レオパレス21の株価予想は当たるのか?

レオパレス21の株価予想を評価・解説

単身用アパートの新築・運営・管理を行う賃貸事業が、非常に儲かるレオパレス21。業績好調で、株も上がる。しかし毎年、高値で株を購入して、その後の暴落で、損失を出す投資家が後を絶たない。

株が上がっている最中に、買うと安心感がある。だが利益確定前に急落して、投げ売りするだけだ。年に数回の暴落をしっかりと待って、資金を投じる癖をつけるべき。

レオパレス21

レオパレス21で儲けるポイント
  • 地主をターゲットにしたアパート新築・賃貸・管理までを担う事業が稼ぎ頭。
  • 安定した賃貸事業の収益をベースとして、新規分野へも進出中。
  • 増収増益が続き、業績が好調。株も上がり、上昇トレンドが継続。
  • 支持として機能するトレンド線まで株価が下落した際に、購入したい。

投資チャンスとなる暴落を待つ忍耐力が、株式投資では大切。

(2017年3月8日公開)

中長期的な目線で株を買わせて、1ヶ月で売却を勧める株価予想に驚き

短期トレードは、売買のタイミングが重要です。ですから管理人は、中長期投資を推奨しています。ですが多くの株価予想は、中長期目線と言いながら、1ヶ月で売却推奨しています。これでは予想が的中しても、大して儲からないです。

一度、株を購入したら、2~3ヶ月は保有する覚悟が必要です。のんびりと、株が上がるのを待ちましょう。投資チャンスを待つ、上がるのを待つ、忍耐力が大切です。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
谷山 歩 勝率:77%(7勝2敗) 2016/1/4~31 買:外れ ▲0.7万円
(65万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +25万円
(50万円)


7、000円の損失を出した谷山歩氏の買い予想

谷山歩氏の株価予想


では谷山歩氏の株価予想を見てみましょうか。前年同期比で営業利益、純利益が増加。今後の業績向上に期待して、中長期的な目線で「買」推奨です。残念ながら予想が外れ、1、000株65万円の投資に対して、損失が7、000円となりました。

管理人も中長期的な目線で株の売買を推奨してますから、投資スタンスには大賛成です。しかし1ヶ月の予想期間であり、株の保有が短すぎます。これでは、儲からない。

しかも株価の調整が、不十分な状態で株を買うので、売買タイミングが悪いです。管理人ならば、下記チャートの青色印付近で購入し、赤色印付近で売却します。詳しくは後述しますが、長期チャートを分析すれば、買い場は見えてくるものです。

レオパレス21の株価予想チャート


中長期的な目線で売買するなら、最低でも2~3ヶ月は保有する覚悟が必要です。半年で売却して、利益を確定するイメージでしょうか。予想屋、相場の情報に振り回されず、どっしりと構える事が大切です。

安易にデイトレードや、スイングトレードに手を出さない事ですね。短期売買を推奨する予想屋の情報は、信じないほうが良いです。

株式投資をするスタンスについて


年に1~2回は、びっくりするような暴落が発生します。悲壮感が漂っている時にこそ、恐怖に打ち勝って株を買うべきです。

うねり取り投資季節的なサイクルを利用した投資を参考に、監視すれば、比較的簡単に買い場が分かるはずです。投資戦略の一つとして参考になさっては如何でしょうか。



利益が前年並みで、ボックス相場を想定。ボックス底値園まで、株価が下落したら購入したい。

単身者向けアパートの建築請負と賃貸が、主力事業であるレオパレス21。社名と同じ「レオパレス21」のブランド名は、誰しもが、ご存じだと思います。建築請負 ⇒ 一括借上 ⇒ 貸出 ⇒ 家賃収入の一連の流れの中で、収益を得るビジネスモデルです。

建築請負・・・・土地を所有するオーナーから、アパート等の建築を請負う。
一括借上げ・・・契約期間は固定家賃を支払い、建築したアパートを一括で借上げ。
貸出・・・・・・借上げたアパートの入居者募集を行う。
家賃収入・・・・家賃を収集する。


