コナミホールディングスの株価予想は当たるのか?

コナミホールディングスの株価予想を評価・解説

コナミホールディングスの株価の見通しが気になり予想情報を探す人は、世の中の予想屋に振り回されて損失を出すカモ投資家として一生を過ごすことになるでしょう。

ではなくて株価が上がるのか?下がるのか?毎日悩む弱小投資家が、保有株を投げ売るような相場暴落時にだけ、勝負をした方が儲かりますよ。

コナミホールディングスで儲けるポイント
  • 10~3月頃に株価が底値に達して、反発上昇を開始する傾向がとても強い。
  • よってコナミは、年末前後に投資チャンスが訪れるイメージを持つとよい。
  • カモ投資家と共に損失を出す事になるので猛烈な株価上昇時には手を出すな
  • 仮に株価予想が当たっても、儲けが僅か。利用する価値があるとは思えない

大衆が恐怖に怯える時に勝負をすると、儲かる可能性が高い

(2016年5月13日公開)

たまに当たる株価予想で、得られる利益に満足できますか?

数日の売買で利益を出すことが、どれだけ難しいことなのか?ご存知でしょうか・・・勝つ人は、たったの1割ですよ。つまり10人に1人しか最終的に利益を得ることが出来ない戦場で、勝負している訳です。

そんな戦場で戦うことを強いる株価予想を信じても、資金を溶かすだけ。仮に予想が当たっても、僅かな利益です。むしろ大衆が保有株を投げ売る相場暴落時にだけ勝負した方が、儲かります。まずは株価予想の問題点について見てみますね。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
Korosuke 勝率:58%
(7勝5敗)
2016/4/4~8 売:外れ ▲1万円
(33万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 10万円
(40万円)

1万円の損失を出したKorosuke氏の売り予想

Korosukeの株価予想

ではKorosuke氏の株価予想を、チェックしましょう。短期的に見ると買われ過ぎの位置にあるために、今後の調整(株価の下落)を見込んで、「売」推奨なさっています。予想が外れ33万円の投資に対して損失が1万円です。

チャートを見ると2016年初旬から株価上昇が始まっており、株価が移動平均線の遥か上に位置することを考慮すると、管理人も過熱感があると感じます。これは予想屋と、まったく同じ意見ですね。

ですが、いつ下落するのか?暴落するのか?ピンポイントで天井園の時期を当てることは不可能です。今回の予想期間はたったの4日間ですから、そんな短期間で確実に値下がりを予想することは難しいです。

実際に見通し後も、1か月程度は株価上昇が続いていますからね。なんとなく過熱感があるからと、売ったりした日には、とんでもない損失を出すことになります。

コナミホールディングスの株価予想チャート

まず経験を積んだプロでも、株価の予想ができないことを理解するべきですね。そんなことができれば、ものすごいお金持ちになっているはずですし、そもそも金融機関なぞに勤めていないでしょう・笑

ぜひ大手金融機関の発信した株価予想を信じたカモの投資家が、年始から痛い目に合った事例でも見て、現実を知ってくださいませ。

コナミホールディングスに関する予想屋の発言

そもそも個人投資家が利益を得ようとおもったら、すごくシンプルで簡単な手法を採用するべきです。時間がたっぷりとあるマニアの人以外は、むしろ相場のチェックなんぞ、たまーにすれば良いのです。

で、どうすれば良いのかというと、高値で購入してしまったカモの投資家が保有株をブン投げるような相場暴落時にだけ買い向かえば良いのです。年に数回しか投資チャンスがありませんが、儲けはデカいです。

この戦略に加えて、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などを組み合わせると良いでしょう。

保有株を投げ売るような暴落が発生したら、投資チャンス

スポーツ施設において業界首位のコナミホールディングスは、デジタルエンタテインメント事業、健康サービス事業、ゲーミング&システム事業、遊技機事業の4本柱が収益源です。今期の遊技機事業以外は、黒字化を達成しています。

家庭・携帯用ゲームが主力のデジタルエンタテインメント事業は、利益率が27%に達しており、かなりの稼ぎ頭となっています。コナミ全体の営業利益率も10%近くもありますから、かなり儲かっていますね。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) コナミホールディングス (9766)
上場市場 東証1部
業種 情報・通信
株価 3,510円
単元株数と最低購入単価 100株:35万1,000円
時価総額 5,036億円
資本金 473億円
発行済株式数 1億4,350万株
浮動株数 1,106万株
利益剰余金 1,055億円
有利子負債 306億円
保有者比率 外国 37.2%
浮動株 7.4%
投信 16.2%
特定株 57.6%

ただし業績の推移を見ると売上自体は減少が続いており、利益の振れ幅も大きいです。2014年までは利益も減少を続けていましたが、2015年度で盛り返しており、今後も増益の傾向が続くのか注目したいです。

コナミホールディングスの業績

ではコナミホールディングスの過去のチャートを見て、値動きの特徴でも把握しましょうか。底値に達する時期をチェックしてみると、傾向としては10~3月を起点にして株価の上昇が再開しています。

つまり10~3月の年末前後が仕込み時だ!とイメージして、当銘柄の監視を続ければよいでしょう。ざっくりでも良いので、どのあたりで底値に達し上昇を再開するのか?このようなイメージがあるだけでも、かなり安心して相場を眺めることができますよ。株価の下落が続いても慌てることがないので、凄くおススメです。

このように株価の値動きがイメージしやすい銘柄を利用することは、堅実に利益を積み上げるために、かなり重要です。ぜひ参考にしてくださいね。

コナミホールディングスの過去のチャート

さて具体的に直近のチャートを見て、投資判断を考えてみます。まずは 株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にして、トレンド線を引いてみましょう。

現在も上昇トレンドが継続しているので、今後に期待できます。基本は最高のタイミングで株を買うための3つのステップを参考にして、上昇トレンド線付近までの暴落時に買い向かえば良いでしょう。

もともと年末前後に投資チャンスが訪れる傾向が強く、ここ数年も1月前後が絶好の儲けのタイミングでした。つまり2015年1月頃(2,000円)に200株を購入して、半年以上経過した2015年9月頃(2500円)に売却すると、40万円の投資に対して利益が10万円となった訳です。利益率が25%になるほどの儲けですね!

注意点としては、赤色エリアのような高値園で株を買わない事です。このような価格帯で株を保有すると、暴落に遭遇して恐怖で投げ売ることになるでしょうね。

もう1点、現時点でのコナミホールディングスの最低取引価格が、30万円を超えています。投資経験が少ない人が、このような多額の資金で勝負すると恐怖心で、冷静な投資判断ができないと思います。

ぜひSMBC日興証券の1万円から株取引が可能な「キンカブ」サービスのご利用をおススメします。少額取引で売買を繰り返して、経験を積みましょう。

コナミホールディングスの売買チャンス

2016年5月時点で管理人がチェックした情報・通信 銘柄

コナミホールディングスの売買をする場合にお勧めの証券会社

コナミホールディングスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!