アデランスの株価予想は当たるのか?

アデランスの株価予想を評価・解説

業績が悪化して、株価の下落が続くアデランス。安易な気持ちで予想屋に今後の見通しを尋ねると、割安で「買い」と推奨されます。しかし株価予想を信じる人は、間違いなくカモにされていますからね。

そもそも天井で株を購入して大損するのは、投資情報を信じて売買する人なんですよ。さっさと儲かる投資情報を探す事からは、卒業しましょう。そしてカモが保有株を投げ売る時に、株を買うのです。

アデランス

アデランスで儲けるポイント
  • 海外売上比率が4割を超えるのだが、赤字事業で経営に大打撃。
  • 黒字から一転、赤字が続く。円安に弱い事業構造の上に、主力事業が低迷。
  • 事業不振が続き、本業で稼ぐ現金が減少を続ける。資金繰りの悪化を懸念。
  • 上昇トレンドが完全に崩れて下落トレンドが続く、難易度の高い銘柄。

長期間、株価の下落が続く銘柄に資金を投じるな。損するだけ。

(2016年11月7日公開)

儲かる可能性が低い、短期売買を推奨する株価予想なんて信じるな。

管理人は短期売買を、否定的な目で見ています。というのも生き残る事が凄く難しく、一握りのセンスある人しか、資産を増やしていないからです。株価予想を信じて売買する時点で、ジエンドですよ。

仮に予想が的中して偶然に利益が出ても、継続して儲かる可能性は低いです。そんな投機的な売買をせずに年1回の投資チャンスに株を買った方が利益になります。まずは株価予想の問題点を見てみます。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
丸山隆之 勝率:36%
(4勝7敗)
2016/1/4~29 売:当たり +6万円
(32万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +12万円
(33万円)


6万円の利益を出した丸山隆之氏の売り予想

丸山隆之の株価予想


では丸山隆之氏の株価予想を見てみましょう。1月に「空売り」すると、勝つ可能性が高いとの事で「売り」推奨なさっています。予想が的中し32万円の投資(400株購入)に対して、利益が6万円です。

株価予想記事には、アデランスを1月に空売りした場合の勝率が80%と記載されています。確かに10回中8回は予想が的中する為、高確率だと思いますし、今回は見事に当たって利益になりました。

ただし暴落に近い下落のお陰で、多額の利益となっただけです。つまり投資する度に、この水準の利益が得られるのか分かりません。通常は1か月程度の保有ですと、利益なんて少額です。しかも、ほとんど利益がなくても、1勝にカウントされますからね。

という事を考えると、売買手数料を含めて、本当に儲かる取引になるのか?判断が出来ないという事です。単純に勝率が高いから、儲かる取引になると考える事は危険です。

アデランスの株価予想チャート


短期売買は得られる利益が少額な上に売買手数料が負担になりますから、最終的に資金を増やす事が難しいのです。無論、世の中には有益な短期取引の情報を提供している人もいるかもしれません。

ですがトレードステーションのバックテスト機能などを使って、推奨された投資手法が儲かるのか?調べる事をせずに、予想屋の情報を安易に信じると痛い目にあう可能性の方が高いです。

手っ取り早く儲ける手法の多くは詐欺的な手法で、資産なんて増えないからです。

アデランスに関する予想屋の発言を信じる人への言葉


そもそも本当に儲かる投資チャンスとは、予想屋の提供する株価予想を信じた人が、保有株を投げ売る時ですからね。儲かる株価予想を探し続ける限り、資産が増える事は無いという事です。

じっくりと待てば、年1回はバーゲンセールと思える投資チャンスが訪れます。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」等の手法を参考にして、買い場を探してみては如何でしょうか?



株価の下落が続き、上昇転換の見極めは困難。今は、無理せずに静観。

アデランスは、アデランス事業(男性・女性向けのかつら)、フォンテーヌ事業(女性向けウィッグ)、ボズレー事業(北米シェアトップの毛髪移植)、海外ウィッグ事業の計4部門が収益源となります。

アデランスの事業


主力のアデランス事業が、利益のほとんどを稼ぎ出しています。なお売上の6割を占める他事業が、利益にほとんど貢献しておらず業績の足を引っ張る形です。海外ウィッグ事業に至っては、赤字ですからね。

アデランスの事業別の利益


女性向けの市場ではトップシェアですが、男性向け市場では、競合会社に押されている状況です。主力で稼ぎ頭のアデランス事業がシェアを奪われて、利益が激減している構図が見えてきます。

