NTTデータの株価予想は当たるのか?

NTTデータの株価予想を評価・解説

株価の先行きを予想することは、不可能です。これは投資の世界の常識。株価予想を信じると、投機的な短期売買を繰り返すことになり、資金を溶かすだけです。

個人投資家が堅実に利益を出す方法は、非常にシンプルです。単純に相場全体の暴落に合わせて資金を投入するのです。

NTTデータで儲けるポイント
  • 多くの銘柄が下落する中で上昇トレンドを維持しており、先行きに期待。
  • トレンド線まで下落しており投資チャンス。損切する覚悟をもって、勝負。
  • 暴落に遭遇し大損するので、株価が猛烈に上昇している時には手をだすな!
  • ギャンブルをしたい人だけが、株価予想を信じれば良い。

株価が下落するのは日常茶飯事。損切する覚悟が、常に必要

(2016年4月18日公開)

長期投資目線で短期取引をさせられ、資金を溶かす実例

当サイトではカモ向け投資情報である株価予想に対して、懐疑的な目でみています。ギャンブルのような取引を推奨しますし、そもそも投資する時期でないのに、売買推奨しているものが多いですからね。

さて当然ですが他人を頼りにして投資しても、資金を溶かすだけです。個人投資家が採用するべき投資手法については後述しますが、まずは株価予想の問題点について確認して参りましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
小池麻千子 勝率:46%
(30勝35敗)
2015/
11/30~12/4
買:外れ ▲0.2万円
(60万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 36万円
(74万円)

2,000円の損失を出した小池麻千子氏の買い予想

小池麻千子の株価予想

では小池麻千子氏の株価予想をチェックしましょう。マイナンバー関連銘柄として注目されており、今後長期的に事業拡大が見込めることから「買」推奨なさっています。予想結果が外れて、60万円の投資に対して、損失が2,000円です。

仮に思惑どおりに事業が拡大するのであれば、半年、1年ベースで業績が向上するはずです。だとすると長期投資目線で資金を仕込まないと、投資する理由としては、ダメなんじゃないのかな?と感じます。

ですが株価予想記事を見ると、5日間程度での売買を推奨している訳です。長期投資目線で、短期取引をやるのは、自殺行為だと思いますね。短期的に株価は、下がる時は下がりますし、上がるときは上がるので、別次元の目線で投資判断を下す必要があるからです。

NTTデータの株価予想チャート

これまで数百を超える株価予想をチェックしてきましたが、ほとんどが投機的な短期売買を推奨しています。10人に1人しか儲からない世界で、 他人の投資判断を頼りに短期取引を繰り返しても、資金を溶かすだけです。

では長期的な投資判断であれば、予想屋を信用しても良いのか?結論を述べると株価の先行きなんぞ誰にも分かりませんから、信じるべきではないですね。

詳細は下記コンテンツを熟読して頂きたいのですが、世界的に有名な投資家であっても、予想を外しまくっていますから。

ジム・ロジャーズの株価予想は、本当に当たるのか?検証してみた!

カモ投資家の悩み

では個人投資家が、予想屋の発信する投資情報に頼らず利益を出すには、どうすれば良いのか?答えは、非常にシンプルです。大衆やプロですら思考停止するような相場暴落時にだけ、勇気を出して資金を投じれば良いのです。

世の中のニュースに心躍らせて売買するのではなくて、誰も投資したく無いと思う時がチャンスです。詳しくは後述しますが、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などと組み合わせれば、堅実に利益を出せるようになるでしょう。

投資チャンスが到来!損切する価格を決めた上で、勝負したい

SI専業最大手のNTTデータは、公共・社会基盤事業、金融事業、法人・ソリューション事業、グローバル事業の4部門が収益源です。4部門は均等に近い形で売上があり、全事業で黒字化を達成しています。特に政府向けの公共・社会基盤事業は利益率が10%を超えており、稼ぎ頭的な存在です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) NTTデータ (9613)
上場市場 東証1部
業種 情報・通信
株価 5,540円
単元株数と最低購入単価 100株:55万4,000円
時価総額 1兆5,539億円
資本金 1,425億円
発行済株式数 2億8,050万株
浮動株数 2047万株
利益剰余金 4,330億円
有利子負債 3,903億円
保有者比率 外国 17.8%
浮動株 7.3%
投信 9.7%
特定株 70.6%

業績推移を見てみましょう。売上高は右肩上がりであり、5年間増収が続いています。ですが最終利益は、横ばいが続いています。見た目ほど、儲かっている訳ではなさそうですね。

NTTデータの業績

ではNTTデータの過去チャートをチェックして、値動きの特徴を把握しましょう。 株価の値動きがイメージしやすい銘柄を扱うと、投資判断が不安なくおこなえて、グッと儲かる可能性が高まりから重要です。

下記のチャートをみると、NTTデータは11月~12月前後に底値が訪れる傾向が強いです。つまり年末頃に資金を投じるイメージを持ちつつ、投資チャンスを待てば良いという事です。

NTTデータの過去のチャート

具体的にNTTデータの直近チャートを見て投資判断を考えてみます。まずは株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にしてトレンド線を引きましょう。2012年7月を起点とした上昇トレンドを維持しており、今後に期待が持てます。

最高のタイミングで株を買うための3つのステップで詳細を解説していますが、トレンド線まで株価が下がった時に資金を投じると良いです。ちょうど、年末の投資時期に重なりますね。

上述の戦略を採用して2014年10月頃(3,700円)に資金を投じて、半年後の2015年4月頃(5,500円)に売却すると,74万円の投資資金に対して利益が36万円です。

中長期目線で、ゆったり売買すれば、利益額も大きいです。なお赤色エリアのような高値園では、決して手を出さないように。暴落に遭遇して、多くのカモの投資家と共に資金を溶かす事になりますからね。

ただしNTTデータの最低取引金額が、現時点で55万円も必要な事が気になります。投資金額が増えるほど、冷静な投資判断が出来ずに、損をする可能性が飛躍的に高まってしまうからです。

そこで1万円から取引可能なSMBC日興証券の「キンカブ」サービスの検討をお勧めします。初心者の方にとっては、冷静な投資判断を下すために、可能な限りストレスを排除した環境を用意する事が重要です。

NTTデータの売買チャンス

2016年4月時点で管理人がチェックした情報・通信 銘柄

NTTデータの売買をする場合にお勧めの証券会社

NTTデータを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!