クラリオンの株価予想は当たるのか?

クラリオンの株価予想を評価・解説

業績は好調だがアベノミクス以降、株価の値動きが荒くなったクラリオン。予想屋を信じたカモ投資家が、天井近くの高値で株を買って、凍死家の道へ一直線。日々、相場から悲鳴の声が聞こえる。

儲かっている投資家は、高値で株を買ったカモが保有株を投げ売る時に、喜んで株を買いますからね。株価予想からは、さっさと卒業なさって、年1回訪れるバーゲンセールを狙う技術を身につけましょう。

クラリオン

クラリオンで儲けるポイント
  • 海外売上比率が6割。日本、米州、アジアで利益を稼ぐ。全セグメント黒字。
  • アジア向けの利益率が12%を超え、隠れた稼ぎ頭。全体の利益率も改善傾向。
  • 支持として機能する上昇トレンド線まで、株価が下落した際に株を買いたい。
  • ただ値動きが荒い。トレンド線よりも株価の高い位置で手を出すな。

猛烈な株価上昇時に飛び乗る行為を続けると、資金を溶かす

(2016年11月3日公開)

天井の高値で「買」推奨する株価予想を信じた人は、全員が大損した件

管理人は高値園に関わらず、買い推奨をする株価予想を何度も見ており、本当に予想屋の言葉を信用していません。株価予想が仕事である金融関係者の言葉を、安易に信じると痛い目に合う事例を紹介します。

実際に株式投資で大儲けできるチャンスは、頻繁に訪れません。年に数回です。しかし、年数回の投資チャンスで資金を投じれば、利益は出せます。まずは株価予想の問題点について見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
戸松信博 勝率:66%
(10勝5敗)
2015/
12/1~30
買:外れ ▲0.7万円
(44万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +21万円
(39万円)


戸松信博氏の買い予想が外れて、損失が7,000円

戸松信博の株価予想


では戸松信博氏の株価予想を見てみますか。将来性ある自動運転車の関連銘柄として注目され、株価が上がると想定し「買」推奨です。残念ながら株価予想が外れ44万円の投資に対し損失が7,000円です。

本株価予想は1か月で手仕舞する為に、短期売買の部類に入ると思います。管理人、利益を出すのが難しい短期売買を推奨しておらず、予想屋の言葉を信じて利益を出せるほど甘い世界では無いと思っています。

短期間な売買を繰り返すと、仮に利益が出ても儲けが僅かであり、売買手数料が確実に資産を減らします。売買手数料ってバカにならないですからね。

予想屋の言葉を安易に鵜呑みにせず、トレードステーションのバックテスト機能で、投資手法が儲かるのか?調べる努力ができない人は、短期取引に挑戦すべきでないです。

クラリオンの株価予想チャート


なお株価予想後のチャートを眺めると、株を買った後も株価の下落が続いています。株価が天井近い、高値で株を買ってますからね。

儲かるより損するリスクが高い地点で、株を買う訳です。このような売買を繰り返すと、資金を溶かして相場から退場する事になりますよ。

クラリオンに関する予想屋の言葉を信じた人の行く末


もしも予想屋に頼らず株式投資で利益を得たいのなら、株価予想を頼ったカモが高値で株を買って、相場暴落と共に、保有株を投げ売る時に買いましょう。年1回は、バーゲンセールが到来します。

ただの暴落で株を買うと痛い目に合う事になるため、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」を参考になさって下さい。



上昇トレンド上に株価が戻ってきており、リスク取れるならば買い場。

自動車関連機器の専業製造メーカのクラリオン。主に日産自動車 や、フォードなど自動車メーカのOEM(他社ブランドの製品を製造する事です)生産で、収益を上げています。なおクラリオンは、日立製作所の傘下企業の一社です。

海外売上比率が6割で、主に米州向けに特化しています。売上高に着目すると2強は日本と米州です。しかし最終的な利益額であれば、アジア・豪州地域が売上高の割に多額の利益を稼ぎだしています。

