TDKの株価予想は当たるのか?

TDKの株価予想を評価・解説

大儲けの近道は「儲かる投資情報を発信している金融関係者に頼る」のが一番だと、思っている人が多いです。株価予想のような投資情報が、典型的なものですね。

ですが資金を溶かす事になるだけです。個人投資家にしか出来ない戦略を採用すれば年1回の取引でも、予想情報で得られる利益の数十倍は儲かります。

TDKで儲けるポイント
  • 株価予想はギャンブルと変わらない。投資情報からは距離を置こう。
  • 相場全体が大暴落した時こそ、大儲けできる投資チャンス。
  • 株価が急激に上がってカモの人が売買するような時期は、静観しよう。
  • 株価の先行きを確実に当てるのは不可能。損切りする覚悟を必ず持とう。

心理的な不安が小さいと感じる値動きの銘柄を、利用しよう

(2015年11月8日公開)

ギャンブルのような売買を、推奨する株価予想に価値は無い

自分自身で投資判断をするのが不安な人は、株価予想のような投資情報を頼りがちです。ですが肝心の予想情報を読んで見ると、博打のような取引が非常に多いです。

大儲けする前に、資金を溶かしてオシマイとなるでしょうね。具体的に株価予想の問題点を見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
戸松信博 40%
(95勝139敗)
2015/
9/14~18
売:外れ ▲1.6万円
(73万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 30万円
(55万円)

1万6,000円の損失を出した、戸松氏の売り予想

戸松信博の株価予想

では戸松信博氏による5日間の株価予想を見てみましょう。業績が好調で中期的に期待できるが、短期的な値下がりを想定して「売」推奨。予想が外れ73万円の投資で、1万6000円の損失です。

中長期的に期待できるのであれば、超絶に難しい短期売買を推奨する必要は無いと思いますね。短期的な値動きはランダムで、予想不可能だから簡単に儲かる訳がないです。そもそも予想記事を読んでも、本当に勝算があったのか怪しいもんです。 勝率が低い株式投資は、ギャンブルをしているようなものですからね。

TDKの株価予想チャート6

これまで数百を超える株価予想を精査してきたのですが、カモの投資家が投資するようなタイミングで売買推奨をするなど、予想を信じるのが怖くなるようなものが非常に多いです。

特に普通ならば手を出さない高値園で、エントリーさせて大損する事例など、多くの人が痛い目にあっています。

TDKに対する予想屋の発言

そもそも、毎日のように投資チャンスがあるように情報発信してますけど、本当のチャンスは年に1回程度ですよ。むしろ毎日のように取引していると、 世界同時株安のような有事に遭遇して、絶望的な損失を出す羽目になります。

個人投資家は毎日闘う必要は無く、大儲けできる大チャンスの時にだけリスクを取れば良いのです。投資判断が簡単だと思えるような銘柄と投資戦略を上手に組み合わせたいですね。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」 などを参考にすると良いです。

暴落時にリスクを取れば、春先まで上昇する波に乗れて大儲け

電機機器を作る上で欠かせない電子部品の大手企業であるTDKは、売上高の9割以上を海外で稼ぎ出すグローバル企業です。全ての電気製品に必要となる部品を製造している為、世の中の景気に対して敏感に反応する銘柄です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) TDK (6762)
上場市場 東証1部
業種 電気機器
株価 8,510円
単元株数と最低購入単価 100株:85万1,000円
時価総額 1兆1,028億円
資本金 326億円
発行済株式数 1億2,959万株
浮動株数 712万株
利益剰余金 6,976億円
有利子負債 2,869億円
保有者比率 外国 46.8%
浮動株 5.5%
投信 18.9%
特定株 34.8%

ここ5年の業績を見ると2012年の急激な円高などによって利益が激減していますが、構造体質を改善させた事で、利益が大きく回復しています。

TDKの業績

では具体的にチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。長期的な視点で見るとTDKは上昇トレンドを維持しており、相場全体の暴落に合わせて資金を投入したいです。さらに年末頃が底値になる、傾向を持つ特徴的な銘柄である事もポイントです。

これらの背景を考えると、2015年の10月頃は相場大暴落と年末底値の傾向、上昇トレンドが支持と考えられて投資チャンスでした。ここから春先にかけて上昇していく事を期待したいですね。ただし投資チャンスと言っても思惑通りに上昇しない事もありますから、損切りは必須です。撤退する価格を決めない株式投資の損失は巨額なる傾向が高いからです。

暴落時にリスクを取れば大儲けする可能性が高まりますが、赤色エリアのように株価が勢いよく上がっている時期に資金を投入すると、大損する羽目になります。カモの人が投資するようなタイミングでは静観する事を強く勧めますね。

仮に暴落時に投資するスタンスで2014年10月頃(5,500円)に投資して、半年後の2015年4月頃(8,500円)に売却すると、55万円の投資に対して利益が30万円です。年に1回の取引でも、株価予想の利益に比べて数十倍も儲かりますね。

TDKの売買チャンス

TDKの個別チャートを見ると凄く大儲けが出来そうな銘柄に見えてきますが、日経平均株価指数と比べてみると、思ったよりも平均的なパフォーマンスに驚きですね。

実は個別銘柄投資の最大のリスクは、TDKのような上がる株に出会えない、つまり「上がらないような株」を掴んでしまう事です。市場全体が絶好調な時に、儲け損なうと損したような気分になるもの。このリスクを完璧に排除したいのであれば 日経平均株価指数並に、確実に上がるETFを活用する戦略も良いかと思います。

TDKの株価予想チャートその3

紺色線:TDK ピンク色線:日経平均株価指数

市場が好調な時期であれば、ETFや大企業の銘柄を保有しているだけで簡単に儲かります。逆に市場全体が停滞している時期は、猛烈に難易度が上がります。無理をせず、投資しないスタンスも戦略として良いかと思います。

ただ多くの銘柄が上がらないような時期に 天井園や底値園の株価やタイミングが分かりやすい銘柄を上手に活用すると手堅く儲けることも出来ます。参考にしてみては、如何でしょうか?

TDKの過去の値動き

2015年12月時点で管理人がチェックした電気機器 銘柄

TDKの売買をする場合にお勧めの証券会社

TDKを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!