三井倉庫ホールディングスの株価予想は当たるのか?

三井倉庫ホールディングスの株価予想を評価・解説

価格3倍のバブル以降、株価の下落が続く三井倉庫ホールディングス。不安になり株価予想を探しても、下落が続く中で買い推奨され、含み損が増えるだけでしょう。

投資情報を探す限り予想屋のカモになるので、資金を増やす事は不可能です。むしろ投資に手を出さない方が無難です。本当に儲かる投資チャンスとは、あなたのようなカモ投資家が保有株を投げ売る時なのですから。

三井倉庫ホールディングス

三井倉庫ホールディングスで儲けるポイント
  • 例年、12月頃に底値園を形成する傾向が強く、買い場の時期が分かりやすい
  • ただし株価数倍のバブル後は、下落が落ち着くまで手を出さない方が良い
  • 長期下落トレンド時で利益を出すのは難しく、トレンドの転換を待ちたい
  • 株価予想を信じると、想定外の値動き時に、甚大な損失を出す可能性が高い

欲望を抑え、無理をしない事が大切。資金を守る事が優先

(2016年9月17日公開)

購入後のアドバイスが一切なく、甚大な損失を出す事になった事例

管理人は世の中の株価予想を、信じていません。特に保有期間の明記が無い予想情報には、注意が必要です。株価の下落が続いても、株価予想を信じて保有を続けるので、資産が半分になったりしますからね。

そんな予想屋の情報に頼らず、年1回訪れる買い場を上手に活用した方が利益になる可能性が高いです。まずは株価予想の問題点について見ていきましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
株経通信 ありません 2014/7/29から1か月間 買:外れ ▲2万円
(45万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +40万円
(25万円)


株経通信の買い予想が外れて、損失が2万円

株経通信の株価予想


では株経通信の株価予想を見てみます。15年度の営業利益を前期比2倍と野心的な目標を掲げて注目を集め、3日連続株価が上昇した事から「買」推奨です。仮に1か月保有した場合、予想が外れ45万円の投資に対して、損失が2万円となりました。

予想記事を読んでいて特に問題だと感じたのは、保有期間を明記していない点です。想定外の値動きをした時に、どんな対応をするべきなのか記載が一切ありません。

もしも予想記事を信じて保有を続けていたら、1年後に株価が半分程度にまで落ち込んでいましたからね。45万円の資金を投じていれば、20万円近くの損失をだしていますからね、本当に恐ろしいです。

仮に業績堅調で利益が出ても、株価が下がる時は下がります。臨機応変な対応が必要になるので他人に投資判断を任せていると資金を溶かす可能性の方が高いと思います。

三井倉庫ホールディングスの株価予想チャート


正直言いまして、株式投資の勉強等の努力をする気がないのであれば、投資に手を出すべきでないです。損失を出して高い授業料を支払っても、その経験を生かさないと意味がないですからね。

それでも楽をして儲けたいと思うから、世の中の金融関係者のカモになって資金を失う事になるのです。初心者の誰もが、簡単に儲ける方法なんて無いですし、懐が潤うのは予想屋だけです。

三井倉庫ホールディングスに関する予想屋の発言


もしも他人に投資判断を任せず、株式投資で利益を出す事に挑戦したいのであれば、年1回訪れるバーゲンセールを狙う「待ち伏せ売買」がおススメです。

一般投資家とは逆の投資行動を取る事が大切ですし、そもそもカモ投資家達が保有株を投げ売る時が、儲かるチャンスですから。

ただ暴落したからと買い向かう行為はリスキーですので、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの手法を組み合させると良いでしょう。



下落トレンドからボックス相場に転換。買い場を探すスタンスか。

大手倉庫企業の三井倉庫ホールディングスは、倉庫、港湾運送、グローバルフロー、グローパルエクスプレス、ロジスティクスシステム、BPO、サプライチェーンショリューション、トランスポートネットワーク、不動産の合計9事業が収益源です。

