オリエントコーポレーションの株価予想は当たるのか?

オリエントコーポレーションの株価予想を評価・解説

保有するオリエントコーポレーションの動向が気になり株価予想を探していると思いますが、株価の先行きは誰にも分かりません。確実に儲かる投資情報なんて存在しませんから、情報に振り回されるだけです。

儲かるチャンスは、いつ?だと思いますか?それは連勝を続ける株価予想を探すカモ投資家が、恐怖で保有株を投げ売り、投資する気持ちが萎えた時なんですよ。まずは予想屋から卒業する事が先決ですね。

オリエントコーポレーション

オリエントコーポレーションで儲けるポイント
  • 底値園を形成する可能性が高い年末頃に、買い場を探すイメージか
  • Box相場が続き、年末前後に支持線まで株価が下がってきたらチャンス
  • 支持線を突き抜けると下落が続く可能性が高いので、必ず損切価格を決める事
  • 短期的な売買を推奨する投資情報を安易に信じるな。資金を溶かすだけだ

無理しない事、欲張らない事、チャンスを待つ事、これらが大切

(2016年8月21日公開)

予想屋の株価予想を頼りに売買する限り、資金を溶かす可能性の方が遥かに高い

多くの株価予想を精査してきましたが、ほとんどが短期的な売買を推奨するものばかりです。理由は簡単で株価予想が仕事であれば、頻繁に投資情報、売買情報を発信する必要があるからでしょう。それだけ安易に儲けたいと思っている人が多い事も問題なのですけどね。

正直、短期的な売買で利益を積み上げるのは難しいですし、仮に予想が当たっても儲けは僅かです。まさに「労多くして功少なし」。

実は短期的な売買を繰り返すよりも、中長期的な目線でチャンスを狙った方が遥かに利益を得る可能性が高いのですけどね。まずは株価予想の問題点を見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
小野山功 勝率:50%
(6勝6敗)
2016/4/4~8 買:外れ ▲0.8万円
(21万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 7万円
(17万円)

小野山功氏の買い予想が外れて、損失が8,000円

小野山功の株価予想

では小野山功氏の株価予想を見てみます。グレーゾーン金利撤廃による過払い金請求が減少し、利益押し上げ要因となり業績が改善して株価が上昇すると期待し「買」推奨しています。予想が外れ、21万円の投資(1,000株を購入)に対し損失が8,000円です。

予想記事を見ると長期スパンでの業績改善が見込めるようですから、長期的な投資判断材料の一つになるのかなと感じます。

ただ予想直後の株価に、どんな影響を与えるのか?短期的な値動きに関しては、相場全体の動向も影響しますし、株価が上がるのか?下がるのか?良く分からないでしょう。

実際に予想期間のチャートを見ると、上がる気配なんて見えず、むしろ下落しています。しかも、予想完了後の3か月間の株価の動きですら、下落が続いていますからね。株価の方向性を確実に当てるのは、本当に難しいですよ。

オリエントコーポレーションの株価予想チャート


投資で儲けるのが難しい事は分かっているけど、利益が欲しい。そんな思いから、確実に儲かる投資情報を探し続けるのだと思いますが、世の中、楽して大金を得れるほど甘い世界では無いですよ。

あなたから、がっぽりと有料情報で手数料を巻き上げたい、金融関係者のカモになってオシマイとなるだけでしょうね。

オリエントコーポレーションに関する予想屋の発言


投資判断が自分自身で出来ない人は、むしろ株式投資をしない方が良いかもしれません。個人投資家が相場のプロに打ち勝って利益を得るためには、庶民が投資したくない時に勝負する必要があるからです。

暴落時こそが、投資チャンスと言えるのですが、単純に株価が下がったからと勝負に出るのはリスクが高いです。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」と組み合わせて、買い場を探すと良いでしょうね。

