戸松信博氏の実力は評判どおりなのか?

戸松信博氏の評判・口コミをしてみる

メルマガの購読者数が累計で3万人を超えるカリスマ的な投資指南である戸松信博氏。 グローバルアドバイザーズ(株)の代表を務めています。

投資の達人・プレミアムでも有料価格で情報発信をしている訳ですから、どのような戦略で株価の見通しをしているのかチェックしてみましょう。


戸松信博氏の実績

Yahoo投資の達人・プレミアムより




(2015年7月1日更新)

累積実績は凄いのだが、株価予想を利用した実現性には疑問

過去3カ月のパフォーマンスでは、熊谷亮氏と同等の実績を叩き出している戸松信博氏。下記のように3カ月で+418%の成績は驚愕です。

勝率:54%(63勝52敗) 累積パフォーマンス:+418.3%
※2015年6月27日時点の過去3カ月の成績情報

こちらも3カ月で合計115回の株価予想を行っています。予想期間は1日、1週間、1カ月全ての見通しを行っておりますが、1カ月間の見通し予測が大半です

ただし戸松信博氏は、同時期に大量の銘柄の株価予想をするようです。同じ時期に50銘柄の大量予想をする月もありますからね。戸松先生には、50銘柄の株価予想の中から勝率が高い数銘柄を教えて頂きたいものです。

さらに注意点があります。累積パフォーマンスは凄いですけど、株価予想を信じて全て取引しても投資資金は、そんなに増えませんからね。累積パフォーマンスの数字のマジックにご注意下さいませ。

参考コラム:投資の達人は、評判よりも相当劣る運用実態

株価予想の結果を調べて感じた感想

鋭い市場分析が特長である戸松信博氏とYahoo!投資の達人では説明されているのですが、イマイチ具体的な投資スタンスが理解出来ません。と言う事で株価予想の内容から管理人の目線でまとめてみます。

テクニカル分析の抵抗線を重要視か
まずはトヨタ自動車(7203)の株価予想を見てみましょう。延々と業績の説明をしていますが、エントリーはテクニカル分析から判断できる支持線を理由に「買」推奨のようです。

抵抗線や指示線はテクニカル分析で重要な指標の一つですから、非常にシンプルな事をやっているようですね。管理人も普通にやっています。

短中期(5日程度~1カ月)売買でファンダメンタルズ分析も利用する模様
次にANAホールディングス(9202)の株価予想です。こちらは原油価格の下落に関連して業績向上期待からの「買」推奨です。

チャート重視のテクニカル分析ではなくて、完全にファンダメンタルズ分析です。5日程度の短期売買をするのに、ファンダメンタルズ的な情報を扱って良いのか疑問に思ってしまいます。

楽天(4755)の株価予想では、業績が好調ですから株価が上がる期待に賭けて「買」推奨。こちらでは1カ月程度の見通し予測にファンダメンタルズ分析を利用しているようです。

管理人的には、業績が上がっても株価が下がる銘柄を良く見かけるので投資戦略的にかなり疑問・・・

テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析の両方を併用している戦略なのでしょうか。株価予想の内容を見ていると、そのように感じます。

なお勝率は5割程度ですから、高い確率で的中すると短絡的に思って多額の資金を投入すると大火傷する恐れがありますね。

株価予想・見通し推測された国内株式銘柄一覧

関連するコンテンツ一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!