日本金銭機械の株価予想は当たるのか?

日本金銭機械の株価予想を評価・解説

世の中には「カモの投資家」向けの情報が大量にある。株価予想は、典型的に情報弱者(騙されやすい人)向けに加工された情報だ。これで大儲けできるはずが無い。

個人投資家は、プロと違って無理して投資する必要がない強みがある。年1回ある投資チャンスの時にだけリスクを取れば良い。株価予想よりも数十倍は儲かる手法だ。

日本金銭機械で儲けるポイント
  • 儲けが少なく損失が大きい予想情報からは、距離を置こう。
  • 長期的なトレンドに対して、異常に株価が高い時には、手を出すな。
  • 相場全体が大暴落している時が、唯一の投資チャンス。
  • ただし株価の先行きは誰にも分からないので、損切りをする覚悟は必要だ。

投資判断が難しいと感じる銘柄であれば、投資を見送れば良い

(2015年11月4日公開)

株価予想を信じても、儲からないことが判明・・・

投資の勉強はしたくないけれど、大儲けしたい気持ちが凄く強い人は、株価予想のような情報源に頼りがちです。ですが、本当に大儲けできると思いますか?

もちろん予想が当たる事はありますが、最終的には資金が溶けることになります。そもそも情報を提供する側に問題が多すぎますね。具体的に株価予想を見て問題点を確認してみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
岡野将士 35%
(5勝9敗)
2014/
11/4~28
買:当り 1万円
(34万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 22万円
(33万円)

岡野氏の買い予想が当たって、利益たったの1万円

岡野将士の株価予想

では岡野将士氏による1カ月間の株価予想を見てみましょう。統計的に上がる確率が54%のため「買」推奨です。予想が当たり34万円の投資で1万円の利益です。

そもそも2回勝負して1回は外れる勝率ですから、博打と変わらないです。短期の値動きは予想が非常に難しいですからね。勝率が低い株式投資は、ギャンブルをしているようなものです。

加えて高値園レンジなのを承知の上で、売買推奨をする姿勢にも大きな問題を感じます。カモの人だけが、投資するようなタイミングですからね。 高値園でエントリーさせられて、大損する事例が非常に多く、まさに株価予想を信じてはならない理由のひとつです。

日本金銭機械の株価予想チャート6

数百を超える株価予想を精査してきたのですが、 驚くような理由やタイミングで売買推奨をするものが本当に多いです。長期投資目線で超短期の売買推奨をするなど、投資スタンスに一貫性が感じられません。株価予想なぞの情報源を信じていると、世界同時株安のような有事の際に、大損する羽目になりますね。

日本金銭機械に関する予想屋の発言

毎日のように売買推奨を促す投資情報が、世の中には溢れています。ですが本当に大儲けできるようなチャンスは年に1回程度ですよ。そもそも個人投資家は、プロと違って無理に投資しなくても良い訳ですから、この強みを最大限に生かすべきですね。

つまり年に1回程度ある本当のチャンスの時にだけ、リスクをとれば良いのです。出来るだけ投資判断が簡単そうな銘柄と戦略を上手に組み合わせてみると良いでしょうね。 「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などを参考にすると良いです。

判断が難しい値動きであり、無理してリスクを取る必要は無い

日本金銭機械は「紙幣が本物か、偽物か?を識別」する機器の、製造・販売をしている企業です。紙幣を取り扱う機械の多くに組み込まれており、主力である北米・欧州を中心に売上の半分以上を、海外で稼いでいます。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 日本金銭機械(6418)
上場市場 東証1部
業種 機械
株価 1,301円
単元株数と最低購入単価 100株:13万100円
時価総額 385億円
資本金 22億円
発行済株式数 2,966万株
浮動株数 836万株
利益剰余金 266億円
有利子負債 58億円
保有者比率 外国 1.5%
浮動株 28.2%
投信 0.7%
特定株 49.5%

ここ数年の売上自体は右肩上がりで増えているのですが、リーマンショック以前の業績と比べると回復しているとは言えない状況です。ただし規模が小さい割に利益の変動も小さく、業績は安定しています。

日本金銭機械の業績

では具体的にチャートを見て投資判断を考えてみます。過去を遡って、日本金銭機械の値動き調べてみると、値動きに特徴(特定の時期に下がって、上がる傾向です)が無く、投資判断が難しいです。

資金を投入するのであれば上昇トレンドが成立しているチャートで、相場全体が暴落した時にリスクを取るスタンスになりますね。(下記の水色エリア付近)

ただ現在の長期トレンドは判断が難しく、無理をしてリスクを取る必要は無いでしょう。特に赤色エリアのような株価が急激に上がったところで投資すると、思考が停止するレベルの損失を出す羽目になります。撤退する価格を決めてないと、巨額な損失になるよい例だと思いますね。

仮に市場が暴落する時に投資するスタンスで、2013年7月頃(1,100円)に資金を投入して、半年後の2014年3月頃(1,750円)に売却すると、33万円の投資に対して利益が22万円です。年1回の投資で株価予想よりも、数十倍大きな利益になります。

日本金銭機械の売買チャンス

日本金銭機械の個別チャートだけでなく、市場全体の値動き、つまり日経平均株価指数と比べることも重要です。特に相場全体が大暴落する時には、連動して個別銘柄も大きく暴落しますからね。そのような時に、上昇トレンドを維持していれば、より投資判断が下しやすいです。

ただし、ここ1年ほどの日本金銭機械のように株価が下がり続ける上がらない株に、資金を投入してしまうリスクもある訳ですね。市場が好調な時に「上がらない」株を掴むリスクを完全に排除したいのであれば、日経平均株価指数並に、確実に上がるETFを活用する戦略も良いでしょう。

日本金銭機械の株価予想チャートその3

紺色線:日本金銭機械 ピンク色線:日経平均株価指数

なお相場全体が停滞している時期は、多くの銘柄が上がらない訳ですから、投資が難しいです。日本金銭機械の値動きを見ても、「いつ底値になって、天井になるのか判断が出来ず」投資判断が直感的に出来ないです。

投資をしないスタンスでも良いのですが、 天井園や底値園の株価やタイミングが分かりやすい銘柄を上手に活用すると手堅く利益にする事が出来るでしょう。

日本金銭機械の過去の値動き

2015年12月時点で管理人がチェックした機械 銘柄

日本金銭機械の売買をする場合にお勧めの証券会社

日本金銭機械を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!