吉田裕章氏の実力は評判どおりなのか?

吉田裕章氏による株価予想の評価

野村證券出身で、日経225先物を主戦場として20年以上の実績がある吉田裕章氏。現在は、株式会社プログレスマインドでご活躍されているようです。

吉田裕章氏の勤めている企業

長年、先物取引に従事していたのに、株式会社プログレスマインドではFXの売買指示をして、Yahoo!投資の達人では国内個別株の株価予想って簡単に出来るものなんでしょうか?

非常に気になります。さっそく、どのような投資スタンスで株価予想をなさるのか確認してみましょう。

(2015年7月26日公開)

吉田裕章氏の具体的な運用成績

Yahoo!投資の達人で株価予想をなさっている訳ですから、実績情報として参考にしてみましょう。

吉田裕章氏の実績情報

Yahoo!投資の達人より


過去3カ月の成績が公表されるYahoo!投資の達人のウェブサイトを見ると下記のような成績になっているようです。1日、1週間の超短期の株価予想が中心です。

勝率:100%(1勝0敗)
パフォーマンス:+5.3%


勝率100%となっていますが過去の株価予想の履歴を見ると、12回程度の株価予想情報が記載されています。7戦5勝で70%程度の勝率になるようですね。

ですが株価予想回数が少なすぎるために参考にまったくなりません。残念です。非常に高い的中率を誇ると誤解されて株価予想を信じて売買すると、非常に痛い目にあいそうですね。

株価予想の結果を調べて感じた投資スタンス

具体的な投資スタンスや、売買する際の判断基準が分かりません。株価予想記事の内容を精査してみる事に致しましょう。

まずは日本電気(6701)の株価予想を見ると、抵抗線を抜けたあたりで「買」推奨しています。少し気になった事は、5日間の短期売買推奨なのですが、「中長期的に保有して値幅を狙いたい」とコメントがあり長期投資目線で投資判断をしたのかな?と不安になりました。

トレンドマイクロ(4704)の株価予想記事は、1日間の売買推奨です。デイトレードになる訳ですが、業績情報を元に超短期トレードの投資判断をする点には疑問を感じます。

ファーストリテイリング(9983)は最低購入単価が500万円近くあり、その上デイトレードになる超短期売買を推奨しているのに損切りポイントの設定がありません。

株価予想を元にデイトレードを行う事自体が大問題だと思いますが、投入資金が非常に大きいので一日で大きく値下がりした場合は凄い損失が発生する所でした。

全体的に見てテクニカル分析は、ほとんど活用せずに業績重視のファンダメンタルズ分析を活用しています。ですが1日、1週間という短期売買の株価予想をしている訳ですからファンダメンタルズ分析では非常に不安になりますね。

株価予想の回数自体が非常に少ないために、正直判断する事が非常に難しいです。ただ上述したように超短期投資の株価予想をなさる時の判断基準に疑問を感じるために、管理人としては信じて売買するのは怖いなぁと感じる所です。

株価予想・見通し推測された国内株式銘柄一覧

関連するコンテンツ一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!