クラリオンのセグメント


地域別の営業利益率で比べてみても、アジア・豪州地域の利益率が12%を超えており、非常に儲かるエリアです。日本国内や欧州、米州の利益水準が3~4%と、薄利多売の傾向に対して稼ぎ頭的な存在です。

クラリオンのセグメント別利益率


主力のナビシステム、安全な運転を補助する為の安全・情報機器、音響関連機器の3つが主要な製品群です。現在は、車載カメラを使った安全システムなどの育成中です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) クラリオン (6796)
上場市場 東証1部
業種 電気機器
株価 328円
単元株数と最低購入単価 1,000株:32万8,000円
時価総額 927億円
資本金 203億円
発行済株式数 2億8,274万株
浮動株数 4,043万株
利益剰余金 142億円
有利子負債 357億円
保有者比率 外国 10.5%
浮動株 14.3%
投信 2.7%
特定株 73.7%

下記に示すクラリオンの業績の推移を見ると、好調な経営を表しています。増収増益が続き営業利益率も改善傾向ですから、良い傾向を示しています。

クラリオンの業績


念のため倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移を調べてみます。毎年、本業から現金収入を表す営業CFが安定的に計上されており、事業拡大の為に必要な投資費用を補得ており、当面の資金繰りに問題は無いと思います。

なお設備投資が必要な業種で投資CFの主な内容は、有形固定資産、ソフトウェアなどの無形固定資産の取得です。資金調達が必要な時期では、財務CFの支出が増加します。

クラリオンのキャッシュフロー


では投資判断の材料となるので、クラリオンの過去チャートも調べてみます。株価の特徴としては、緩やかな上昇トレンドを形成しながら、例年、年末の11月前後に株価の調整が入り、再び株価が上昇します。トレンド線が支持線となる傾向も強いです。

よって年末頃に支持となるトレンド線まで株価が下落した際に、買うスタンスでクラリオンの監視をすれば良いかと思います。できるだけ株価の値動きがイメージしやすい銘柄を採用し、売買する事が利益の安定するコツになります。

クラリオンの過去のチャート


では直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみたいと思います。 株価のトレンドは、これまで同様に上昇トレンドを維持しています。

ただしアベノミクス以降から値動きが荒くなっており、トレンド線より株価が猛烈に高い時(例えば、下記チャートの赤色エリア)に、株を買わない方が良いです。経験の浅い人が手を出すと、利確する前に暴落に遭遇して、甚大な損失を出す羽目になります。

繰り返しになりますが基本戦略は、上昇トレンド線まで株価が下落した際に買うスタンスとなります。最高のタイミングで株を買うための3つのステップを参考に、買い場を探してみてください。

仮に上記戦略で2013年10月(130円)に3,000株を購入し、半年後の2014年4月(200円)に売却すると、39万円の投資に対し利益が21万円となり、利益率が53%でした。

現在の株価は、上昇トレンド線上に株価が位置しており、買い場だと考えられます。想定外の暴落時に撤退する覚悟をした上で、リスクを取っても良いでしょう。

なお最低取引金額が30万円以上も必要ですから、初心者であればSMBC日興証券の 1万円から株式投資ができるキンカブサービスの利用をおススメします。

投資額が大きいと冷静な投資判断ができず、損する可能性が高いからです。無理せず、投資経験を積みましょう。

クラリオンの売買チャンス


上昇トレンドを維持し続けるクラリオンですが、業績が悪化すると下落に転じる可能性は十分にあります。

できれば株価が上がり続ける株に資金を託したいですが、事前に探す事は非常に困難です。中長期的なキャピタルゲインを狙う技術も、多少の経験を積む必要があります。

それまでは上がる株にタダ乗りできるひふみ投信に、資金を託しても良いかと思います。初心者から中級者まで幅広く、利用メリットのある投資対象の一つとして参考になさって下さい。



2016年11月時点で管理人がチェックした電気機器銘柄

クラリオンの売買をする場合にお勧めの証券会社

クラリオンを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!