京都銀行の株価予想は当たるのか?

京都銀行の株価予想を評価・解説

株価の下落が続き半額シールを貼られた京都銀行。株を保有し、不安になった人が株価予想を探す訳ですが、残念ながら報われずに資金を失う事になる可能性が高いです。

壮絶な下落の最中に、買い推奨され塩漬け株になりますからね。実は投資情報に頼っているカモ投資家が投げ売りした時こそが、本当の儲かる投資チャンスです。

京都銀行

京都銀行で儲けるポイント
  • 年末頃に底値園を形成する可能性が高く、買い場をじっくりと待ちたい
  • 1年以上、株価の下落が続く状況下で利益を得るのは難しく、静観した方が無難
  • 慌てずに上昇トレンドか、ボックス相場に転換した後に買い場を模索しよう
  • 塩漬け株になる可能性が高いので、株価予想を安易に信じるな

必ず投資チャンスは訪れる。焦る気持ちを抑える事が大切

(2016年9月19日公開)

売却方針が明確でない株価予想を信じると、痛い目に合う可能性が高い

売却タイミングを間違えると、利益になる取引でも簡単に損失になります。ですから売却方針を示さない株価予想を安易に信じると、自分で投資判断が出来ない為、多くが損する事に繋がります。

実は、年1回のバーゲンセールを活用する努力の方が、圧倒的に利益を出す可能性が高いです。まずは株価予想の問題点について、見て参りましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
中原良太 55%
(202勝160敗)
2016/7/28 買:外れ ▲1.5万円
(69万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +55万円
(85万円)


中原良太氏の買い予想が外れて、損失が15,000円

中原良太の株価予想


では中原良太氏の株価予想をチェックします。7月以降は株価が急激に上昇し、押し目を狙うチャンスという事で「買」推奨なさっています。残念ながら予想が外れて、69万円の投資に対し、損失が1.5万円となりました。

予想記事を読んでみると保有期間が書いておらず、どのような状態になったら売却をするべきか、よく分かりません。

恐らく予想屋を信じたカモ達は、推奨された有望株が上がるまで保有し続けるでしょう。下手をすると塩漬け株になって、甚大な損失を出す可能性がある怖い株価予想
です。

しっかりと記事の中身を見てみると、今日の有望株と表現しているので、1日で取引を終えるデイトレードを想定しているのでしょうね。

しかし初心者の人が、この意図なんて分かる訳がないです。もし壮絶な暴落が発生したら、一発で退場する事になるでしょう。予想記事は、本当に百害あって一利なしです。

京都銀行の株価予想チャート


そもそも当サイトでは、ほとんどの人が損するデイトレード等の短期取引を推奨していません。

それでもデイトレードやスイングトレードなどの短期売買に挑戦したいのであれば、最低でも トレードステーションのバックテスト機能で、投資手法が儲かるのか?調べる努力くらいは必要です。

そんな事もせずに、楽して儲けたいと思うから株価予想のような情報源のカモになる訳です。他人に投資判断を委ねる限り、資金が安定的に増える事は無いと思いますよ。

京都銀行に関する予想屋の発言


株式投資で儲ける為には、他人に頼らず自分自身で投資判断ができるようになる必要があります。世の中には、さまざまな手法が存在しますけど、できるだけ簡単で負担が少ない方法を利用したいものです。

専業投資家に比べて投資に費やする時間が少ない我々個人投資家は、年1回訪れる買い場をじっくりと待って利益を狙う、待ち伏せ売買が良いです。カモになった投資家が投げ売りする事で、バーゲンセールが訪れますからね。

加えて「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」等の手法と組み合わせると投資判断が明確になるのでおススメです。



ボックス相場に転換した前提で、買い場を探す方針。ただし損切価格を必ず決める事

京都銀行は、資金運用収益(事業性貸出・住宅ローン・有価証券等による利息)、役務引等収益(投資信託の販売や振込などの手数料)、その他業務収益(債券や外国為替の売買益)の3つが主な収益源です。

