All Aboutの推奨株主優待銘柄の評価・2015年5月版

高水準の利回りを叩き出す株主優待銘柄には注意しよう

表面的な利回りが18%を超える株主優待銘柄をご紹介なさっているAll Aboutの金融関連のウェブサイトを見ると、非常にワクワクしてきます。

All aboutの推奨株主優待銘柄2015年5月権利確定

参考:All About の株主優待情報より


ですが利回り水準が異様に高すぎて、何か裏があるのではないのか?と疑ってしまいますよね。当サイトの管理人が、本当に価値がある株主優待銘柄であるのか具体的に中身を確認してみましょう。

(2015年8月4日公開)

奥様に喜ばれる株主優待を提供するアイケイ(2722)

第3位の推奨株主優待銘柄であるアイケイは、配当金と株主優待の総利回りが4.7%相当になります。必要な投資資金は10万円程度ですね。

アイケイの株主優待

株主優待は、「3000円相当の和風だし(32袋)」になります。少々リッチな感じが致しますが、日常生活で食卓に並ぶ食事のグレードが上がると思えば悪くない株主優待かと思います。食べ物系の株主優待は、王道に近い商品ですね。

項目 内容 備考
銘柄名(銘柄コード) アイケイ(2722)
予想配当 +
予想優待売却利回り
4.7% 2015/3/20時点で
1,018円で購入した場合
優待サービスが
不要な場合の利回り
(配当のみ)
1.7% 1株当り18円
優待内容 3,000円相当の自社商品
(食品・雑貨等)
100株以上

ハニーズ(2792)の株主優待は、女性にはメリットがありそうだ

配当金と株主優待の合計利回りが5.7%相当になるハニーズは、推奨銘柄として2位にランクインしています。

ハニーズの株主優待

10万円相当の投資に対して、3000円相当の株主優待券を獲得する事が可能です。女性向けのカジュアルな衣類を販売しており、ブランドを気に入っている女性であれば活用するメリットはあるかと思います。

項目 内容 備考
銘柄名(銘柄コード) ハニーズ(2792)
予想配当 +
予想優待売却利回り
5.7% 2015/3/20時点で
1,053円で購入した場合
優待サービスが
不要な場合の利回り
(配当のみ)
2.8% 1株当り30円
優待内容 自社商品引換券
(3000円相当)
100株以上

実際にハニーズが展開しているブランドの商品は、比較的にリーズナブルな価格帯になっているようです。普段からハニーズ関連のブランドで定期的にお買い物をされている御方にとっては価値ある投資になりそうです。

ハニーズが展開しているブランド

ただし万人向けの銘柄では無く、特定の一部の方以外では魅力的には映らないと思います。

ネクス(6634)の株主優待は、散財する覚悟で利用せよ

All Aboutで推奨株主優待銘柄の第一位であるネクスの配当金+株主優待の総利回りは、驚きの18.6%です。株式セクターの長期的な年率パフォーマンスが7%程度と言われている中で、非常に高水準でお得感が満載です。

ですが結論から述べると多額の出費をしなければ株主優待サービスを受ける事が出来ず、何のために資金を投じたのか意味が分からなくなる残念な銘柄です。

項目 内容 備考
銘柄名(銘柄コード) ネクス(6634)
予想配当 +
予想優待売却利回り
18.6% ※ 2015/3/20時点で
1,076円で購入した場合
優待サービスが
不要な場合の利回り
(配当のみ)
0% 1株当り0円
優待内容 自社グループ会社手配旅行費用割引(国内5000円、海外1万円) 100株以上

※ 海外旅行に年間2回行くことで、2万円相当の割引をされた事を想定


ネクスの株主優待サービスは、下記のようなウェブサイトで10万円以上のツアーを予約せねばならない為に散財する覚悟で株主優待割引券を利用する必要があります。

ネクスの株主優待サービス

家計を助けるために株主優待銘柄に資金を投じたのに、多額の出費を必要とするのであれば本末転倒と言えるかと。頻繁に高額な旅行に出かけるお方以外にはメリットは皆無と言って良いでしょう。

株主優待の表面的な利回りに、惑わされてはいけない

All aboutで積極的に推薦されている株主優待銘柄で、非常に高水準の利回りが実現できる株主優待銘柄を良く見かける事があります。

高利回り株主優待銘柄は、基本的に多額の出費(散財するって事)を伴うような株主優待サービスが多い為に、家計が潤うというよりも、むしろ不要な出費が重なってしまう事になります。

更に優待サービスを利用しない場合の配当利回りの水準は低くなりがちですから、表面的な数字に惑わされないように致しましょう。

銘柄名 配当+優待
利回り
配当のみ
1位 ネクス(6634) 18.6% 0%
2位 ハニーズ(2792) 5.7% 2.8%
3位 アイケイ(2722) 4.7% 1.7%

またアイケイが提供するような食品系の株主優待だから永久保有しよう。株価なんて、どうでも良いとお考えになられる事も危険を伴います。

株主優待のサービスが突然改悪される事は多々ありますし、企業が倒産すると株券は紙くずになって最終的に大損する事にもなりかねません。

参考コラム:株主優待銘柄を長期保有して痛い目にあった事例

株主優待銘柄に投資する前に、本当に価値がある銘柄なのか?じっくりとご検討なさってから、投資する事を強くお勧め致します。

関連するコンテンツ一覧

Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!