競合する倉庫企業の三菱倉庫住友倉庫と比較すると多角化が凄いです。ただし主力は、6%程度の売上しかない不動産事業が5割以上の利益を稼いでいます。

不動産事業の利益率は50%を超えていますが、他の事業がさえない状況です。三井倉庫ホールディングスとして利益率が2%を切ってますからね。なお海外へ積極的に投資を続けていますが、現時点での海外売上比率は30%以下です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 三井倉庫ホールディングス(9302)
上場市場 東証1部
業種 倉庫・運輸関連業
株価 314円
単元株数と最低購入単価 1,000株:31万4,000円
時価総額 390億円
資本金 111億円
発行済株式数 1億2,441万株
浮動株数 3,197万株
利益剰余金 388億円
有利子負債 1,607億円
保有者比率 外国 18.0%
浮動株 25.7%
投信 4.7%
特定株 35.6%

では三井倉庫ホールディングスの業績推移を見てみましょう。売上高の増加に対して、利益の減少が激しいです。本業の儲けが減少した上に、多額の利息の支払いや、金融取引の損失など営業外の損失も大きいです。利息の支払いで、営業利益の3割程度を持っていくことを考慮すると、借金の負担は馬鹿にならないですね。

三井倉庫ホールディングスの業績


次に倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移もチェックしてみましょう。多少の増減はありますが、本業からの現金収入(営業CF)は、プラスで推移しています。これは良い事です。

ただし本業で稼ぐ現金以上の投資を続けている(投資CFがマイナス)ので、資金調達を行っており、財務CFがプラスで推移している事が多いですね。

借金が増えると利息の支払いが増加して、利益を食いつぶしてしまいます。投資が失敗するとダメージが大きくなりますからね。現時点の資金繰りとしては問題ないと思いますが、今後の業績に注目したいです。

三井倉庫ホールディングスのキャッシュフロー


投資の判断材料になるので、三井倉庫ホールディングスの過去チャートも見てみましょうか。日々の値動きに一喜一憂せずに、1年単位の株価の流れに上手に乗り、利益を狙う姿勢が重要です。

例えば2009年まで遡った下記チャートをご覧ください。毎年、12月頃に底値園を形成後、株価の上昇が再開しています。つまり年末頃に買い場となるバーゲンセールが訪れるので、そのチャンスを忍耐強く待つ姿勢で、銘柄の監視を行えば良いという事です。

できるだけ株価の値動きがイメージしやすい銘柄を使って売買する事が、利益を安定的に出すコツとなります。 もう一つ、長期の株価下落が続く銘柄は避けた方が無難です。株価が停滞するボックス相場か、上昇トレンドを形成している銘柄を活用しましょう。

三井倉庫ホールディングスの過去のチャート


具体的に直近のチャートを見て、投資判断を考えてみます。株価のトレンドを調べると、価格が3倍近くに上昇しており、このバブル後は、株価の下落が続いています。猛烈に株価が急上昇した銘柄には、しばらく手を出さない方が無難です。

ただし、半年の値動きを見ると下落トレンドから転換しつつあるようです。緑矢印の支持線が抵抗となる雰囲気がありますから、そろそろ買い場を模索しても良いでしょう。

無理をする必要は無いのですが、年末頃を目安に投資チャンスを探す戦略になります。
基本、下落トレンド状況下では手を出さず、上昇トレンドかボックス相場に転換した事を確認して買い場を探しましょう。

仮に上述の戦略を採用して2010年11月頃(250円)に購入し、半年後の2011年5月頃(650円)に売却すると、25万円の投資に対して利益が40万円となり利益率が160%に達しました。

最高のタイミングで株を買う事ができれば、年1回の取引でも多額の利益を獲得できます。短期取引と違い、数日程度の売買タイミングのミスがあっても利益を得る事ができるので、中長期投資はお勧めです。

三井倉庫ホールディングスの売買チャンス


最後に三井倉庫ホールディングスと日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。注目するポイントとしては、市場全体(日経平均)が上昇している時でも、三井倉庫ホールディングスの株価は下落を続けたという点です。

ほとんどの株が上がる大相場時であっても、保有する銘柄の株価だけが上昇しない事が、個別株のリスクですね。もしも、このリスクを回避したい場合は日経平均株価指数と同じ値動きをする銘柄であるETFを利用して売買する戦略もおススメします。

三井倉庫ホールディングスのチャートと日経平均株価指数を比較 紺色線:三井倉庫ホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数



2016年9月時点で管理人がチェックした倉庫・運輸関連業銘柄

三菱倉庫の評価・感想
住友倉庫の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

三井倉庫ホールディングスの売買をする場合にお勧めの証券会社

三井倉庫ホールディングスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!