マネックス証券会社のメリットについて解説

管理人によるマネックス証券の評価・解説

ネット証券の中で、かなり多彩で面白いサービスを提供し続けているのがマネックス証券です。売買手数料も魅力的ですが、取引ツール、検索ツールなど他社にない特色のある機能を多数提供しており、口座を保有しておいて損はしないネット専業証券会社でしょう。

マネックス証券会社の魅力

しかも海外の証券会社のM&Aなどにも積極的に取り組んでいます。米国に拠点がある「TradeStation」や香港の「BOOM証券」などネット専用証券としては、積極的です。

売買ツールの改良や海外株を便利に投資できるようになると思いますから、今後の発展にますます期待が出来る証券会社ですね。

マネックス証券会社の魅力

(2015年6月21日公開)

入出金時の手数料が多くの銀行で無料化

マネックス証券の特徴の一つは、証券口座への資金の出し入れ(入出金)作業に必要な料金を基本的にマネックス証券側が負担しています。つまり無料で資金の出し入れが出来るという事です。

マネックス証券会社の入出金システム

特に、無料化対象の銀行が下記のように非常に多いのが特徴的です。ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、ソニー銀行、楽天銀行など超大手の銀行からネット専用銀行まで幅広く手数料無料対象の銀行がある点は使い勝手が良いと感じます。

マネックス証券会社の入出金システム2

売買手数料の水準も格安で魅力あり

マネックス証券の売買手数料体系の中で、最も特徴的なのが10万円以下の取引は1注文あたり100円で良いという点です。

少額の取引から始めたくて、コストを最重視するのであればマネックス証券の口座開設は必須です。

マネックス証券会社の売買手数料

1注文約定金額別の売買手数料水準を見ると、50万円以下の少額取引であれば間違いなくマネックス証券は格安です。投資初心者の方の導入的な証券会社としてご利用なさるのもお勧めできますね。

マネックス証券会社の売買手数料2

投資情報・検索ツールが非常に豊富

マネックス証券は、口座開設すると無料で利用できる投資情報・検索ツールが非常に豊富です。会社四季報のデータを無料で廻覧できる事を始め、下記のように豊富なレポートを無料で廻覧する事が出来ます。

・広木隆のストラテジーレポート(日本株)
・金山敏之の投資のヒント(日本株)
・J.P.モルガン・アナリストレポート(日本株)
・決算&業績予想(日本株)
・マーケットメール 朝刊/夕刊 (日本株)


多くの情報を廻覧したいのであれば、マネックス証券の無料情報を有効活用すると良いかと思います。

なお管理人が個人的に面白い・有効活用できると思った特殊ツールとして「チャートフォリオ」はお勧めです。25通りのチャートの形で個別銘柄の検索が出来ますから、テクニカル分析的に投資しやすい銘柄を探すのに有効だなと思います。

チャートフォリオ

マネックス証券の口座開設はコチラ


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!