アデランスのシェア


なお北米・欧米向けの海外売上比率が4割を超えてますが、赤字状態で利益に貢献ができておらず、経営の痛手となっています。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) アデランス (8170)
上場市場 東証1部
業種 その他製品
株価 618円
単元株数と最低購入単価 100株:6万1,800円
時価総額 230億円
資本金 129億円
発行済株式数 3,724万株
浮動株数 465万株
利益剰余金 144億円
有利子負債 124億円
保有者比率 外国 44.1%
浮動株 12.5%
投信 2.1%
特定株 44.9%

次にアデランスの業績推移を見てみましょう。2015年までは売上・利益が共に増加しており、順調な経営に見えたのですが、翌年の2016年には赤字に転落しています。

アデランスの業績


そもそも売上高の増加に対して営業利益率の低下が、数年前から表面化していました。営業利益率の低下は、事業に問題がある事が多く、管理人は注目して監視しています。

店舗数が増えた事で売上は増加しても、経費が圧迫して利益が残らない状況に陥っているのでは?と思います。

アデランスの営業利益率推移


具体的に営業利益の増加減要因を見ると、国内売上総利益減、海外事業が円安で経費増加、海外事業の経費増加の3点が多大な打撃を与えて赤字に陥る事になっています。

つまり主力事業の稼ぐ力が激減した上に、円安に弱い事業構造の為に業績が急激に悪化したのでしょう。

アデランスの営業利益増加減要因


では倒産する可能性のある企業なのか?判断する為にキャッシュフローの推移を調べてみます。アデランスのキャッシュフローを見ると、本業からの現金収入を示す営業CFの減少が、気になります。

資金繰りが悪化し現金が支払えなくなると、企業は倒産します。本業で企業の血液となる現金を稼げなくなると、資金調達で現金が得れなくなった時点で倒産します。現時点は問題ないのですが、営業利益の赤字が続くようならば、監視を強化するべきですね。

アデランスのキャッシュフロー


では直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。株価のトレンドを調べてみると、上昇トレンドが完全に崩れており、株価の下落が続いています。

下落トレンドに転換した銘柄で利益を出す事は非常に難しく、現時点では静観した方が無難です。

ボックス相場か、上昇トレンドに転換した後に、資金を投じても遅くないと思います。業績が回復すれば、株価にも織り込まれますから。一か八かで落ちるナイフを拾うと、痛い目に合うだけです。

資金を投じるなら、上昇トレンドが継続した時期に株を買うべきです。業績が急激に悪化し株価が崩れる前であれば、アデランスの株価も上昇トレンドを維持していました。

2015年以前の時期であれば、支持として機能する上昇トレンド線まで株価が下落した際に、アデランスの株を購入する戦略で良かったです。株価の値動きもイメージしやすい時期でした。

仮に上記戦略を採用して2014年1月(1,100円)に300株を購入し、半年後の2014年7月(1,500円)に売却すると、33万円の投資に対して利益が12万円となり、利益率が36%に達します。

当然ながら想定通り反発せず、2015年以降の暴落が発生する可能性もある訳ですから、損切価格を事前に決める事は大切です。明確に損切価格を決定できるタイミングで、株を買いましょう。

アデランスの売買チャンス


最後にアデランスと日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。注目すべきは市場好調で、1年近く多くの株が上がり続けた時期であってもアデランスの株価は下落を続けています。まさに個別株投資をしたことで、儲け損なった事例ですね。

上がらない株を掴む事は、個別株投資をする上で避けたいリスクです。相場絶好調期に、このリスクを完全に回避する為に、日経平均株価指数に連動するETFを買う戦略も有りだと思いますね。

アデランスのチャートと日経平均株価指数を比較 紺色線:アデランス ピンク色線:日経平均株価指数


ただ初心者の人は、常に上がる株を見出して、資金を投じたいと思う事でしょう。日経平均株価指数も景気次第では、下落トレンドに変わりますからね。しかし事前に、上がる株を確実に見出す事は凄く困難な事です。

基本的に自分自身の投資技術を高めて欲しいのですが、初心者は 上がる株にタダ乗りできるひふみ投信に資金を託しながら、売買技術を高めても良いかと思います。管理人も保有している対象の一つでして、お薦めできます。参考になさって下さい。



2016年11月時点で管理人がチェックしたその他製品銘柄

ピジョンの評価・感想
アシックスの評価・感想
コクヨの評価・感想
タカラトミーの評価・感想
任天堂の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

アデランスの売買をする場合にお勧めの証券会社

アデランスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!