ヤマハの株価予想は当たるのか?

ヤマハの株価予想を評価・解説

2012年に赤字に陥ったが構造改革が成功して、収益体質が改善。連続増益と共に、株価上昇が続くヤマハ。ただし予想屋の短期的な目標株価に従って売買しても、儲けは僅かだ。短期取引では、苦労の割に儲けが少なく、おススメできない。

資産を増やしたいなら目先の株価に惑わされず、中長期的な目線で利益を狙った方が良い。投機的な取引を推奨する株価予想からは、さっさと卒業し、投資技術を磨いた方が成果につながる。急がば回れだ。

ヤマハ

ヤマハで儲けるポイント
  • 利益の8割を稼ぐ主力の楽器事業が好調。利益率が11%を超える高収益部門。
  • 利益率が、5年で5倍。9%台にまで改善。4年連続で増益を続け、躍進が続く。
  • 有利子負債の10倍、利益余剰金があり、実質無借金経営を続ける。財務良好。
  • 支持となる上昇トレンド線まで、株価が下落した際に株を購入したい。

利益が伸び続ける限り、株は上がる。相場暴落の投資チャンスを有効に活用したい

(2017年1月10日公開)

株価予想に唆されて高値園で株を購入し、運よく利益を手にした事例

株価は上がるか?下がるか?の2通りだけですから、運よく株価予想が的中して、利益を手にする事もありますよ。ただし株価予想を信じて取引を繰り返し、資産が増えるのか?それは、別問題ですけどね。

なぜかと言うと、高値園にも関わらず買い推奨する事例も多く、その上に儲けが僅かだからです。損失になった場合は、半端ない資金を失う事になるでしょうね。そんな事なんてせずに、中長期目線で資金を仕込んだ方が、よっぽど儲かると思うのですけど。まずは、株価予想の問題点を見てみましょうか。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
アナリスト ありません 2016/2/9から数週間 買:当たり +2万円
(29万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +9万円
(25万円)


2万円の利益になったアナリストの買い予想

アナリストの株価予想


ではアナリストによる株価予想の結果を、調べてみますか。ヤマハに対して強気の目標株価を設定し、「買」推奨です。株価予想が的中し、29万円の投資に対して、利益が2万円となりました。

予想後のチャートを拝見したのですが、ヤマハを購入直後に激しい暴落が発生しています。約3,000円で購入し、2,600円付近まで株価が急落しています。

一瞬で▲13%の含み損になってしまう訳ですから、恐怖心に駆られて、投げ売りし、損失を確定した人の方が多そうですね。実際に資金を投下したら分かると思いますけど、相当なストレスだと思いますよ。

その後は株価が上昇し、なんとか目標株価に到達しました。自分自身で投資判断を下せない人が、本当に、ここまで株を保有できるのか?正直、疑問になるところです。

ヤマハの株価予想チャート


しかも仮に目標株価で保有株を売却できたとしても、利益率はたったの8%です。後述していますけど、中長期的な投資目線で勝負していれば、36%程度の利益率を実現する可能性がありましたからね。

中途半端な価格帯で購入させられた上に、儲けも僅かな訳ですから、儲け損なった感の方が強いですね。本事例は管理人ならば、残念に思ってしまう取引ですよ。

ヤマハに関する予想屋の発言を信じるな


銘柄の調査をする時間も、相場を監視する余裕も、プロに比べて無い訳ですから、個人投資家は時間を味方につけた投資戦略で勝負するべきです。

このような観点からも、当サイトでは「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」のように、中長期的な時間軸で利益を狙う手法を推奨しています。



業績好調。支持となる上昇トレンド線まで株価が下落した際に、購入したい。

楽器総合企業のヤマハは、楽器、音響機器、電子部品、その他の4事業が収益源です。構造改革で、半導体生産子会社を事業譲渡するなど、選択と集中によって収益体質の強化を推進しています。

