東京エレクトロンの今後の株価見通し

下半期から需要回復見通しの東京エレクトロンの今後に期待

2019年4月26日に発表された決算で、東京エレクトロンの今期業績が減収減益見通しとなっています。

ただし、下半期から需要が回復して売上が改善する見込みですので、今後に期待したいです。現在の株価は割高ですので、調整で下がれば投資を検討します。

東京エレクトロン

東京エレクトロンのポイント
  • 高付加価値な半導体製造装置を販売するため、収益性が極めて高い。
  • 半導体市場悪化で減収減益の見通し。下半期の改善に期待したい。
  • 株価水準は割高、調整で価格が下落したら投資したい。

(2019年5月3日更新)

調整で株価が下落したら、東京エレクトロンの株を購入したい

昨年は大暴落となった東京エレクトロン、大底の2018年12月末から株が上昇しています。来期以降の業績には期待しているので、チャンスがあれば保有したいです。

ただし、現在の株価水準は割高だと感じています。上昇トレンド線(赤点線)付近までの調整となれば、東京エレクトロンへ投資したいと思っています。

東京エレクトロンの日足1年チャート


もしも現在、東京エレクトロンの株を保有中なら継続保有で良いと思います。それにしても、半年近く東京エレクトロンの株が上がり続けるとは思いませんでした。やはり、株式相場の先行きを見通すことは難しいですね。



東京エレクトロンは、半導体製造装置の国内最大手企業

東京エレクトロンは、半導体製造装置(半導体チップ・ICを製造する装置)を開発・販売する企業です。主な取引先は、インテルや三星などのデバイスメーカーです。

液晶向けフラットパネルディスプレイ(FPD)の製造装置でも安定した利益を出せるようになっています。

東京エレクトロンの事業内容


東京エレクトロンの半導体製造装置(SPE)事業は、幅広い製品を取り扱っています。感光剤の塗布や現像を行うコータデベロッパは、世界で高いシェアを誇る製品です。市場シェアの高い製品群が多いですね。

東京エレクトロンの市場シェア



高収益な理由は、極めて付加価値の高い製造装置

市場シェアが高く高付加価値の製造装置を扱う東京エレクトロンの営業利益率(収益性)は、極めて高いです。

製造業の中では、数少ない20%超の営業利益率を誇る企業です。半導体市場の景気に左右されますが、ここ数年の好景気を背景に業績を伸ばしています。

東京エレクトロンの過去の売上高・営業利益、1株当たり当期純利益の推移


売上の9割を半導体製造装置(SPE)が占め、セグメントの利益率は30%近くあります。主力のコータデベロッパは、ほぼ市場独占装置ですし製品ラインナップ全てのシェアが高いので利益率が高くなる傾向にあります。

東京エレクトロンのセグメント別の利益率



今期、減収減益見込みの東京エレクトロン、上半期からは回復見通し

米中貿易戦争の影響で、東京エレクトロンの今期業績は減収減益見通しです。半導体市場の景気に著しく影響を受ける企業ですので、今期の業績見通しは想定内でした。注目するべきは、いつ業績が回復に転じるのかという点でしょうか。

東京エレクトロンの今期業績


2019年4月26日に発表された決算情報では、今年の下半期(H2)から需要が回復して売上が増える見通しのようです。半導体市場は、長期で伸びると思っていますので、来期以降は東京エレクトロンに期待が出来そうです。

東京エレクトロンの今後の業績回復見込み



来期以降の業績回復に期待、東京エレクトロンの買い場を待ちたい

東京エレクトロンの週足5年のチャートをみたところ、昨年12月末が大底となり株価が再び上昇しています。今期も業績が悪化するだろう思い、今年中の2番底を狙っていたのですが、予想に反して力強く株価が上昇しています。

ただ、株価が上がりすぎて割高だと思っているので現在の水準では株を購入するつもりはありません。週足の株価トレンド線赤点線)まで下がらないと思いますが、株価が大きく下落した場面があれば、投資を検討したいです。

東京エレクトロンの購入時期


東京エレクトロンの株価は、年末頃に底値になる傾向があるので 「うねり取り投資法」を使って、買い場を絞り込みたいですね。



東京エレクトロンの概要

・企業名(銘柄コード):東京エレクトロン(8035)
・上場市場:東証1部
・業種:電気機器
・最低購入単価(単元株数):88万3,000円(1,000株)
・時価総額:2兆5,789億円
・利益剰余金:6,847億円
・有利子負債:0円



2019年5月時点で管理人がチェックした電気機器銘柄

田淵電機
太陽誘電
東芝
オムロン
村田製作所
TDK
クラリオン

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

東京エレクトロンの売買をする場合にお勧めの証券会社

東京エレクトロンを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!