(株)NTTドコモの株価予想は当たるのか?

NTTドコモの株価予想を評価・解説

株式投資の世界で出来るだけ安心して儲ける為には、株価予想のような投資情報に頼るべきだと、思っている人が多いでしょう。ですが毎日のように予想情報を提供している姿勢に、疑問を感じませんか?

実は個人投資家として、年に1回程度あるチャンスの時期に投資するだけで株価予想を信じるよりも、はるかに大きな利益を得る事が可能です。

NTTドコモで儲けるポイント
  • 無茶な売買になりがちな株価予想に従っても、儲けは僅か。
  • 長期トレンドに対して、株価が上がり過ぎている時に決して手を出すな。
  • 上昇トレンドが維持する事を前提にして、暴落時にリスクを取るべき。
  • 株価の先行きは、誰にも予測不可能なので、必ず損切りする覚悟で。

激しく上昇をした銘柄に、無理をして手を出す必要は無い

(2015年10月15日公開)

株価予想が当たっても、納得できない利益額!!

株式投資で大儲けしたいが為に、金融関係者の提供する株価予想情報を必死で探して、取引を実践して本当に儲かるのでしょうか?

答えは、儲かる訳がありません。無理な売買推奨になりがちな予想屋の情報を信じても、雀の涙のような利益になるだけです。具体的に個別の株価予想を見てみる事にしましょう。


評価者 実力 予想期間 結果
藤村哲也 勝率:60%(39勝26敗) 2015/5/1~29 買:当り
2015/5/18~22 買:当り

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する、下記の評価コンテンツも参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

藤村氏の買い予想が当たって、利益2万円

藤村哲也の株価予想

では藤村氏による1カ月間の株価予想を、見てみましょう。決算が良好だった事から、上昇を期待して「買」推奨です。予想が当り40万円の投資で、利益は2万円です。

そもそも業績情報を元にした、短期売買の推奨姿勢には疑問です。好業績を叩き出しても、短期的に暴落するのが日常茶飯事の世界だからです。加えて、半年以上も株価が上がり続けています。高値園でエントリーさせられて大損する羽目にならずに良かったですね。

NTTドコモの株価予想チャート6

たった1万円の利益に悶絶。藤村氏の買い予想は、当り。

藤村哲也の株価予想2

引き続き藤村氏による、5日間の株価予想を見てみましょう。配当利回りが高い事から、上昇を期待して「買」推奨です。予想が当り43万円の投資で、利益1万円です。

そもそも推奨理由が、理解出来ません。配当利回りが高かろうが、下がるときは下がります。本当に勝算があったのか、疑問ですね。 勝率が低い株式投資は、ギャンブル行為そのものです。

NTTドコモの株価予想チャート

基本的に予想屋が提供する投資情報は、無茶な売買推奨が多いです。リスキーな取引なのに、撤退する価格を提示しないので、巨額な損失になる恐れがありますね。

予想屋の発言

短期的に予想が当たって儲かっても、世界同時株安のような有事の際に、大損する羽目になりかねません。短期的に大儲けしたいと思うのではなく、個人投資家の強みを生かして本当にチャンスがあるときにだけ、資金を投入するべきですね。

投資判断が簡単と思える銘柄や、投資戦略を利用するべきです。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」のような手法を参考にすると良いでしょう。

無理をせず、敢えて見送る投資判断

携帯電話で強力なポジションを確立しているNTTドコモは、「通信事業」、「スマートライフ事業」、「その他の事業」の3部門が収益源です。実際には、通信事業で殆どの利益を稼いでいます。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) NTTドコモ(9437)
上場市場 東証1部
業種 情報・通信
株価 2,099円
単元株数と最低購入単価 100株:20万9,900円
時価総額 8兆5,760億円
資本金 9,496億円
発行済株式数 40億8,577万株
浮動株数 1億7,160万株
利益剰余金 4兆4,301億円
有利子負債 3,160億円
保有者比率 外国 13.2%
浮動株 4.2%
投信 1.4%
特定株 75.1%

では具体的にNTTドコモのチャートを見て、投資判断を考えてみたいと思います。長期的な目線で見ると2013年から始まった上昇トレンドが継続している状況です。

ギリギリ上昇トレンドが崩れていない(青印のポイント)ので、今後の再上昇に賭けて、資金を投入するのはありですね。リスクを取る場合は、上昇トレンドが崩れるエリア(黄色印)で損切りをする覚悟で挑戦するべきです。

ただ、ここ1年程で異常な上昇をしているので、管理人としては無理をせず別の銘柄を探します。間違っても、赤色印のような価格帯で投資をしてはいけません。確実に痛い目に合って、二度と投資が出来ない羽目になりかねません。

なお上述のような基本スタンスで2014年10月頃(1,625円)に投資して、半年後の2015年4月頃(2,125円)に売却すると、48万円の投資額に対して、利益は15万円です。

年1回のチャンスの時期に、投資をした方が株価予想に従うよりも大きく儲ける事が可能ですね。

NTTドコモの売買チャンス

さてNTTドコモのチャートを単独でみると凄い上昇に見えますが、日経平均株価指数と比べると見劣りするパフォーマンスです。

市場好調期に平均的な成績すら叩き出せない銘柄を、選びたくないのであれば市場平均並みに確実に上がる株であるETFを利用する戦略もお勧めです。

NTTドコモの株価予想チャートその3

紺色線:NTTドコモ ピンク色線:日経平均株価指数

加えて、チャートを見て投資判断が難しいと感じる場合も多いかと思います。そのような場合は、株価の天井園や底値園のタイミングや価格帯が分かり易い銘柄を活用する方法も良いでしょうね。参考にすると良いでしょう。

2015年12月時点で管理人がチェックした情報・通信 銘柄

NTTドコモの売買をする場合にお勧めの証券会社

NTTドコモを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!