最大で利益率が100%を超える儲かる銘柄

投資金額が10万円未満の中級者向け銘柄

投資金額が10万円未満で、中級者向けの儲かる銘柄を取り揃えました。投資金額10万円未満の上級者向け銘柄に比べて、比較的に値動きが緩い点が特徴です。

過激に上昇する銘柄も含まれますが、落ち着いて売買ができるでしょう。特定の価格帯で、反発上昇する傾向にあるので、安心して投資できる点も魅力の一つです。

投資金額を増やしたい場合は、投資金額20万円未満の中級者向け銘柄を参考にすると良いでしょう。何れにせよ、面白いように利益が出せる「うねり取り投資」を成功させるための5つのステップをしっかりと読み込んで習得する事が重要です。

銘柄名 コード 投資金額 利益額 利益率
日本コークス工業 3315 1万円 +0.3万円 30%
シダー 2435 2万円 +0.5万円 25%
インタートレード 3747 2万円 +2万円 100%
ピクセルカンパニーズ 2743 2.5万円 +1万円 40%
インターアクション 7725 4万円 +2万円 50%
MIEコーポレーション 3442 5万円 +1万円 20%
大村紙業 3953 5万円 +0.6万円 12%
大東紡織 3202 6.5万円 +2万円 30%
宝ホールディングス 2531 7.5万円 +2万円 26%
アイケイ 2722 8万円 +2万円 25%
日本電波工業 6779 8万円 +3万円 37%
住友理工 5191 8.5万円 +2.5万円 29%
アマガサ 3070 9万円 +2万円 22%
シモジマ 7482 9万円 +2万円 22%


(2016年5月2日更新)

1万円の投資で0.3万円の利益が出る、日本コークス工業は利益率が30%

日本コークス工業は利益率が30%

日本コークス工業の購入価格帯(青色エリア)は、90~100円です。90円付近を損切ラインと決めた上で、株価が下落してきたら資金を投入すれば良いでしょう。

ただし直近の値動きを見ると、90円の損切ラインを下回っているので損切が必要です。万が一、下落が続くと甚大なる損失を被るために、さっさと損切しましょう。

売却価格帯(赤色エリア)は、130~160円付近になります。売却目標の130円付近まで上昇しない場合もあるので、少しずつ利確していく戦略もおススメです。利益が安定しますからね。

もしも日本コークス工業を100円で購入して130円で売却すると、1万円の投資に対して利益が0.3万円となります。利益率が30%に達しますね。

2万円の投資で0.5万円の利益が出る、シダーは利益率が25%

シダーは利益率が25%

シダーの購入価格帯(青色エリア)は、180~200円となります。200円を目途に、購入すると良いでしょう。損切価格は、180円付近が妥当です。過去の値動きを参考にすると、売却価格帯(赤色エリア)は250~350円付近になります。

ここ数年は出来高が瞬間的に増え、株価が猛烈に上昇しています。ほどほどに250円付近で売却すると良いかと。仮にシダーを200円で購入し、250円で売却すると2万円の投資で、0.5万円の利益です。利益率が25%ですから、魅力的だと感じます。

2万円の投資で2万円の利益が出る、インタートレードは利益率が100%

インタートレードは利益率が100%

インタートレードの購入価格帯(青色エリア)は、180~200円です。損切ラインを180円付近に設定した上で、資金を投じると良いでしょう。

さて当銘柄は、株価の値上がりスピードの速い事が特徴です。売却価格帯(赤色エリア)が、400~550円付近になりますが、欲を出さずに早めに利確する方が良いでしょう。あっという間に株価が戻ってきて、儲け損なう可能性もありますからね。

もしもインタートレードを200円で購入して400円で売却すると、2万円の投資で2万円の利益が出ます。利益率が100%と、驚きの数値を叩き出します。

2.5万円の投資で1万円の利益が出る、ピクセルカンパニーズは利益率が40%

ピクセルカンパニーズは利益率が40%

ピクセルカンパニーズの購入価格帯(青色エリア)は、220~250円となります。過去の値動きを参考にして、220円を損切価格に設定すれば良いでしょう。250円付近まで株価が下落したら、損切する覚悟の上で、勝負してみましょう。

売却価格帯(赤色エリア)は、350~450円です。株価が上がると思って保有し続けると、売り抜けることが出来ません。欲張らずに、350円付近で売却しましょう。仮にピクセルカンパニーズを250円で購入して、350円で売却すると2.5万円の投資に対し1万円の利益になります。利益率は、40%と高水準です。

4万円の投資で2万円の利益が出る、インターアクションは利益率が50%

インターアクションは利益率が50%

インターアクションの購入価格帯(青色エリア)は、300~400円です。損切価格の設定が難しいのですが、これまでの動きを考慮すると300円付近になります。直近の暴落では、損切することになりますね。

売却価格帯(赤色エリア)は、600円付近になります。当銘柄も、目標銘柄に到達する過程で、段階的に利確する方針のほうが良いでしょう。仮にインターアクションを400円で購入して、600円で売却すると、4万円の投資で2万円の利益になります。利益率が50%ですから、魅力的な銘柄です。

5万円の投資で1万円の利益が出る、MIEコーポレーションは利益率が20%

MIEコーポレーションは利益率が20%

MIEコーポレーションの購入価格帯(青色エリア)は、45~50円です。過去の実績から損切ラインは、45円となります。当銘柄も直近の値動きでは、損切するべき値動きになっています。運よく株価が戻っていますが、下落が続けば、損失が大きくなりますからね。相場から退場しない為にも、損切は重要です。

