ナイガイの株価予想は当たるのか?

ナイガイの株価予想を評価・解説

保有するナイガイの損失が膨らんできて、明日の株価が上がるのか?下がるのか?気になり株価予想を探す気持ちは良くわかる。ただ自分自身で投資判断ができない限り、資金を溶かす結末が待ってるだけだ。

そもそも予想屋の発言を信じて売買しても、暴落に遭遇して投げ売る事になるだけだろう。むしろカモの投資家が、保有株をブン投げるような状況で買い向かうべきだ。そんな売買方法について解説したい。

ナイガイで儲けるポイント
  • 10月前後が、儲かる買い場(底値園)になる傾向が強い銘柄。
  • 株価が上昇トレンド線付近まで下落したら、買い向かう戦略が無難。
  • 株価下落が続き安いからと買い向かうと、痛い目に合うから注意が必要。
  • 予想屋を信じて株価急騰を期待し飛び乗っても、痛い目に合うだけ。

焦って売買しても儲かる事はない。チャンスを待つ姿勢が大切

(2016年6月6日公開)

焦って買い向かうと痛い目に合う。そんな売買を推奨するのが、株価予想だ

株式投資で損失に繋がる行為は、株価が上昇している時に焦って飛び乗る事です。儲け損ねたくない気持ちが強いと、起こりがちですね。世の中の株価予想は、こんな売買に近い事を推奨しています。

当たる事もありますが、外れる事がおおくて、資産を増やすことは難しいでしょう。基本的に、そんなカモの投資家が群がった後に暴落が発生します。実は、この暴落こそが最大の投資チャンスなんです。そのあたりの売買については後述しますが、まずは株価予想の問題点をチェックしましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
冨田康夫 ありません 2015/7/21 買:外れ ▲0.2万円
(7万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 7万円
(5万円)

2000円の損失を出した冨田康夫氏の買い予想

冨田康夫の株価予想

では冨田康夫氏の株価予想をチェックしましょう。低位材料株の物色で仕掛け的な買いが入り、短期的に株価が上昇しており、急騰する事を期待して「買」推奨しています。予想が外れて、約7万円の投資に対し損失が2000円です。

予想記事では、100円未満の銘柄であるエコナックホールディングスの株価が2倍以上になった事を引き合いに出し、ナイガイの株価上昇も期待できると表現してます。

百歩譲って株価が2倍以上に化けるのであれば、もっと長期で投資をしたいところですし、どのような価格帯で売却すれば良いのか?良く分からないですよね。

そもそも詳細は後述しますけどナイガイの過去の値動き的に、価格帯も時期的にも天井園の傾向が強く、むしろここから下落する可能性の方が高いです。

ナイガイの株価予想チャート

株価予想なんてものは庶民の不安をネタにして、都合が良い理由をでっちあげて売買を促すものが大半ですから、信じて売買するなんて自殺行為です。

しかも確実に株価の先行きを当てる事なんて不可能なのですから、投資情報を探す事は百害あって一利なしの行動ですよ。

むしろ株価予想に後押しされて、株を買った時はすでに下り坂に突入している事が多く、損失を出してオシマイとなるだけでしょうね。慌てて飛び乗っても、大損することが大半です。

ナイガイに関する予想屋の発言を信じる事は、自殺行為

商売も株式投資でも安い時に購入し、高い時に売却しないと儲かりません。で安い値段で誰でも買いたい訳ですが、そんな値段で売ってくれる人は、普通いませんよね。

で、どんな時にバーゲンセール的な値段で買えるかというと、大衆がパニックに陥って保有株を投げ売っている時だけです。

年1回は庶民だけでなくプロですら思考停止になる相場の暴落が発生しますから、そのチャンスを忍耐強く待ち続けて、勝負するのがベストな戦略だと思います。加えて 「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」を組み合わせると、グッと儲かる可能性が高まります。参考になさると良いでしょう。

高頻度で訪れる10月頃のバーゲンセールが到来したら、買い向かう!!

靴下の老舗企業であるナイガイは、卸売り事業と通信販売事業の2部門が収益源です。ただ売上の8割を占める主力の卸売り事業は赤字状態でありますが、最終的な連結決算で全社の利益が黒字に達しています。

しかしながら営業利益率が1%を切っている状態なので、不安材料はとても多いです。そのうえ海外の売上比率が低く、今後の再成長が本当に実現できるのか?注意して監視する必要があるでしょう。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ナイガイ (8013)
上場市場 東証1部
業種 繊維製品
株価 47円
単元株数と最低購入単価 1,000株:4万7000円
時価総額 38億円
資本金 76億円
発行済株式数 8,217万株
浮動株数 2,933万株
利益剰余金 ▲68億円
有利子負債 10億円
保有者比率 外国 8.3%
浮動株 35.7%
投信 0.0%
特定株 34.8%

ここ5年の業績推移を見ると売上高は横ばいで、なんとか最終利益が黒字になっています。ただ繰り返しますが1%を切る利益率ですから、何か起きたら直ぐに撤退する気持ちで挑む必要がありますね。

ナイガイの業績

ではナイガイの値動きの特徴を把握する為に、過去チャートをチェックしましょう。2009年頃まで遡って確認すると、毎年10月前後に底値園に達してから、再び株価の上昇が始まります。天井園に達するのも春先の4月前後になる傾向が凄く高いです。

下記のチャートを見る限りでは、かなり株価の値動きがイメージしやすい銘柄の一つであり、購入時期、売却時期、価格帯などの投資判断が凄く簡単です。 このような銘柄を探して、売買すると儲かる可能性が高まります。

毎日のように株価が上がるのか?下がるのか?を考える事は不要であり、10月前後にバーゲンセール(投資チャンス)が訪れて、春先の4月頃に売却するイメージを持つと良いです。かなりストレスなく、相場と向き合う事ができるでしょう。

ナイガイの過去のチャート

それでは直近のチャートを見て、投資判断を考えてみます。まずは株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にしてトレンド線を引いてみましょう。具体的に投資タイミングを考える上で、とても重要な作業です。

最高のタイミングで株を買うための3つのステップで解説してますが、基本的に株価が上昇している限りはトレンド線付近まで下落した時に買い向かう戦略でOKです。

特にナイガイは10月頃に底値園に達する傾向が高く、ここ数年も似たような時期に買場が到来しています。仮に上述の投資戦略を採用して、2013年10月頃(50円)に購入し2014年12月頃(120円)に売却すると、投資金額5万円に対して利益が7万円になりまして、利益率は驚きの140%にまで達します。

ただし想定通りに反発上昇しない場合もあるので、トレンド線を基準にして損切価格を決めておく事も重要です。実際に2015年末にも買場がやってきましたが、この時には株価が下落していますからね。

現時点では無理をして買い向かう時期ではないと思っており、10月前後まで静観するスタンスで、のんびりと株価を眺めていれば良いと思います。資金を守るために無理をしない事も、すごく大切です。

ナイガイの売買チャンス

2016年6月時点で管理人がチェックした繊維製品銘柄

ユニチカの評価・感想
東洋紡の評価・感想
東レの評価・感想
帝人株式会社の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

ナイガイの売買をする場合にお勧めの証券会社

ナイガイを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!