ヤマハのセグメント


世界首位の電子ピアノや、管楽器、ギターを取り扱う楽器事業が主力となります。利益の8割を稼ぎ出す楽器事業は、営業利益率が11%を超える高収益部門です。

2つめの事業の柱とすべく音響機器事業にも、注力しています。利益率が6%と若干見劣りしますが、業績の拡大に貢献しています。

ヤマハのセグメント別業績


更に全世界でバランスよく売上を計上しており、特に日本とアジア・オセアニア地域の占める割合が大きいです。全ての販売地域で黒字化を実現しており、素晴らしいです。

ヤマハの地域別売上


有利子負債244億円に対し利益剰余金が2,355億円もあり、実質無借金経営を続けています。この潤沢な資金を活用しM&Aも積極的です。今後の成長に期待したいですね。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ヤマハ (7951)
上場市場 東証1部
業種 その他製品
株価 3,570円
単元株数と最低購入単価 100株:35万7,000円
時価総額 7,042億円
資本金 285億円
発行済株式数 1億9,725万株
浮動株数 907万株
利益剰余金 2,355億円
有利子負債 244億円
保有者比率 外国 23.5%
浮動株 4.6%
投信 17.2%
特定株 51.2%

ではヤマハの業績推移を見てますか。2012年度には最終赤字に陥っているのですが、その後は4年連続で増益が続いています。選択と集中、事業体質の強化を狙った構造改革が成果を出している形ですね!

ヤマハの業績


特に営業利益率の改善が顕著です。下記売上と営業利益率の推移を示すチャートを、ご覧ください。 2%台だった利益率が、5年間で9%を超える水準にまで上昇しています。

営業利益率が、約5倍になってますからね。売上を無理に追及せずとも、利益が残る良い企業体質になっています。

ヤマハの営業利益率推移


倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移もチェックしてみましょう。本業からの現金収入を示す営業CFが、毎年、増加を続けています。毎月、手取りのお給料が増えるイメージでして、非常に良い状態です。

設備投資が必要な業態であるため、有形固定資産の取得などによる投資活動が必要です。ですが借金の負担が少なく財務活動の支出のほとんどが、自己株式の取得と配当金の支払いとなっています。

手元現金も増加を続けており、まったく不安を感じない資金繰り状況です。

ヤマハのキャッシュフロー


では最後に来期の業績見通しについて、詳細に調べておきましょう。業績面では、特に営業利益と、1株当たり当期純利益の推移に注目しています。

前述していますが、営業利益に関しては40,633百万⇒42,000百万円と増加見通ですし、1株当たり当期純利益も168円⇒218円に増加する見込みです。成長を続けている訳ですから、相場暴落時に株価が下がった際に買いたいですよね。

ヤマハの来期業績予想


直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。株価のトレンドを調べてみると、業績好調な事もあり、上昇トレンドが継続しています。

今後の見通しも良好ですし、支持として機能する上昇トレンド線まで株価が下落した際に、株を購入するスタンスになるかと思います。時期としては、年後半を目安に銘柄の監視をすれば良いでしょう。最高のタイミングで株を買うための3つのステップを参考に買い場を探してみてください。

仮に上記方針に沿って2016年1月(2,500円)に購入し、2016年4月(3,400円)に売却すると、25万円の投資に対し利益が9万円となり利益率が36%に達します。

なお赤色エリアの価格帯、つまりトレンド線より株価が高い時に、購入しないように。その後の暴落で、損する事になりますからね。

なお業績悪化で下落トレンドに転換した場合、凄まじい暴落が続く可能性があり、損切価格を事前に決めておくべきです。

最低取引金額も30万円を超えてきてますし、SMBC日興証券の提供するキンカブサービスを利用して少額の投資にする等のリスク管理も必要です。

ヤマハの売買チャンス


なお長期に渡り良好な業績を維持し株価が上がり続ける銘柄を、事前に探し出す事は、初心者には難しいものです。下手をすると銘柄選びに失敗して、株価が上がらない株に手を出す事もありそうですしね。

売買技術、銘柄選定の経験を積むまでの間は、上がる株にタダ乗りできるひふみ投信に資金を託しておく事も、効率的な資産運用が可能となり、おススメです。管理人も、お世話になっている金融商品ですし、参考になさってみてくださいね。



2017年1月時点で管理人がチェックしたその他製品銘柄

ピジョンの評価・感想
アシックスの評価・感想
アデランスの評価・感想
コクヨの評価・感想
タカラトミーの評価・感想
任天堂の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

ヤマハの売買をする場合にお勧めの証券会社

ヤマハを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!