さて売却価格帯(赤色エリア)は、60~70円となります。仮に売却目標を60円に設定した場合でも、徐々に利確する戦略を取ると、狙い通りに値動きにならなくても利益を積み上げられます。仮にMIEコーポレーションを50円で購入して、60円で売却すると5万円の投資に対して1万円の利益になります。利益率が20%ですから、まずまずの儲けですね。

5万円の投資で0.6万円の利益が出る、大村紙業は利益率が12%

大村紙業は利益率が12%

大村紙業の購入価格帯(青色エリア)は、490~500円付近です。過去の実績より、490円付近を損切価格として設定し、チャンスが訪れたら勝負しましょう。

売却価格帯(赤色エリア)は560~600円となりますが、目標価格まで上昇しない場合もあります。そのような事態に備えて、少しずつ利確していく戦略も、利益を安定的に出せるのでお勧めです。

仮に大村紙業を500円で購入し、560円で売却すると5万円の投資に対して利益が0.6万円です。利益率が12%と、少々もの足りないのですが、投資しやすい値動きだと思います。

6.5万円の投資で2万円の利益が出る、大東紡織は利益率が30%

大東紡織は利益率が30%

大東紡織の購入価格帯(青色エリア)は、55~65円です。55円を損切ラインとして、勝負すれば良いでしょう。売却価格帯(赤色エリア)が85~100円となります。ただ値動きが早くて、短期的に株価が上昇する傾向が強いですね。

目標価格の途中であっても、分割して利益確定していくと、儲け損なうことなく利益が安定します。もしも大東紡織を65円で購入して85円で売却すると、6.5万円の投資で2万円の利益になります。利益率が30%と魅力的です。

7.5万円の投資で2万円の利益が出る、宝ホールディングスは利益率が26%

宝ホールディングスは利益率が26%

宝ホールディングスの購入価格帯(青色エリア)は、700~750円です。過去の値動きを見ると、750円付近で繰り返し反発上昇しています。750円付近まで株価が下がったタイミングで、資金を投じると良いでしょう。ただし700円を下回ったら、損切です。

売却価格帯(赤色エリア)は、950円近辺となります。950円を目標売却価格と設定したうえで、少しずつ利確すると良いでしょう。もしも宝ホールディングスを750円で購入して、950円で売却すると、7.5万円の投資に対して利益が2万円となります。利益率は26%となります。

8万円の投資で2万円の利益が出る、アイケイは利益率が25%

アイケイは利益率が25%

アイケイの購入価格帯(青色エリア)は、ここ数年だと700~800円になります。このあたりまで株価が下落したら、損切価格を決めた上で、資金を投じると良いでしょう。700円を下回ったら、撤退ですね。

売却価格帯(赤色エリア)は、1000~1200円付近になります。1000円を売却目標と設定し、数回に分けて利確する戦略もおススメです。もしもアイケイを800円で購入して、1000円で売却すると8万円の投資に対して2万円の利益になります。利益率は、25%に達します。

8万円の投資で3万円の利益が出る、日本電波工業は利益率が37%

日本電波工業は利益率が37%

日本電波工業の購入価格帯(青色エリア)は、750~800円です。ここ数年の値動きから、損切ラインは750円になります。直近だと、損切するべき値動きになっています。

今後の値動きは、誰にも分からないため、万が一の事を想定して、しっかりと損切するべきです。これまでの利益を吹き飛ばす可能性だけは、避けなければいけません。

売却価格帯(赤色エリア)は、1100~1300円となります。当銘柄も、目標とする株価に到達する前から、段階的に利確した方が良いでしょうね。もしも日本電波工業を800円で購入して、1,100円で売却すると、8万円の投資で3万円の利益になります。利益率が37%と、魅力的な水準です。

8.5万円の投資で2.5万円の利益が出る、住友理工は利益率が29%

住友理工は利益率が29%

住友理工の購入価格帯(青色エリア)は、800~900円です。ここ数年の値動きを考慮すると、損切価格を800円付近に設定すると良いでしょう。売却価格帯(赤色エリア)は、1100円付近になりますが、株価が上昇したら、少しずつ利確していく戦略を取ると、安定した利益に繋がります。

もしも住友理工を850円で購入して1100円で売却すると、8.5万円の投資に対して2.5万円の利益となります。利益率が29%と、まずまずの水準です。

9万円の投資で2万円の利益が出る、アマガサは利益率が22%

アマガサは利益率が22%

アマガサの購入価格帯(青色エリア)は、600~700円です。700円付近まで株価が下がったら、リスクを取り資金を投入してみましょう。万が一のことも考えて、600円を損切価格と設定すると良いでしょう。致命的なダメージを避けるためには、きっちりと損切する覚悟が必要です。

売却価格帯(赤色エリア)は、1100円付近です。過去の値動きを見ると、短期間に株価が上昇しています。1100円の目標価格まで、数回にわけて利確すると利益が安定します。もしもアマガサを900円で購入して、1100円で売却すると、9万円の投資に対して利益が2万円です。利益率が22%となります。

9万円の投資で2万円の利益が出る、シモジマは利益率が22%

シモジマは利益率が22%

シモジマの購入価格帯(青色エリア)は、900~950円付近になります。最近の値動きを見ると、損切ラインを900円付近に設定すれば良いでしょう。売却価格帯(赤色エリア)は、1100円付近になります。

なお無理をして資金を投じると、高値掴みになり、焦って投げ打って損失を出す事になります。決して、無理をしないことが大切です。仮にシモジマを900円で購入して、1100円で売却すると9万円の投資に対して2万円の利益になります。利益率が22%と、満足できる水準でしょう。

投資レベル別の儲かる銘柄一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!