投資の達人の実力は評判通りではないぞ!

評判よりも相当劣る運用実態

Yahoo!投資の達人では多くの方が株価予想を行っており、様々な銘柄の見通し予測情報を無料で毎日手に入れる事が可能です。

達人達の実績を見てみると、ものすごいパフォーマンスを発揮している方が多数在籍しています。上位3名のパフォーマンスを見ると、下記のように驚くべき水準です。


投資の達人のパフォーマンスランキング

2015年6月26日時点のパフォーマンスベスト3ランキング


参考コンテンツ:運用成績の高い達人・ランキング

Yahoo!投資の達人で公開している上記の累積パフォーマンスは、過去3カ月の成績を集計しているようですから、たった3カ月で凄い利益率です。

投資の達人に見える

投資初心者の方がご覧になると、神様のように崇めて株価予想情報を信じて売買する事でしょうね。本コンテンツは、管理人が偶然に気付いた真実について解説してみたいと思います。

(2015年6月30日公開)

達人のパフォーマンスの凄さを調べてみた!!

例えば上述の運用成績ランキング2位の戸松信博先生の過去3カ月の累積パフォーマンスは驚愕の+418%です。管理人が、この数字を見た時に腰を抜かしそうになりました。

勝率:54%(63勝52敗) パフォーマンス:+418.3%
※2015年6月27日時点の過去3カ月の成績情報

戸松信博のパフォーマンス

勝率がたったの54%で+400%って凄いわぁと単純に感動した管理人。で何となく過去の予想一覧を眺めていて、ある事に気づきました。

株価予想の開始日が同じ銘柄が大量にあるのが非常に疑問

まずは、下記をご覧くださいませ。

戸松信博の売買記録

あれ!? 5月1日を起点にする「 1カ月の株価予想」 が大量にある・・・大量にあるレベルが半端なく、50銘柄も同時に株価予想をしている訳です。

50銘柄も同時に株価予想するスタンスに、なんだか変だなという管理人の直観が働いて、詳細を細かく調べていく過程で判明した驚愕の事実。

それは、「 Yahoo!投資の達人が公表している累積パフォーマンスの数字のトリック」です。

凄まじい程の累積パフォーマンスは、初心者を著しく惑わせる表現となっている事が判明したのです!!

累積パフォーマンスを実際に確認してみた

Yahoo!投資の達人が公表している累積パフォーマンスについて再度説明しましょう。

累積パフォーマンスについて

引用:Yahoo!投資の達人より

驚愕の累積パフォーマンスは、過去3カ月の予想銘柄毎のパフォーマンスを足し合わせています。

例えば戸松信博先生の2015年6月27日時点で勝敗が判明している株価予想は、5月1日が最新のようです。つまり、ここから過去3カ月の売買結果の合計が累積パフォーマンスになる訳です。

3か月前は、2月1日ですね。2月1日以降の株価予想毎の合計になります。参考に確認してみましょう。

2月1日~5月1日の勝敗が判明している株価予想は、下記のようになっています。各銘柄の利益率を算出して、その利益率を単純に足し合わせます。

累積パフォーマンスの実態

お~ 確かに2月23日起点で考えると約3カ月で累積+400%の成績ですね!!

累積パフォーマンスの真実の姿

実は単純に各銘柄の利益率を足す累積パフォーマンスには、大きな落とし穴が存在します。累積パフォーマンスの意味を簡単に理解できるように、下記のような条件で考えてみましょう。

戸松大先生の予想
  ・基本的に1カ月間の見通し予測
  ・すべて同一日に予想開始


更に理解を促す為に下記の9銘柄を予測していると考えましょう。すべての取引の利益率は10%とします。

1.3月1日に1カ月間の株価予想を行い、全て勝利(当り)

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄1 1000 100 10
銘柄2 1000 100 10
銘柄3 1000 100 10

2.4月1日に1カ月間の株価予想を行い、全て勝利(当り)

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄4 1000 100 10
銘柄5 1000 100 10
銘柄6 1000 100 10

