち伏せ売買で勝負します。

さらに利益率を高めるため、株価が上昇を再開したと明確に分かる前に、資金を投入します。しかし今回の購入タイミングは、遅いです。

1,900円付近で買うべきでしたが、銘柄の発掘が遅れ、少し高めの価格で購入しました。購入直後に暴落しましたが、想定した損切価格1,800円を割らなかったので、保有を続けています。

保有期限を最長6か月前後と決めており、株価が下落に転じたと判断したので売却しています。

駒井ハルテック(5915)の売買タイミング


なお買い場を探す時は、週足チャートを参考にします。週足チャートで全体の流れを把握し、日足チャートで厳密に資金投入のタイミングを見極める、との流れになります。

駒井ハルテックの過去5年の傾向を調べてみると、1,800円前後が支持帯として機能している点と、業績が改善して利益が増えている事から、株が下げ止まり、再上昇すると判断しての購入です。

駒井ハルテック(5915)の売買タイミング 長期チャート



買い戻した宇徳を5か月保有し、利益が12万円で利益率15.8%。

宇徳(9358)は、2016年11月4日に約76万円(単価360円)で購入。こちらも5か月保有して、2017年3月30日に約88万円(単価420円)で全て売却。

売買手数料を含めて損益を計算すると、76万200円の投資に対して、利益が12万75円となりましたので、利益率が15.8%となります。

宇徳(9358)の売買履歴


つづいて宇徳の取引解説です。下記、日足チャートをご覧ください。今回の取引は、株を買い戻して、利益を再び手にできた事例です。

宇徳株で大儲けした直後(詳細取引は、下記リンク先で解説)に、想定通りに株が暴落。ただし半年程度のスパンで考えると、まだまだ株は上がると想定していたので、再び、株を買い戻しました。

2016年10月の運用状況。宇徳で大儲け。

その後は、思惑通りに株が再上昇。今回も指針として定めている保有期限6か月に達しそうで、さらに株価が下落に転じたこともあり、売却しています。

宇徳(9358)の売買タイミング



2017年3月末時点での、損益状況と管理人の感想

では2017年3月末時点での保有状況と、損益を報告します。今月、駒井ハルテックと宇徳を売却したので、個別株は1銘柄となりました。最後の株は、微妙な状況なので保有を続ける事になりそうです・・・

なお去年末頃に仕込んだ株の売却が、ほぼ終わりました。2017年度の通算売却益が70万円となっています。

管理人の2017年3月時点の通算損益


さて管理人(夫)の現時点での運用額(投信含む)は、全部で約374万円です。保有資産のトータル損益は、+20.3%で、含み益が約63万円です。

妻の保有評価額は約270万円。+22.7%の利益率、含み益が約50万円となっています。夫婦合算で、644万円(含み益は113万円)を運用中です。


●管理人の運用成績

管理人の2017年3月の損益


●管理人妻の運用成績

管理人妻の2017年3月の損益


しばらくは、来るべき投資チャンスに向けてキャッシュを積み上げる事に集中します。





Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!