支持線で反発上昇する事を期待して買い向かう戦略だが、損切する覚悟は必須

オリエントコーポレーションは、個別割賦事業、カード・融資事業、銀行保証事業、決済・保証事業の4部門を収益源とする信販業界の名門企業です。

融資以外の収益が年々増加傾向であり、利息返還損失引当金を支払う前の利益に着目すると増益が続いています。 みずほグループ伊藤忠とも資本提携を実施しており、事業の強化も進めています。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) オリエントコーポレーション
(8585)
上場市場 東証1部
業種 その他金融業
株価 185円
単元株数と最低購入単価 100株:1万8,500円
時価総額 3,178億円
資本金 1,500億円
発行済株式数 17億1,796万株
浮動株数 2,576万株
利益剰余金 1,185億円
有利子負債 9,107億円
保有者比率 外国 2.5%
浮動株 1.5%
投信 1.7%
特定株 80.7%

ここ数年の業績推移(参考:業績推移の調べ方)は、売上高が停滞していますが、2014年3月期の利益が5倍程度に激増しています。

これは債権が良質化した事で貸倒引当金繰入額が、大幅に減少した事が要因です。費用の一つであるコスト削減の影響が大きいという事です。

オリエントコーポレーションの業績


さらに倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移をチェックしましょう。(参考:キャッシュフロー推移の調べ方

売上債権の増加が主な原因で、営業キャッシュフローがマイナスです。売上があるけども手元に現金が入ってきていない状況ですね。

例年並みの投資活動(無形固定資産・ソフトウェアの購入費用が主)ですが、 短期借入などが増加した事で、財務CFが大幅なプラスです。資金調達(借入)が出来ているので、資金繰りという意味では、現時点では問題がないように見えますね。

オリエントコーポレーションのキャッシュフロー


次に投資タイミングの参考にする為に、オリエントコーポレーションの過去の値動きをチェックしましょう。2009年まで遡ると12月頃(年末頃)に底値園を形成して、株価が上昇する傾向が強そうです。

1年間を1シーズンとして株価を眺めると、毎年似たような時期に底値園を形成しますから、この特性を利用するべきですね。つまり日々の株価の動きに一喜一憂せずに、年末頃に買い場が訪れるイメージで投資チャンスを待てば良いという事です。

長期的な株価の流れの中から利益を狙った方が、儲けも大きくなりますし、多少の売買タイミングのミスも帳消しになります。できるだけ自分にとって株価の値動きがイメージしやすい銘柄を利用しましょう。利益を安定させる為のコツの一つですよ。

オリエントコーポレーションの過去のチャート


具体的に直近のチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。まずは、 株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にトレンド線を引いてみます。

ここ数年はBox相場、つまり下記チャートで示す支持線と抵抗線の間で株価が上下動しています。Box相場が継続する限りは支持線で反発上昇しますから、年末頃を目途に支持線付近まで株価が下落した際に勝負すると良いのかな?と思います。

投資タイミングの考え方については、最高のタイミングで株を買うための3つのステップも参考になさって下さい。なお支持線を下抜けして株価が下落する場合は、暴落が続く可能性が高いので、かならず損切する水準は決めておきましょうね。

仮に上述の戦略を採用し2015年10月頃(175円)に1,000株で購入し上値抵抗線付近に達した2015年12月頃(250円)に売却すると17万円の投資に対し利益が7万円となります。利益率が41%に達しますから、年1回程度の取引でも十分に満足できるでしょう。

オリエントコーポレーションの売買チャンス


最後にオリエントコーポレーションと日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。個別株投資のリスクの一つは、相場全体が絶好調でも、銘柄によっては株価の下落が続く可能性があるという事です。

ニュースで連日、日経平均が上昇する景気の良い話を聞いて、保有する株で損失が発生すると精神的にショックが大きいですもんね。

そんなリスクを回避したい場合は、 日経平均株価指数と同じ値動きをする銘柄であるETFを利用する手も有りです。投資戦略の一つとして、参考になさると良いでしょう。

オリエントコーポレーションのチャートと日経平均株価指数を比較

紺色線:オリエントコーポレーション ピンク色線:日経平均株価指数

2016年8月時点で管理人がチェックしたその他金融業 銘柄

アコムの評価・感想
日立キャピタルの評価・感想
オリックスの評価・感想
アイフルの評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

オリエントコーポレーションの売買をする場合にお勧めの証券会社

オリエントコーポレーションを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!