3.5月1日に1カ月間の株価予想を行い、全て勝利(当り)

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄7 1000 100 10
銘柄8 1000 100 10
銘柄9 1000 100 10

上記9銘柄の累積パフォーマンスは各銘柄の利益率を全部足した+90%になります。
(Yahoo!投資の達人の累積パフォーマンスはコレ。)

しかし、上記をその通りに信じて、取引したとしましょう。投資原資は3000円です。

1.3月1日の株価予想を信じて、資金を投入

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄1 1000 100 10
銘柄2 1000 100 10
銘柄3 1000 100 10

結果:投資原資3000円 利益300円 よって投資原資に対する利益率は10%

2.4月1日の株価予想を信じて、利益も追加した資金を再投入

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄4 1100 110 10
銘柄5 1100 110 10
銘柄6 1100 110 10

結果:
最初の投資原資3000円 利益合計630円 投資開始からトータルの利益率21%

3.5月1日の株価予想を信じて、利益も追加した資金を再投入

買値(円) 利益(円) 利益率(%)
銘柄7 1210 121 10
銘柄8 1210 121 10
銘柄9 1210 121 10

結果:
最初の投資原資3000円 利益合計993円 投資開始からトータルの利益率33%

つまり累積パフォーマンスは+90%ですが、株価予想を信じて実際に取引をしたら投資原資は+33%しか増えません。累積パフォーマンスと、我々が考えている利益率・パフォーマンスには天と地の差があるのです。

この結果を見ると累積パフォーマンスは、詐欺まがいと言っても言い過ぎではないかもしれないですね。

予想した銘柄を全て取引した場合の利益額を見て驚愕

もう一度、戸松大先生の累積パフォーマンスを見てみましょう。

勝率:54%(63勝52敗) パフォーマンス:+418.3%
※2015年6月27日時点の過去3カ月の成績情報

戸松信博のパフォーマンス

で仮に上記の過去3カ月の株価予想通りに本当に売買したら、どうなるのか???
※計算を簡単化する為に、1カ月のみの株価予想と比較します。


※参考情報
1カ月の株価予想:108銘柄(3月は28銘柄、4月は30銘柄、5月は50銘柄同時予想)
1日、1週間の株価予想:11銘柄

累積パフォーマンスの数字は+355%です。これをご覧になると、凄いと錯覚しますね!!

戸松信博の累積パフォーマンス

次に月毎の投資原資に対するパフォーマンスは下記のようになります。

戸松信博の現実の運用成績

上記と累積パフォーマンスを比較しただけで唖然としますね。

仮に再投資した場合の結果は下記のようになります。投資原資を3月に必要な83,361円とします。5月の投資資金が足りませんが、利益率だけで再投資結果を計算します。

戸松信博の現実の運用成績2戸松信博の成績は相当劣る

累積パフォーマンスでは+355%ですが、実際に売買すると+9.5%です。更に、ここから売買手数料が引かれますから、利益率は更に減ってしまいますね。

累積パフォーマンスに騙されてはいけない

累積パフォーマンスという表現は「文学的には間違いではない」ですが、「運用成績という数学的には非常に問題」です。

極論を言うと市場環境が良い時期に大量の銘柄の株価予想を行えば累積パフォーマンスは極端に上昇します。分配金の利回り操作や世の中のランキング操作のような香りが漂ってきますね。

ついでに言うと累積パフォーマンス上位の方の勝率は50%台です。

50%台は確率的にはほぼ半分で、つまり半分の確率であなたは負ける可能性がある事も考えるべきです。さらにそこから証券会社のコストの分だけ負けが込むことになる訳ですよ。

儲かる気がしませんね・笑

そもそも50銘柄も大量且つ同時に銘柄予想をされても一般市民は困る訳です。売買するとしても、数銘柄ではないですかね?

50銘柄の中から我々はどういう基準で、その中から数銘柄に絞り込めばよいのか、この部分を戸松さんに「予想」して絞り込んでいただけるとありがたいですね!!



Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!