管理人の運用成績を公開

管理人の運用成績を公開します!!

本ページでは、当サイト管理人の運用成績を公開します。管理人が株式投資を始めたのが2009年頃です。当時は数十万円程度の投資資金から運用を開始して、もの凄くドキドキしながら投資した記憶が鮮明に残っています。

様々な手法を試しながら、ようやく利益が出せるようになってきました。現在までの成績は、下記のようになっています。

※管理人が主に利用している証券会社は、SBI証券です。

年度 種別 最終損益
(円)
年間合計
損益
(円)
2009年 国内株取引 324,163 324,163
2010年 国内株取引 9,831 56,198
国内(配当金) 46,367
2011年 国内株取引 -684,133 -659,533
国内(配当金) 24,600
2012年 国内株取引 -171,409 -146,909
国内(配当金) 24,500
2013年 国内株取引 818,363 838,133
国内(配当金) 19,770
2014年 国内株取引 538,042 1,417,755
国内(配当金) 1,594
外国株取引 862,562
外国(配当金) 15,557
2015年 国内株取引 28,811 829,712
外国株取引 795,512
外国(配当金) 5,389
2016年 国内株取引 778,708 527,183
国内(配当金) 31,000
外国株取引 -287,745
外国(配当金) 5,220
2017年
(5月)
国内株取引 767,121 782,121
国内(配当金) 15、000


実は、スイングトレードのような短期売買にも挑戦しているのですが、トータルでは利益にならず、本当に一握りの人しか生き残れない世界だと痛感しています。

利益が出るのは、やはり中長期目線の投資(うねり取り投資)です。当サイトで紹介しているように、暴落時の安値付近でのみ勝負をする投資スタンスが、大きな利益に繋がります。

(2017年7月29日 更新)

国内株式・海外株式を利用した運用成績

●海外証券口座の成績まとめ

海外証券口座に関する事や海外株式の取引・運用成績についての、まとめコンテンツです。参考になさって下さい。

※ 下記リンクをクリックすると、共同運営の別サイトへ移動します。


アメリカの証券会社を口座開設・使いにくいぞ
海外の証券会社の確定申告が超シンドイ体験談
ETFを利用したポジショントレードの成績
米国証券口座を利用した取引結果(2014年度)
海外証券会社を解約して国内証券会社に一本化&通算成績(~2016年度の通算成績)


●国内証券口座の月別成績まとめ

外国株での赤字を帳消しする利益を宇徳で実現した2016年10月の成績
2016年11月の成績・目標株価に到達して北川鉄工所を売却
2016年12月の運用状況。ソフトウェア・サービスを売却して、利益を上積み。

上場インデックスファンド中国A株とTBKを売却。利益38万円!!2017年1月の成績
川崎設備工業が急上昇!!売却して利益確定。2017年2月の成績
駒井ハルテックと宇徳を売却して利益確保。2017年3月の成績
三井倉庫ホールディングスを利確。2017年5月の成績
配当金を獲得。2017年7月時点の年間損益状況


●年度別の通算成績まとめ

2016年度の通算成績。国内株式の利益が貢献して、年間プラスを達成



スイングトレードのような短期売買では、利益を出す事が難しすぎる

実は多くの株価予想では、5日程度の保有で売買が完結するスイングトレードのような短期売買を推奨するものが非常に多いです。

実際に管理人も、スイングトレードの技術を習得しようと挑戦しているのですが、多額のお金を溶かすばかり・・・では参考に管理人の売買状況を解説します。

管理人が短期売買を試みる場合は、流動性が一番大切だと考えています。ですから日経平均株価指数に連動する日経225連動型上場投資信託(1321)や、レバレッジ2倍のNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)を利用して、挑戦しています。

例えば1321を利用した2014年頃のスイングトレードは、下記のように勝ったり、負けたりを繰り返しています。それでもトータルでは利益になっていました。

スイングトレードの結果


で2015年度からは、おバカなことに、レバレッジ2倍の1570を利用した短期売買を繰り返して、無残な結果に陥りました。ええ、相当なお金を溶かしましたよ・・・

スイングトレードの負けた結果


これらの経験からも、そもそも予想屋が推奨する売買情報をもとに、短期取引をおこなって利益を出すのは相当に難しいというか、無理だと断言したいです。



中長期目線で投資すると、株価予想よりも堅実且つ、高い利益率が達成できる

では当サイトで紹介している中長期目線の投資について売買結果を見てみましょう。

北川鉄工所の保有期間は、21日で利益率が31%


北川鉄工所(6317)の売買チャート


北川鉄工所(6317)は、大暴落後の反転上昇を狙って購入しました。株を購入後に、想定通り、株価が猛烈に上昇したので、無理せず、短期間で売却しています。保有期間が21日間で、利益率が31%です。

北川鉄工所(6317)の売買履歴

宇徳の保有期間は、2か月で利益率が42%


宇徳(9358)の売買チャート


宇徳(9358)も、大暴落後に訪れるであろう株価の上昇を狙って購入です。半年程度の保有を覚悟していましたが、2か月後に、株価が大幅上昇した為に、売却です。保有期間が2か月で、利益率が42%です。

宇徳(9358)の売買履歴

ソフトウェア・サービスの保有期間は、2.5か月で利益率が17.5%


ソフトウェア・サービス(3733)の売買チャート


ソフトウェア・サービス(3733)は、上昇トレンド中の調整・押し目後の再上昇を狙って購入しています。。この取引は、我慢ができず、早めに売却してしまいました。保有期間が2.5か月で、利益率が17.5%となりました。。

ソフトウェア・サービス(3733)の売買履歴

津田駒工業の保有期間は、3か月強で利益率が19%


津田駒工業(6217)の売買チャート


津田駒工業(6217)は、Box相場の値動きになっていますから、底値園付近で購入して、天井園付近で売却しています。上記の取引例だと、利益率が19%で、保有期間は3か月強です。

津田駒工業(6217)の売買履歴

北川鉄工所の保有期間は、3か月で利益率が17%


北川鉄工所 (6317)の売買チャート


次に北川鉄工所(6317)は、上昇トレンド時の暴落を狙って購入しています。チャートを見ると、結果的に大幅上昇していますが、そんな将来は分かる訳がなく昨年の高値近辺で利益確定の売却を行っています。保有期間が3か月で、利益率が17%です。

北川鉄工所 (6317)の売買履歴

東洋精糖(2107)の保有期間は、6日間で利益率が11%


東洋精糖(2107)の売買チャート


東洋精糖(2107)は、例年繰り返して急激に株価が上昇する傾向が、非常に強いです。底値園近辺で予め購入して、上がるのを待つ投資戦略です。想定より早く株価の上昇が始まり、慌てて売却しました。6日間の保有で利益率は11%です。

東洋精糖(2107)の売買履歴

駒井ハルテックの保有期間は、17日間で利益率が22%


駒井ハルテック (5915)の売買チャート


最後に駒井ハルテック (5915)です。上昇トレンド中の暴落を狙って買い付けました。こちらも、想定よりも早く株価の上昇が始まり、昨年の高値付近まで急激に上昇したので、天井付近で売却しました。保有期間は17日間で、利益率が22%です。

駒井ハルテック (5915)の売買履歴


長々と解説させて頂きましたが、中長期投資だと利益が出るのですが、予想屋がやるような短期トレードは、なかなか成果を出しにくいというと事です。世の中の金融関係者が提供するような情報に振り回されずに、自分自身の投資判断で手堅く利益を積み上げたいものです。



Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!