ユニ・チャームの株価予想は当たるのか?

ユニ・チャームの株価予想を評価

ユニ・チャームの一言ポイント
  • ここ3年程は日本市場と同等に近いパフォーマンスを叩き出している
  • 海外の売上比率は6割を超えており、全社売上の5割はアジア地域と特色あり
  • 営業利益率も11%を超える高収益企業であり安心感がある
  • 過去10年程、持続的に上昇トレンドを維持しており長期上昇銘柄として注目
  • 勝率が低い株価予想はギャンブルと化す

ギャンブル的な取引をするよりも、投資として中長期的に資金を投じるべき

(2015年8月26日公開)

著名人によるユニ・チャームの株価予想の結果は?

大企業でありながら持続的な成長が続くユニ・チャームに投資の達人も注目しているようです。株価予想の見通しが当たったのか?内容を確認してみましょう。


評価者 実力 予想期間 結果
中原良太 勝率:56%(113勝88敗) 2015/5/12 買:外れ

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する下記の評価コンテンツも御参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

中原良太氏の株価予想(2015/5/12) 推奨:買 結果:外れ

中原良太の株価予想

それでは中原良太氏の株価予想について確認してみましょう。株価予想期間は下記紺色枠の1日間となります。

過去5日間で約12%近くも下落した事と、似たような値動き過去15年分の統計データ的に上昇確率が54%である事から「買」推奨のようです。

個人的には54%の上昇確率が高いと感じません。ほぼ2回に1回は負ける確率と感じる訳でありまして、ギャンブルに限りなく近いと感じます。

売買手数料などのコストを考慮すると、相当大きく儲かる可能性が無いと割に合わないトレードになりますよね。

ユニ・チャームの株価予想チャート

株式投資をする上で、勝率、リスク(損した場合の、損失額)、リターン(利益になった場合の利益額)の関係は非常に重要です。

勝率が低くても、非常に大きなリターンを得られる可能性があるなら良いですが、損失予想額と利益予想額が同等の場合は手数料分負ける事になるでしょう。

そもそも、リスクとリターンの想定額が分からないのであれば資金投入をするべきでは無いですね。投資判断が自分自身で出来るようになると、このような視点から無謀な勝負に挑まないようになります。

ぜひ御仁にあった投資戦略を御採用になって、投資に必要な技術を磨いて頂きたいと思います。

管理人が感じたユニ・チャームの株価見通し

生理用品や、幼児向け、介護高齢者向けのおむつ等を主力商品として活躍しているユニ・チャームは、パーソナルケア事業(生理用品、介護用品、生活用品)、ペットケア事業、その他部門(業務用商品)の3本柱が収益源です。

売上の9割近くは主力商品を販売するパーソナルケア事業が占めています。営業利益率も11%と収益体質も悪くないですね。

海外の売上比率は6割を超えており、アジア地域は全体の5割を占めている程です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ユニ・チャーム (8113)
上場市場 東証1部
業種 化学
株価 2,716円
単元株数と最低購入単価 100株:27万1,600円
時価総額 1兆6,585億円
資本金 159億円
発行済株式数 6億2,083万株 大型株
浮動株数 2,048万株
利益剰余金 3,364億円
有利子負債 582億円
保有者比率 外国 33.4%
浮動株 3.3%
投信 2.7%
特定株 51.3%

ここ5年程の業績推移を見ても、売上が順調に伸びているようです。近年は利益水準が横這いですが、大企業でありながら持続的な成長を感じられる銘柄かと思います。

ユニ・チャームの業績

企業の長期的な成長が感じ取れる企業で売上・利益共に悪いと思う訳では無いのですが、日本市場の平均的なパフォーマンスと比較してみると、少々負けている状況には残念に思います。

業績が安定していると予測できるからこそ、市場平均並みのパフォーマンスになるのかもしれないですね。銘柄選びは本当に難しいと感じます。

相場環境が絶好調の時に、確実に上がる株としてETFを利用する戦略がお勧めですね。

ユニ・チャームと日経平均株価指数の比較チャートその3

紺色線:ユニ・チャーム ピンク色線:日経平均株価指数


リーマンショック以降のパフォーマンスを調べてみると、定期的に上下動する特徴がある訳では無いのですが持続的に上昇を続けています。

持続的に上昇する銘柄も魅力的に映りますが、天井園や底値園の判断が簡単な銘柄を利用する戦略も利益になりやすいかと思います。ぜひ参考にしてください。

ユニ・チャームの過去の値動き

特に過去10年まで遡って確認してみると、長期間上昇トレンドが崩れておらず、長期上昇銘柄としては面白いと感じますね。

ユニ・チャームの過去の長期値動き

2015年11月時点で管理人がチェックした化学 銘柄

ユニ・チャームの売買をする場合にお勧めの証券会社

ユニ・チャームを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!