東京製綱の株価予想は当たるのか?

東京製綱の株価予想を評価・解説

相場が荒れたり、保有する東京製綱の株価が下がり続けると、恐ろしくなって、明日の株価が気になるものです。そんな時に多くの人が株価予想を必死で探す訳ですが、確実に当たる予想なんて存在しません。

そもそも明日の株価が上がるのか?下がるのか?そんな短期的な値動きを気にしては、儲かる投資家になれません。勝ち続ける投資家は、不安になった庶民が投げ売る時だけ、勝負していますからね。

東京製綱で儲けるポイント
  • 年末が底値園になる傾向が強い。今は投資チャンスの到来を待ちたい
  • 上昇トレンドか、最低でもBox相場を維持している時に、買い向かおう
  • トレンド線付近まで株価が下落したら、損切する覚悟で勝負
  • 株価予想に投資判断を託しても、投機的な取引を強要され、損してオシマイ

資金を守る事が第一。無理な売買を繰り返すと、相場では生き残れない

(2016年6月24日公開)

投機的な取引を推奨する投資情報を信じても、利益が僅か!!

多くの投資情報が、明日の株価が上がる理由、下がる理由を提示していますけど、予想屋の発言を信じて、飛び乗る売買を続けても、痛い目に合うだけです。仮に予想が当たっても、儲けは僅かで、資金が増える気がしません。

そんな短期的な目線でなく、半年程度の値幅の中から利益を狙う投資スタンスで挑むべきです。年1回程度の取引になりますが、多額の利益を得る可能性が高いです。細かい売買は後述しますので、まずは株価予想の問題点について見て参りましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
冨田康夫 ありません 2015/6/23 買:当たり 0.3万円
(22万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 13万円
(32万円)

冨田康夫氏の買い予想が当たって、利益が3,000円

冨田康夫の株価予想

では冨田康夫氏の株価予想をチェックします。株価の下落を見込んだ信用売りが急増したが、株価が落ち着き下値を固めた事から、反転上昇を期待して「買」推奨です。予想が当たり21万円の投資に対して利益が3,000円です。

予想記事を読んでみると世界情勢から始まり、銘柄の業績分析など難解な理由を提示して、短期的に買う理由を述べています。

まず他人の投資情報を参考に売買する限り、常に不安に襲われて、冷静な投資行動をとる事が出来ません。その上、自然と自分が安心する情報を探しますから、傷口を広げる事になります。

今回の予想は当たりましたが、短期的な取引だとリスクを取った割りに利益もすくないです。そもそも上位10%程度の人しか生き残れない短期取引を、他人の情報をもとに勝負するなんて、自殺行為ですよ。

東京製綱の株価予想チャート

デイトレードやスイングトレードのような短期売買で勝ち続ける事は、本当に難しいです。株価予想と呼ばれる情報源を頼りに、戦いを挑むという事は、竹槍を武器に戦闘機と戦うようなものです。そんな負け戦に挑んでいるイメージが持てない人は、いつまでたってもカモとして大切な資金を、相場に献上する事になりますからね。

東京製綱に関する予想屋の発言に従うと、こうなる

プロと素人が入り乱れて戦う事になる相場の世界では、戦略が重要です。投資経験が少なく、投資に費やする時間も限られる個人投資家が勝ち残るためには、庶民が保有株を恐怖で投げ売るような相場暴落時に勝負するのみです。

単純に暴落したから買い向かうのは危険ですから、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの手法を組み合わせる事をおススメします。儲かる可能性が、グッと高まるでしょう。

今は静観して、年末頃に到来するバーゲンセールを待とう

東京製綱は、主力の鋼索鋼線関連事業、スチールコード関連事業、開発製品関連事業、不動産関連事業の4部門が収益源です。不動産事業の売上比率は数%ですが利益に貢献しており、安定した収益源の一つでしょう。

これまで主力事業以外の部門で赤字が発生していましたが、今年度は全ての事業で黒字化を実現しており、営業利益率も5%台の水準に達しました。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 東京製綱 (5981)
上場市場 東証1部
業種 金属製品
株価 145円
単元株数と最低購入単価 1,000株:14万5,000円
時価総額 235億円
資本金 10億円
発行済株式数 1億6,268万株
浮動株数 4,213万株
利益剰余金 104億円
有利子負債 291億円
保有者比率 外国 12.6%
浮動株 25.9%
投信 13.8%
特定株 38.7%

ただ過去の業績を見ると、これまでスチールコード関連事業が2年連続で巨額の赤字を出しており、2012年度の巨額損失の影響で最終損失になるまでに至っています。事業の立て直しが行われて黒字化を実現していますが、今後も安定した経営ができるのか?注目したいです。

東京製綱の業績

では東京製綱の特徴を把握するために、過去の値動きを確認します。1年間単位で、株価の底値園、高値園をチェックすると、大局的な株価の流れを把握する事が可能です。実際に2009~2012年の株価を見てみると、ほぼ年末の11月前後で底値園に達してから株価の上昇が再開します。

つまり日々、株価の監視をする必要はなくて、ざっくりと年末毎にバーゲンセールが到来するイメージで、ゆったりと相場に向き合えば良いと思います。

ただし株価の上昇力が弱いために長期的な下落が続き、仮に投資タイミングが分かったとしても、利益を出すのは難しいですね。株価の値動きがイメージしやすい銘柄は必須として、株価上昇が継続する銘柄か、Box相場が続く銘柄を利用しましょう。

東京製綱の過去のチャート

では直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。まずは株価のトレンドを把握する4つのステップを参考に、トレンド線を引いてみましょう。

株価の上昇が続いた2016年初旬までならば、年末頃を目安にトレンド線まで下落した際に買い向かう方針で問題ないです。最高のタイミングで株を買うための3つのステップが参考になりますね。

仮に上述の戦略を採用して2014年10月頃(160円)に2,000株を購入して、株価が急騰した2015年1月頃(225円)に売却すると、32万円の投資に対して利益が13万円となります。利益率が40%ですから、年1回の取引でも十分な儲けになります。

さて直近のチャートを見ると、上昇トレンド線を突き抜けて株価の下落が続いています。今は、焦って勝負する時ではないですよ。年末頃に底値園を形成する銘柄の特徴を思い出して頂き、それまで様子見のスタンスで良いと思います。

なお下記の赤色エリアのような株価が上昇した後に参入する行為は、かなり危険です。最後の買い手である庶民と一緒に、暴落で損失を出す可能性が高いですからね。

東京製綱の売買チャンス

ちなみに現時点でも、15万円近くの投資資金が必要になる銘柄です。残業代が軽く吹っ飛ぶ損失を見たりすると、冷静な投資判断ができないでしょう。

投資初心者の人は可能な限り少額取引で経験を積みましょう。
SMBC日興証券の1万円で株式投資ができるキンカブサービスの利用を検討すべきです。

最後に東京製綱と日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。日経平均の動きに連動しており、株価の上昇や、下落する時期など似た傾向になります。

値動きが激しいので、投資経験が少ない人が手を出すのは、少々厳しいかもしれません。平均的なパフォーマンスになりますが、比較的に値動きが緩く、日経平均株価指数と同じ値動きをする銘柄であるETFの利用もおススメです。

東京製綱のチャートと日経平均株価指数を比較

紺色線:東京製綱 ピンク色線:日経平均株価指数

2016年6月時点で管理人がチェックした金属製品銘柄

SUMCOの評価・感想
菊池製作所の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

東京製綱の売買をする場合にお勧めの証券会社

東京製綱を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!