証券会社の選び方

当サイト「一押し」の証券会社は、これだ!!

国内株式の取引を始めようと思った時、最初に悩むであろう事が証券会社選びです。本コンテンツでは、様々な視点から各ネット専用証券会社の特徴を説明します。

特に管理人が口座開設をした方が良いと思える証券会社も提案しますが、最終的にメリットがあると感じた口座を開設すれば良いでしょう。

魅力ある証券会社


基本的に口座開設、口座維持は無料ですから、気になったら取りあえず資料請求して開設するスタンスをお勧めします。

(2016年4月6日公開)

代表的な証券会社の特徴

代表的な証券会社と、その特徴の一覧を下記に記載しています。管理人が国内取引を行う場合は、SBI証券とカブドットコム証券をメインに利用中です。


証券会社名 特徴
SBI証券 誰もが満足する人気No1で、バランスの良い証券会社。
現物、信用取引手数料、すべてが安い。
管理人利用
SMBC日興証券 1万円で取引できる「キンカブサービス」、信用取引が常に無料と、魅力が満載。
カブドットコム証券 安心の三菱系。多彩な自動売買注文が魅力。手数料無料のフリーETFと株主優待のタダ取り裏技に強み。管理人利用
フィデリティ証券 100万円以上の現物取引手数料で、他社を圧倒する安さを実現。投資信託を保有している人には、多数の優遇あり。
ライブスター証券 1回あたりの売買手数料は、現物・信用取引ともに、業界最安値。さらに信用取引は、300万円以上から無料。IPOの取り扱いがスタート
GMOクリック証券 1日あたりの売買手数料は、現物・信用取引ともに業界最安値水準。信用取引が、500万円以上からは無料。
楽天証券 SBI証券と並ぶ人気証券会社。楽天グループを利用する方は必須。デイトレ時には片道手数料が無料化。管理人利用
マネックス証券 チャートの形で銘柄検索が可能。自動売買注文も強力。
デイトレ時には片道手数料が無料化。管理人利用
松井証券 10万円以下の売買手数料が常に無料。投資初心者の人が、少額から始めるのであれば開設したい。
マネーパートナーズ 売却手数料が常に無料なので、30万円以下の売買手数料が非常に安い。
岡三オンライン証券 現物取引・信用取引の売買手数料は、バランスよくお安い。
大和証券 売買手数料が高すぎて、お話しにならない。

国内株式の取引を行う場合、もしも悩んだらSBI証券の口座開設だけで、とりあえずはOKです。詳しくは後述しますが、サブ口座としてカブドットコム証券、SMBC日興証券を保有しておくと超絶なメリットのある取引サービスが利用できますから、お薦めです。

いずれにしろ、目的によって利用するべき証券会社は異なります。ご自身の用途にぴったりと合った証券会社を探したい場合は、まずは下記の関連ページからご検討なさると良いでしょう。

コスト(売買手数料)を最優先に考えている人にベストな証券会社は??

徹底的に不要な手数料を支払いたくない人は、コストだけに着目して最安値な証券会社を選べば良いでしょう。特に投資金額が増えてくると、売買手数料が利益に与える影響が大きくなりますからね。

どの資金水準でも総合的に安い証券会社か、特定の価格帯で強みを発揮している証券会社で選ぶと良いと思います。

1日に1回だけ現物株取引をする初心者の方向けのコストを、徹底的に比較

ウェブサイトの直感的な使い易さを最優先にしている人に適した証券会社は??

各証券会社のウェブサイトを見て頂くと良く分かると思いますが、情報が多すぎて知りたい事を調べるのが大変だったりします。そもそもウェブサイト自体が分かりづらい場合は、株式の取引画面の操作すらセンスが無い証券会社も存在します。

そこでユーザーの事を考えて、直感的に分かり易いシステムを提供している証券会社を選んでストレスない投資生活が過ごせるような視点で選ぶのも一つの考え方です。

直感的な使いやすさで選ぶページは、こちら

投資情報が豊富で、各種ツールの便利さを追求している人向けの証券会社は??

各証券会社は、他社との差別化を図るためにコストである売買手数料以外の部分でも独自色を全面に出して競い合っています。

コストである売買手数料水準も重要ですが、証券会社が提供している便利な情報や検索ツール、自動売買(注文)機能など総合的に利益を効率よく底上げできるようなものを提供しています。

コスト(売買手数料)以外の部分で投資成果を向上させたいと思う場合には、投資情報・ツール等で証券会社を選ぶと良いかと思います。

投資情報で選ぶページは、コチラ

投資の初心者が確実に利益を出す為に、当サイトが必須だと思う証券会社

当サイトが投資初心者にベストだと考える証券会社は、SBI証券、カブドットコム証券、SMBC日興証券、これら3社は外せません。投資を始める方は、売買手数料に着目して証券会社を選びがちですが、利益を出せなければ意味がありません。

経験を積んで洗練された投資家になるまでは、冷静な投資判断ができる環境を作れるか?これが肝になります。徹底的に不安になる要素は排除したいですよね。

コストだけでは無くて、これから投資を始める方に最も強力なツール・環境・取引サービスを提供していると思う証券会社を選んでいます。

もちろんコストを最優先の人は、上述のリンク先から比較表をよく見て頂いて、最も安い証券会社を選べば良いでしょう。



  •  SBI証券

    ネット証券を利用して株式投資をしたい人は、まず口座開設をするべき証券会社。幅広い資産運用商品にも対応しており、投資初心者の強い味方と言える。

    人気・口座開設数が共にNo1であり、現物・信用取引の売買コストも業界最安値水準を維持している。特に安定したシステム面に定評があり、不安なく売買できるでしょう。

    非常にバランスが良く、証券会社選びに困ったら一番に口座開設しよう。

    SBI証券の口座開設はコチラ



  •  SMBC日興証券

    信用取引の売買手数料を、常に無料にする驚きのサービスを提供しているSMBC日興証券も保有するべき証券会社のひとつ。少額の現物取引も、他社に劣らぬ手数料水準を維持している。当サイトでお勧めしている株取引サービスである「キンカブ」は超絶メリットあり。

    ⇒参考:最強!キンカブで1万円で株式投資&配当金ゲット

    多額の資金が必要な銘柄を1万円から取引ができるため、投資初心者の人にとっては、積極的に利用するべきだろう。不安すくなく、冷静な投資判断ができる環境は、ものすごく重要です。

    SMBC日興証券の口座開設はコチラ



  •  カブドットコム証券

    カブドットコム証券の独自サービスである「フリーETF」は、投資初心者にとっては非常に魅力的。売買手数料が常に無料であり、利益を手堅く得たい人は活用するべき。詳しくは下記コンテンツを熟読しよう。

    ⇒参考:ETFを使うと、だれでもほぼ確実に好成績を収められる相場がある

    さらに少額の現物・信用取引であれば業界最安値水準を維持しており、株主優待をノーリスクでタダ取りする裏ワザを活用したい場合にも、威力を発揮する証券会社。

    参考:株式相場のリスクを無視して、安全に株主優待を獲得できる驚きの戦略

    口座開設しておいて、後悔することは決してない。おすすめ。

    カブドットコム証券の口座開設はコチラ



  •  フィデリティ証券

    フィデリティ証券は、投資信託の販売に強みがある証券会社。もしも1,000万円以上の投資信託を保有していれば、株式投資の売買手数料が驚くほど安くなる。どんな取引金額でも500円で良いので、100万円以上の株取引をしたい時に超絶強力。他社が太刀打ちできない圧倒的な安さを実現しており、隠れた魅力を利用したい。

    フィデリティ証券の口座開設はコチラ




Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!