ANAホールディングスの株を買うべきか?

今のANAの株価水準では、リスクが高いので投資チャンスを待つべき

総輸送旅客数で世界15位の全日本空輸の航空事業が好調で、今期業績は過去最高を更新見込み。前年比で営業利益が30%増えそうで、とても好調です。

ただ株価水準が超割高のため、今から参入するのは遅すぎると感じる困った状況です。

ANAホールディングス

ANAホールディングスのポイント
  • 今期業績は、過去最高を更新見込み。とても好調。特に主力事業が順調。
  • ここ数年で収益性が改善。今期の利益率は、10%台に到達。
  • 今期当初の業績予想に対して、売上・営業利益・当期純利益が上方修正。
  • ただし株価は、超割高な水準。今、購入してもリスクの割には、儲からない。

(2017年11月5日更新)

ANAホールディングスは、総輸送旅客数で世界15位の航空会社

ANAホールディングスは、航空・航空関連・旅行・商社事業の4部門が収益源です。総輸送旅客数(国際線含む)で世界15位の航空事業が、主力です。

・航空事業・・全日本空輸・エアージャパンや、LCCのバニラ・エアで事業展開。
・航空関連事業・・空港の地上支援、航空機の整備、貨物・物流、ケータリングなど。
・旅行事業・・・個人・法人向けのチケット販売。パッケージ商品等の企画・販売。
・商社事業・・航空機のリース・機内サービスや、空港売店の運営。

ANAホールディングスの事業内容


売上の7割以上を航空事業が占めます。ただし世界経済が悪化すれば、ビジネスマン・一般旅行者の利用が減るので、その際は業績が悪化するでしょう。景気の影響を受けやすい会社です。

ANAホールディングスの売上比率



過去4年の業績は好調で、主力事業の国際線旅客収入が伸びている

ただ世界的な好景気を追い風に、ここ数年のANAホールディングスの業績は好調です。重要な投資指標となる売上高・営業利益・1株当たり当期純利益は、増え続けていますので、とても良い経営状況だと思います。

ANAホールディングスの過去の売上高・営業利益、1株当たり当期純利益の推移


特に主力の航空事業は、好調を維持しています。日本への外国観光客が増え、国際線旅客の収入が増え続けており、利益にとても貢献しています。

ANAホールディングスの国際線旅客推移



今期ANAホールディングスの業績好調で、特に利益率の改善に注目

今期のANAホールディングスの業績は、過去最高を更新し、とても好調です。主力の航空事業が堅調に推移し、営業利益が上半期で初めて1,000億円を超えています。

特に注目は、儲かっている会社の基準となる営業利益率の推移です。利益率が毎年上がり、ついに10%を超えてきました。売上が増え、利益率も向上しているので、確実に経営体質が改善しています。

ANAホールディングスの今期業績


そのうえ当初の年間業績予想に対して、売上・営業利益・当期純利益を上方修正しており、商売がとても好調です。業績面では、なにも問題は見当たりませんね。

ANAホールディングスのチャートの年間業績予想



業績は良いが株価が割高なので、投資チャンスを待つスタンスか

さて業績は好調ですが、今のANAホールディングスの株価が、とても割高で困りますね。週足の株価トレンド線で株価の水準を調べると、下記チャートのように明らかに株価が高いからです。ですから今は、株を買わない判断となります。

では、いつ株を買うべきか。と言いますと、今後の暴落で上昇トレンド線付近まで価格が下落した時です。業績好調を維持する前提ですけどね。

そもそも過去5年のANAホールディングスの値動きを見てみると、株価の動きが予想しやすいと思います。年の後半(10~12月頃)は投資チャンスになる事が多いので、のんびりと待つスタンスで良いでしょう。

「うねり取り投資法」が機能しますので、最高のタイミングで株を買える可能性は高いです。

なお購入時には、30万円以上の資金が必要です。初心者の人は、リスクを減らすために少額取引ができるSMBC日興証券のキンカブサービスの活用をおススメします。

ANAホールディングスの購入時期


仮に買い場だった2016年10月頃に、100株2,800円で購入。その後、半年以上保有して、前回高値付近の3,500円で売却すれば、28万円の投資で、利益が7万円(利益率25%)となる取引になりましたね。



ANAホールディングスの概要

・企業名(銘柄コード):ANAホールディングス(9202)
・上場市場:東証1部
・業種:空運業
・最低購入単価(単元株数):44万2,800円(100株)
・時価総額:1兆4,213億円
・利益剰余金:3,649億円
・有利子負債:7,248億円



2017年11月時点で管理人がチェックした空運業銘柄

スターフライヤーの評価・感想
日本航空の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

ANAホールディングスの売買をする場合にお勧めの証券会社

ANAホールディングスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!