2008年~2019年5月までの資産推移

Hiro家の30代子育て資産形成実践記録(2008年~2019年5月)

老後に受け取る年金が期待できない・・・このような漠然とした将来の不安から、老後に向けた資産形成に取り組もうと思い立ち13年が経過しました。資産を増やすなら株式投資だ、ということで20代からコツコツと取り組んできました。

将来のために資産形成


実は、株式投資のおかげで当初の計画を大幅に上回る勢いで資産形成が実現できているようです。この記事では、2008年から投資を取り入れたHiro家の30代子育て資産形成実践記録を公開します。

(2019年5月7日)

27歳の時に計画した定年までに1億円達成の資産運用計画と実績

社会人生活に慣れてきた27歳の時に、月平均(ボーナス込み)で8.5万円の積立(年間で約100万円)を行い年率5%で運用できれば60歳までに1億円が達成できるプランを計画しました。約337万円の預金からスタートした資産形成はどうなったのか。

当初の資産形成計画


以下のグラフが、当初計画と資産推移の実績です。36歳と37歳で資産が増えた要因は、事前計算ができる退職金と年金口座の資産を追加したからです。

また、株式投資の利益が増えたことや妻が働き始めて共働きになったことも大きな要因ですね。夫婦で働いて入金力を高める効果は抜群です。

2019年5月までの当初資産形成計画と実績

このままコツコツと資産運用と給与からの入金を継続すれば、50代で1億円を前倒しで達成できそうな雰囲気です。頑張ります。



運用で約1000万円、資産を増やせた効果が大きい

ところで、現在の総資産約4500万円の内訳は、労働で稼いだお金(これまでの入金、退職金見込み額含む)約3500万円にたいして、投資の利益が約1000万円です。株式投資の恩恵は、非常に大きいです。

2019年5月時点の総資産の内訳


なお、株式投資の利益1000万円のうち750万円ほどが売買益となります。正直、余計な売買なんぞやらずに、長期保有していた方が資産がより増えてた可能性がありますが、それは今後の課題として取り組むことにします。



本業の稼ぎと資産運用の両輪で、コツコツ継続することが大切

投資だけで1億円の資産形成を目指すには、かなりリスクを取る必要があるので普通の人には難しそうです。

本業を頑張って収入を増やし、節約で支出を削減して、余剰資金をコツコツと投資に回す努力が大事なのかなと思います。

株式投資や、資産運用全般の知識を学ぶのは当然だとして、僕の場合は以下の対策が資産形成に効いていると思っています。

・マイホームを買わずに、賃貸暮らし。マイホームに回すお金を投資に回した。
・本業と副業を頑張って、少しでも収入の底上げを図った。
妻にも働いてもらった。夫婦共働きの収入アップ効果は絶大。


夫婦で協力して資産形成を


家族持ちになると子育て費用などの出費が重なるものです。妻と二人三脚で目標を共有して頑張れる体制を構築することが、子育て世代では最初に取り組むべきことかもしれないですね。





Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!