利益の8割を占める資金運用収益が、主力の稼ぎ頭です。営業利益率(業務粗利益と業務純益の比率)が33%もあり、効率が良い経営がなされています。

平成28年3月末時点で、株式の含み益が4000億円近くあり、資産の底上げに貢献している点も特徴の一つです。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 京都銀行 (8369)
上場市場 東証1部
業種 銀行業
株価 751円
単元株数と最低購入単価 1,000株:75万1,000円
時価総額 2,847億円
資本金 421億円
発行済株式数 3億7,920万株
浮動株数 4,171万株
利益剰余金 3,073億円
保有者比率 外国 23.9%
浮動株 11.0%
投信 2.4%
特定株 25.2%

次に京都銀行の業績推移を見てみましょう。マイナス金利の影響で運用利回りが低下し、利益の減少が続きます。手数料ビジネスに力を入れるのでしょうが、今後2年間の収益は悪化が続く見込みです。株価は冴えないでしょうね。

京都銀行の業績


では倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移を調べてみましょう。注目するべき点は、2016年度の本業からの現金収入(営業CF)がマイナスになっている点です。

預金の減少に加えて貸出が激増した為に、手元現金が流出しているようです。バブルに関わらず不動産貸出が増えている状況を考えると、この貸出金が焦げ付かない事を祈るばかりです。

また2年連続で投資CFがプラス(有価証券の売却による現金収入が主な要因)です。高値園での売却で利益が出ていると思いますが、不足する現金を補うために現金化しているとしたら、気になる行為ですね。

京都銀行のキャッシュフロー


投資判断の材料にする為に、京都銀行の過去チャートも調べてみましょう。2009年まで遡った下記チャートをご覧ください。傾向としては年後半、特に8月前後に底値園を形成する傾向が強いようです。

つまり毎日、株価を監視する必要はなくて、8月頃のバーゲンセールとなる買い場を狙うイメージで、のんびり相場と向き合えば良いでしょう。

日々の株価に一喜一憂せず、相場全体の流れに沿って売買する事が大切です。株価の値動きがイメージしやすい銘柄を扱う事が利益を安定的に出すコツになります。

京都銀行の過去のチャート


具体的に直近チャートを見て投資判断を考えてみます。株価のトレンドを調べると、2012年が起点の上昇トレンドが崩れ、アベノミクス前の水準にまで下落しています。

このまま下落トレンドがボックス相場に転換する前提で、買い場を探す方針でも良いのかなと思いますね。ちょうど8月以降から年末にかけて、底値園になる傾向が強いので、損切価格を決めて買い場を探すイメージでしょうか。

トレンド線まで下落した時が買い場ですが、利益を出すのが難しい下落トレンド環境下では静観し、上昇トレンドかボックス相場時に、買い場を探す方針をおススメします。

仮に上記指針に沿って2014年10月頃(850円)に購入し、半年後の2015年4月頃(1,400円)に売却すると、85万円の投資に対して利益が55万円となり、利益率が64%に達します。

当サイトで推奨する売買の良い点は、多少の売買タイミングでミスがあったとしても利益を出せる可能性が高いところでしょう。もちろん最高のタイミングで株を買う事ができれば、多額の儲けを得る事ができますから魅力的だと思います。

京都銀行の売買チャンス


ただし投資初心者の人にとっては、京都銀行の最低取引金額が高すぎます。軽く50万円を超える水準ですから、資金投入後に不安になって下手すると投げ売り損失を出す可能性が出てきます。

SMBC日興証券が提供するキンカブであれば1万円で株式投資ができるので、投資経験を積むまでは少額取引を繰り返す事を強くお勧めします。
 



2016年9月時点で管理人がチェックした銀行業銘柄

京都銀行の売買をする場合にお勧めの証券会社

京都銀行を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!