ただし、このところ、期間限定の固定家賃契約にトラブルが発生しており、オーナー達との良好な関係を継続できるのか?に注目です。

レオパレス21のビジネスモデル


なおレオパレス21のセグメントは、賃貸事業、建築請負事業、シルバー事業、ホテルリゾート関連事業の全部で4つです。利益の9割を稼ぐ賃貸事業が屋台骨を支えます。

レオパレス21のセグメント別業績


ストック性のある事業は、収益が安定しますから、魅力的です。新規事業となるシルバー事業、ホテルリゾート関連事業は赤字が続いており、まだまだ軌道に乗っていない状況が気になりますね。

レオパレス21の業績ハイライト


10年以上前は、地方のアパート新築請負事業が稼ぎ頭でした。しかし、金融危機(リーマンショック)で、新築請負事業の収益が悪化。

そのため、安定した利益が見込める賃貸事業に注力するようになりました。事業の構造改革が進んでおり、賃貸からの収益をベースに、事業の拡大を目指しています。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) レオパレス21 (8848)
上場市場 東証1部
業種 不動産業
株価 621円
単元株数と最低購入単価 100株:6万2、100円
時価総額 1,660億円
資本金 752億円
発行済株式数 2億6、744万株
浮動株数 1、604万株
利益剰余金 318億円
有利子負債 370億円
保有者比率 外国 55.2%
浮動株 6.0%
投信 5.6%
特定株 28.5%

レオパレス21の業績推移を拝見すると、増収増益で、好調な事業運営が続いています。賃貸収入が稼ぎ頭ですから、経営が安定しています。

レオパレス21の業績


続いて資金繰り状況を把握するために、キャッシュフローの推移をチェックします。現金の流れを把握すれば、倒産する可能性のある企業なのか?判断する事が可能です。

まず営業CFがプラス、且つ、増加しており、非常に良い状態です。賃貸事業が好調で、安定した現金を稼げているという事です。事業拡大に必要な投資資金、つまり投資CFは、ほぼ営業CFで補えています。

よって資金繰りに困る状況でもなく、問題は無いと判断できます。現金同等物が、増え続けている点も高評価です。

レオパレス21のキャッシュフロー


ではレオパレス21の株を、購入して良いのか?来期の業績予想を調べてみましょう。来期は営業利益が20、996百万円から、22,500百万円へ増加見込み。

1株当たり当期純利益は、73円から70円へ微減です。1株益、営業利益が増えれば、株は上がります。しかしレオパレス21の営業利益は増えてますが、1株益が減少。

よって上昇トレンドではなく、ボックス相場になるイメージでしょうか。値幅は期待できないかもしれませんが、支持線が機能して、買い場は分かりやすいでしょう。

レオパレス21の来期業績


買い場を探すため、レオパレス21の株価のトレンドを調べてみましょう。増収増益で、上昇トレンドが継続しています。特に上昇トレンド線が支持として機能しており、株価の値動きが、イメージしやすいです。

基本的に業績が良ければ、支持となるトレンド線まで株価が下落した際に、株を購入する戦略でOKです。具体的な買い場の探し方は、最高のタイミングで株を買うための3つのステップを参考になさってください。

仮に上記戦略に沿って、2014年7月(500円)に1、000株を購入して、半年後の2015年1月(750円)に売却すれば、50万円の投資に対して、利益が25万円となり、利益率が50%に達しました。投資効率としては、申し分ない水準です。

なお現在の株価は、支持となるトレンド線上であり、買い場だと考えられます。ただし、下値が切り上がっているのに対し、ここ4年ほどは、800円を超えられずにいます。

株を購入するのであれば、万が一の事態を想定して、損切り価格を決めて資金を投じましょう。


レオパレス21の売買チャンス  



2017年3月時点で管理人がチェックした不動産業銘柄

レオパレス21の売買をする場合にお勧めの証券会社

レオパレス21を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!