ジャパンディスプレイの株価予想は当たるのか?

ジャパンディスプレイの株価予想を評価

ジャパンディスプレイの一言ポイント
  • 日本市場全体が大きく上昇する中、ジャパンディスプレイの株価は低空飛行
  • 赤字になったり黒字になったりと、業績が安定せずに不安になる銘柄
  • 値動き自体にも特徴を感じるものが無く、ファンダメンタルズ的分析に頼って資金を投じるのは不安になる
  • 株価予想が当たって喜んでいても、ロスカット出来ないと大損して全ての利益を吹き飛ばす可能性が非常に高い

直感的に儲かるイメージが全くわかない銘柄には手を出すべきでは無い

(2015年8月27日公開)

著名人によるジャパンディスプレイの株価予想の結果は?

業績の変動が非常に激しく不安を覚えるジャパンディスプレイですが、今期は黒字化された事もあり投資の達人に注目され始めています。さっそく株価予想の内容について確認して参りましょう。


評価者 実力 予想期間 結果
中原良太 勝率:56%(113勝88敗) 2015/2/16~20 売:外れ
熊谷亮 勝率:54%(99勝82敗) 2015/1/30 買:当り

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する下記の評価コンテンツも御参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

中原良太氏の株価予想(2015/2/16~20) 推奨:売 結果:外れ

中原良太の株価予想

それでは中原良太氏の株価予想から確認して参りましょう。株価予想期間は、下記の5日間となります。

前日比で株価が11%近く上昇した為、統計データ的に株価の下落する確率が62%と高水準になる事から「売」推奨です。

見方を変えると上値抵抗線を抜けて上昇チャレンジの場面であり、結果的には大きく上昇しています。まさに踏み上げられて大損してしまったパターンですね。

このような状況では、損切りがキッチリと出来るのか?が安定した利益に繋がるかと思います。

参考:撤退する価格を決めない株式投資の損失は巨額

ジャパンディスプレイの株価予想チャート

熊谷亮氏の株価予想(2015/1/30) 推奨:買 結果:当り

熊谷亮の株価予想

次に熊谷亮氏の株価予想を確認してみます。株価予想期間は、下記紺色枠の1日間となります。2月相場の主役となる東証1部銘柄として、強気の「買」推奨です。

チャートを見ると下値を切り上げ続けており、このまま上昇トレンドを目指す動きを期待しての買エントリーのようですね。

ただチャートを見ると上値抵抗線が気になりますから、逆に下落した場合を想定してロスカット水準をしっかりと決めたい所です。

ジャパンディスプレイの株価予想チャートその2

自分よりも知識がある達人が提供する株価予想に従えば、何となく安心感があると思いますが、株式市場というのは誰も先行きを予測する事は出来ません。

思惑とは異なり、暴落したりして大損する事は日常茶飯事の世界です。

そのような事を考えると、ロスカット水準を決めて撤退する判断をする事は長期的に安定した利益に繋がります。

ただ何となく銘柄を選んで資金を投じるのでは無く、 自分自身で簡単に投資判断が出来る手法や銘柄を選んでみる事です。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」のような投資戦略も参考にしてみて下さい。

管理人が感じたジャパンディスプレイの株価見通し

液晶パネルの開発製造販売で世界的なジャパンディスプレイですが、日立・東芝・ソニーのパネル事業が合併する事で誕生しました。主にモバイル向けディスプレイと車載向けディスプレイを販売しており、売上の8割はモバイル向けとなります。

海外の売上比率が非常に大きい事も特徴的です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ジャパンディスプレイ (6740)
上場市場 東証1部
業種 電気機器
株価 413円
単元株数と最低購入単価 100株:4万1,300円 安いです
時価総額 2,489億円
資本金 968億円
発行済株式数 6億141万株 大型株
浮動株数 5,532万株
利益剰余金 352億円
有利子負債 175億円
保有者比率 外国 23.6%
浮動株 9.2%
投信 1.1%
特定株 52.3%

ただし過去の業績を見るように利益の変動が非常に大きく、つい最近まで赤字を出している状況でした。2014年度は黒字化されていますが営業利益率も4%台と収益体質も悪いですし、業績の先行きに不安を感じます。

ジャパンディスプレイの業績

ここ1年のパフォーマンスを見ても、冴えない動きをしていますね。日本市場全体が大きく上昇して盛り上がっているのに対して、当銘柄に資金を投入してしまうと大損するか、もしくは利益を取り損ねる事になった事でしょう。

ジャパンディスプレイと日経平均株価指数の比較チャートその3

紺色線:ジャパンディスプレイ ピンク色線:日経平均株価指数

2015年12月時点で管理人がチェックした電気機器 銘柄

ジャパンディスプレイの売買をする場合にお勧めの証券会社

ジャパンディスプレイを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い、現金2000円貰えます!SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!