木村佳子氏の実力は評判どおりなのか?

木村佳子氏による株価予想の評価

資産運用に強いエコノミストとしてご活躍中の木村佳子氏。公式ウェブサイトでプロフィールを見ると、経歴が非常に多く東証アカデミー・フェローにも就任しているようです。 まさしく投資の達人と言える経歴なのではないでしょうか?

木村佳子氏の画像

「木村佳子のマネープラン」から画像拝借


セミナーなど幅広くご活躍しており、株価予想情報も提供しているようです。カレンダー投資法、オートマリッチ投資法など独自の投資理論をお持ちのようですね。当サイトで、どのような具体的な投資スタンスを確認したいと思います。

(2015年7月20日公開)

木村佳子氏の具体的な運用成績

木村佳子氏は「Yahoo!投資の達人」でも株価予想情報を提供しています。過去3カ月のパフォーマンス、勝率情報が常に公開されていますので、運用実績を確認する事に致しましょう。

※下記は画像ですから、Twitter、Facebook、公式ブログボタンをクリックしてもリンク先には飛びません。

木村佳子氏の実績情報

Yahoo!投資の達人より



実績を確認すると、下記のような勝率・パフォーマンスのようです。
勝率:57%(4勝3敗)
パフォーマンス:+2.9%

株価予想の時間軸を見ると、1日、1週間、1カ月と幅広い見通しが出来るみたいですね。勝率の方ですが57%ですから高い的中率とは思えない水準です。だいたい2回に1回は株価予想が外れる確率と思って頂ければ良いかと思います。

株価予想の結果を調べて感じた投資スタンス

次に具体的な投資タイミングや売買推奨する際の投資判断理由について確認してみましょう。株価予想記事を見ると、どのようなスタンスで情報提供しているか良く分かるものです。

今回は、3銘柄程の株価予想情報を元に管理人が感じた事を記載したいと思います。

まずは川崎重工業(7012)の株価予想を見てみましょう。株価予想の内容を確認した所、1カ月程度の短期売買であるのに業績情報を元に推奨している点が気になりました。

長期的には業績情報は重要なファクターになるかと思いますが、短期の値動きは様々な要因が絡んでくるためにチャート重視の分析も必要だと感じました。

翻訳センター(2483)の株価予想では、更に短期売買である5日の予想です。こちらも業績が堅調な事や高配当である事を理由に「買」推奨しています。

超短期決戦の勝負に業績情報を利用するのは恐ろしく管理人には出来ないです。

シュッピン(3179)の株価予想でも、これまで同様に業績期待を元に売買推奨をされています。抵抗線を抜けて高値更新をし始めているポイントでの売買であり、5日程度の超短期売買です。

チャート情報を活用していない点に問題を感じますが、それよりもロスカット水準を提示していない事が非常に大きな問題です。高い水準で購入しているので、急落した場合の損失は馬鹿になりません。

株価予想の記事を見てみると、ファンダメンタルズ分析がお得意のようです。ただし長期的な投資手法を短期売買にも適用している点には問題を感じてしまいます。

短期投資と長期投資の投資判断方法は、まったく違いますからね。 更に日本信号(6741)の予想記事などでは、最終的に売買するタイミング自体を初心者の投資家の方に委ねているようです。

株価予想をするのであれば、具体的な投資タイミング、損切りタイミングまで提示して頂きたいものです。 やはり株価予想のようなものに頼らずに自分自身の投資技術、知識を養う方が良いでしょう。

株式投資を末永く楽しみながら続けるために、ご自身の性格に合った方法を採用する事をお勧め致します。

株価予想・見通し推測された国内株式銘柄一覧

関連するコンテンツ一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!