東京エレクトロンの株価予想は当たるのか?

東京エレクトロンの株価予想を評価・解説

株式投資で大儲けを夢見る多くの人が、株価予想のような投資情報に群がります。カモ向け投資情報である事も知らずに、資金を溶かして後悔するだけなのですが。

個人投資家ですから年1回ある投資チャンスの時にだけリスクを取れば良いのです。頻繁に売買する株価予想を信じるよりも、数十倍は儲ける事が出来るでしょう。

東京エレクトロンで儲けるポイント
  • ギャンブルのような売買を推奨する株価予想からは、距離を置こう。
  • カモ投資家が群がる高値園で資金を投入するな。大損する事になるだけ。
  • 底値になり易い年末に資金を投入すると、春先にかけて大きな利益になる。
  • 確実に将来を予想する事は出来ないので、損切りをする覚悟が必ず必要。

半分の投資資金でリスクを取る方が狼狽せず利益になりやすい

(2015年11月20日公開)

カモ投資家向けに提供されている、株価予想情報に価値は無い

プロを信じれば利益を出せると思っている人が本当に多いです。ですが金融関係者が提供する情報の多くは、カモ投資家向けに提供されており、使い物になりません。

株価予想もカモ向け情報の一つです。ギャンブルのような売買を繰り返した挙句、資金を溶かして後悔する事になるでしょう。具体的に株価予想の問題点を見てみます。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
熊谷亮 60%
(207勝136敗)
2015/
11/9~13
売:外れ ▲3万円
(75万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 40万円
(80万円)

熊谷氏の売り予想が外れて、損失3万円

熊谷亮の株価予想

では熊谷亮氏による5日間の株価予想を見てみましょう。テクニカル分析的に過熱感が高まっており、調整による下落が始まると予想して「売」推奨です。予想は外れ75万円の投資に対して、損失が3万円です。

チャートを見ると1カ月以上も株価の上昇が続いており、下落に転換しそうなイメージが沸いてきますが、短期的な値動きを当てるのは非常に難しいです。投資の世界では、数日程度の値動きはランダムに動くと考えるのが常識となっています。

このような背景を考えると勝算がある取引とは思えず、投資では無くギャンブルをしていると考えた方が良いです。

東京エレクトロンの株価予想チャート

さて売買によって取引が成立するためには、かならず売り手と買い手が存在します。株価が上がり続けている時には必ず買い手が必要になるのですが、天井付近で最後の買い手になるのは確実にカモの投資家達です。

管理人は数百を超える株価予想を精査してきたのですが、多くはカモの投資家が取引するようなタイミングで売買推奨をしています。特に高値園でエントリーさせられて大損する事例などが代表的ですね。

東京エレクトロンの株価予想を信じて大損した人の発言

そもそも誰でも入手可能な株価予想を信じて儲かるのであれば世の中、お金持ちだらけになっています。投資の世界は多くのプロが命を削って戦う戦場ですから、そんなに甘い訳がありません。

ですが経験豊富なプロを出し抜く事は、個人投資家なら可能です。個人投資家が持つ本当の強みは、素早く行動できる機動性と、投資せず静観する手段が取れる事です。年1回程度は、プロですら震えあがる相場の暴落が発生するもの。

このような時にだけリスクを取るのです。投資判断が簡単と思える銘柄と投資戦略を組み合わせるのが良いでしょう。 「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの手法を参考にしてみて下さい。

投資チャンスが過ぎ去っており、欲望を抑えてグッと我慢

東京エレクトロンは、主に半導体製造装置を主力とする装置メーカーです。大型パネル製造用のFPD製造装置も販売していますが、売上の大半は半導体向けです。海外の売上比率は8割を超えており、世界的にも知名度の高い企業の一つです。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 東京エレクトロン(8035)
上場市場 東証1部
業種 電気機器
株価 7,803円
単元株数と最低購入単価 100株:78万300円
時価総額 1兆4,093億円
資本金 549億円
発行済株式数 1億8,061万株
浮動株数 650万株
利益剰余金 4,960億円
有利子負債 0円
保有者比率 外国 54.3%
浮動株 3.6%
投信 11.8%
特定株 43.9%

2014年度は赤字を出していますが、不採算事業からの撤退や事業所再編による構造改革によって翌年にはV字回復をしています。ただ半導体製造装置1本に絞る形になるので、業績の変動は大きいと考えるべきです。

東京エレクトロンの業績

では具体的にチャートを見て、投資判断を考える事にします。最初に注意勧告したい点としては赤色エリアのような高値園では、決して資金を投入してはいけません。

まさにカモの投資家が群がって最後の買い手になるようなタイミングでありまして、短い春を謳歌した後に壮絶な損失で震えあがる事になるかと。

実は例年のように年末が底年になる傾向が強い点が、東京エレクトロン最大の特徴です。上昇トレンドを維持する価格帯であり、尚且つ相場全体の暴落も重なる年末時は絶好の仕込み時期でしょう。現在では急激に株価が回復しているために、投資判断が難しいです。

仮に上述の投資戦略で2013年10月頃(4,000円)に資金を投入し、半年毎の2014年4月頃(6,000円)に売却すると、80万円の投資に対して利益が40万円です。年1回の取引でも、投機的な売買が多い株価予想が出す利益の数十倍になりますね。

東京エレクトロンの売買チャンス

東京エレクトロンのみのチャートを見ると、株価が急激に上昇しているように見えます。ですが市場全体の平均的な成績を表す日経平均株価指数と比べてみると、意外と平凡な成績に驚きです。

実際に株式投資をやってみないと分からないのですが、事前に東京エレクトロンのように大きく上がる株を探し出すのは難しいです。

相場好調期に「上がらないクソ株」に手を出してしまう事が、個別株投資の最大のリスクでしょう。このリスクを排除したいのであれば、日経平均株価指数並に、確実に上がるETFを利用する戦略もお勧めですね。

東京エレクトロンのチャートと日経平均株価指数を比較

紺色線:東京エレクトロン ピンク色線:日経平均株価指数

株式相場が好調な時もあれば、当然ながら不調な時期も必ず訪れます。多くの銘柄が上がらず停滞している時に、儲けるのは難易度が非常に高いです。そのような時期には、東京エレクトロンのような銘柄が役に立ちます。

チャートを見ると、毎年のように年末の10月頃が底値になって春先の4月頃が天井になります。投資判断が比較的に簡単で、値幅もあるため利益になりやすいという事ですね。 天井園や底値園の株価やタイミングが分かりやすい銘柄を上手に利用するのが手堅く利益にするコツでしょう。

東京エレクトロンの過去のチャート

2015年12月時点で管理人がチェックした電気機器 銘柄

東京エレクトロンの売買をする場合にお勧めの証券会社

東京エレクトロンを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!