オリンパスの株価予想は当たるのか?

オリンパスの株価予想を評価・解説

金融関係者が売買推奨している銘柄であれば、安心して投資できると思っている初心者の人が本当に多いです。小難しい事を述べているのですが、無理やり推奨する理由を述べている感が満載なのですけどね。

実は投資情報を信じて頻繁に売買するよりも、年1回の投資チャンスの時にだけリスクを取った方が大きな利益を得る事が出来ます。

オリンパスで儲けるポイント
  • 投資方針に一貫性の無い株価予想を信じてはいけない。
  • カモ投資家が群がる高値園で売買すると資金を溶かす。手を出すな。
  • 大暴落する時が、大儲けするチャンスだ。このときにリスクを取ろう。
  • 株価の先行きを当てるのは困難。損切する価格帯は予め、決めておこう。

投資判断が簡単だと思える銘柄を探して、活用しよう。

(2015年11月30日公開)

長期投資目線で短期売買を推奨する、株価予想を信じても儲からない

初心者の投資家達は、投資情報を提供する人達を力強い味方だと思っています。ですが実態を調べると、いい加減な売買推奨が多く、背筋が凍りつくようなものばかり。

後述しますが、投資方針に矛盾がある株価予想は恐ろしいですよ。頻繁に売買するよりも、年1回の投資チャンスでリスクを取る方が利益になるのですけどね。まずは株価予想の問題的について、具体的に見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
小池麻千子 66%
(86勝43敗)
2015/
11/24~27
買:外れ ▲0.1万円
(50万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 20万円
(60万円)

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する、下記の評価コンテンツも参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

小池氏の買い予想が外れて、損失が1000円

小池麻千子の株価予想

それでは小池麻千子氏による5日間の株価予想を見てみましょう。好決算が続き、中長期的な成長を見込んで「買」推奨です。予想が外れ50万円の投資で、損失が1000円です。

中長期的な成長を期待しているようですが、長期投資目線で売買判断を下している事に対して、不安で一杯になります。1年単位で株価が上がる事を想定しているのに、5日程度の短期売買でリスクを取る理由になるとは思えないですね。 好業績を叩き出しても、短期的に暴落するのが日常茶飯事な戦場において、あまりにも貧弱な投資判断です。

オリンパスの株価予想チャート

これまで数百を超える株価予想を精査してきたのですが、本当に疑問に思う売買を推奨する予想記事が多いと感じています。一握りの人以外は大負けする短期売買を推奨する時点で、株価予想に価値は無いと思いますね。

オリンパスの株価予想を信じた人の発言

そもそも投資情報を提供する人達は、数多くの株価予想をする事が仕事ですから、どうしても短期売買を推奨する傾向が強くなります。投機的な売買を繰り返しても、時間と資金を失うだけです。

経験も少ない個人投資家ですが、相場の世界でプロを出し抜く手法は存在します。つまり年1回程度は必ず起こる、相場の大暴落の時にだけ勝負をすれば良いのです。

中長期的な目線でプロが投げ出している時に、個人の機動性を生かしてリスクを取ると、驚くような利益を得る事が出来るでしょう。

投資判断が簡単と思える銘柄と投資戦略を組み合わせるのが、手堅く利益にするコツですね。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などを参考にすると良いでしょう。

相場全体の大暴落時にリスクを取れば、大きな利益を得る可能性が高まる

カメラ事業から医療事業へと、事業ポートフォリオの再構築を見事に成し遂げたオリンパス。現在では、利益のほとんどを医療事業が稼ぎ出しています。化学事業、映像事業の売上・利益規模が非常に小さく、医療分野に経営資源を集中して突き進んでいます。

さらに企業の儲かる体質を表す営業利益率が、製造業の中では高水準の域にまで改善しており、経営の効率化が進んでいる感があって評価できますね。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) オリンパス(7733)
上場市場 東証1部
業種 精密機器
株価 4,945円
単元株数と最低購入単価 100株:49万4,500円
時価総額 1兆6,945億円
資本金 1,245億円
発行済株式数 3億4,267万株
浮動株数 1,028万株
利益剰余金 1,271億円
有利子負債 3,502億円
保有者比率 外国 42.5%
浮動株 3.0%
投信 7.5%
特定株 40.5%

ここ数年の業績を見てみましょう。2012年度に構造改革を強く推進した影響で、損失が膨れ上がっています。ですが利益率の高い医療事業の成長に伴って利益が右肩上がりで増えており、今後の再成長に期待したいです。

オリンパスの業績

では具体的にチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。ここ数年のオリンパスの値動きを見ると、異常な過熱感もなく、上昇トレンドを維持しながら株価が上がっています。

投資判断としては相場全体の大暴落時に、トレンド線まで株価が下がってきたタイミングで、リスクを取ると良いでしょうね。もちろん事前に 撤退する価格を決めないと、巨額な損失になる可能性がありますから、損切する水準は決めましょう。

くれぐれも赤色エリアのような高値園では資金を投入しない事です。 カモにされる投資家が群がるような価格帯ですから、損失を出す可能性の方が高いです。

仮に上述の投資スタンスで2014年4月頃(3,000円)に資金を投入して、半年後の2014年9月頃(4,000円)に売却すると、60万円の投資に対して利益が20万円となります。 取引回数が少なく感じる年1回の売買でも、非常に大きな利益を得る事が出来ますね。

オリンパスの売買チャンス

実は事業転換が成功して以来、オリンパスの株価は絶好調です。日本市場全体の平均的な成績を表す日経平均株価指数と比べてみても、当銘柄のパフォーマンスの良さが際立っているかと。

ただし経験をかなり積まないと、事前に市場平均以上に上がる株を見つける事は困難です。むしろ、まったく株価が上がらないクソ株に手を出して儲けるチャンスを逃す可能性の方が高いでしょう。このような個別株投資のリスクを排除したいのであれば、日経平均株価指数並に、確実に上がるETFを利用する戦略もお勧めです。

オリンパスのチャートと日経平均株価指数を比較

紺色線:オリンパス ピンク色線:日経平均株価指数

直近数年間だとオリンパスの値上がり具合は非常に良いのですが、過去の値動きを見ると株価が停滞しています。投資判断が難しく、儲かる気がしないですね。

特に日本市場全体に元気がない時期でしたから、利益を上げるのは至難の業でしょう。ですが、オリンパスのような難しい銘柄を扱わずとも 天井園や底値園の株価やタイミングが分かりやすい銘柄を活用すると、手堅く利益を得る事が出来るでしょう。

オリンパスの過去のチャート

2015年12月時点で管理人がチェックした精密機器 銘柄

CYBERDYNEの評価・感想
ニコンの評価・感想
タムロンの評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

オリンパスの売買をする場合にお勧めの証券会社

オリンパスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!