JFEホールディングスの株価予想は当たるのか?

JFEホールディングスの株価予想を評価・解説

JFEホールディングスの株価が上がるのか?下がるのか?今後の見通しを知りたくて、株価予想を探すのでしょうが、確実に当たる情報源なんぞ世の中には存在しません。

むしろカモ投資家として、予想屋にお金を貢ぐ可能性の方が高いです。もしも株式投資でお金を増やしたいならば、カモになる個人投資家と逆の行動をとる必要があります。

JFEホールディングス

JFEホールディングスで儲けるポイント
  • 例年、11月前後に底値園を形成する傾向があるので、この特徴を利用したい
  • ただし下落トレンドの銘柄で利益を出すのは難しい。トレンドの転換を待とう
  • 慌てて飛び乗る行為が損失に繋がる。無理をせず、買い場を待つことが重要だ
  • 短期売買を推奨する株価予想なんて、信じるなよ

日々の値動きに一喜一憂せずに、投資チャンスを待ち続けよう

(2016年9月5日公開)

株価予想を探す人は、世の金融関係者のカモにされている。懐が潤うのは、予想屋だ

楽して大儲けしたいと考える人がいる限り、世の中から株価予想は無くなりません。ほとんどが最後の買い手として、ありえない状況で売買させるものばかりです。

実は、あなたのようなカモ投資家が保有株を投げ売りする時が投資チャンスなんです。予想情報を信じている限り、資産が増える事はありませんよ。

年1回は訪れるバーゲンセールを上手に活用しましょう。まずは株価予想の問題点について、見て参りましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
岡野将士 勝率:66%
(8勝4敗)
2016/3/7~11 売:当たり 0.7万円
(32万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 15万円
(40万円)


岡野将士氏の売り予想が当たって、利益が7,000円

岡野将士の株価予想


では岡野将士氏の株価予想を確認します。今年の1月に再び業績見通しの下方修正が発表された上に、直近の安値から+30%の位置にあり、今は売り局面と捉えて「売り」推奨です。予想が当たり、32万円の投資(200株を購入)に対し、利益が7,000円です。

管理人、基本的に初心者の人は短期売買をやるべきでないと思っています。もちろん才能がある人、自信がある人、死ぬほど努力できる人は自己責任で短期取引に挑戦しても良いでしょうが、投資情報を探す人は決して手を出すべきでないと思います。

例えば予想記事を見ると、過去643回の取引で勝率が60%と記載されています。しかし膨大な回数の取引を行って利益を積み上げる手法ですから、どれだけの労力が必要になるんでしょうね。

というかですね、検証(バックテスト)ができるトレードステーションでも使って、本当に儲かるのか?自分で調べる気が無い人は、ギャンブルに近い短期売買をやっちゃダメですよ。

JFEホールディングスの株価予想チャート


楽をして儲けようと思っていると、どんな事であろうと騙されて、結局は損をする事になります。特に資産運用業界の投資話は、危険がてんこ盛りです。

「甘い話に裏がある」事は常識です。儲け話が我々庶民にやってくる訳がないのですよ。儲け話は、あなたをカモにして金融関係者が大儲けするために提案するのです。

JFEホールディングスに関する予想屋の発言


では個人投資家が投資情報に頼らずに利益を出すには、どうすれば良いのか?管理人は、年1回の買い場だけで勝負する手法をおススメします。

最後の買い手であるカモの個人投資家が高値で購入して、保有株を投げ売る事で、底値園が毎年できますからね。そのサイクルを上手に活用するべきだと思いますよ。

「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの手法を参考にすると、より明確に投資チャンスが分かると思います。



ボックス相場に転換するのであれば、買い場を模索したい。今は様子見。

JFEホールディングスは、鉄鋼事業、エンジニアリング事業、商社事業の3部門が主な収益源です。主力は売上の7割を占める鉄鋼事業であり、粗鋼の生産量では世界9位のポジションです。

ただしエンジニアリング事業の利益率は5%、商社事業だと1%台の水準ですから、売上・利益水準共に主力を支える事業としては物足りないです。

さらに主力の鉄鋼事業では、原料価格、販売価格の影響で利益率が6%台から1%台にまで激減しており、外部要因の影響も大きく、安定感のないビジネスですね。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) JFEホールディングス(5411)
上場市場 東証1部
業種 鉄鋼
株価 1,356円
単元株数と最低購入単価 100株:13万5,600円
時価総額 8,334億円
資本金 1,471億円
発行済株式数 6億1,443万株
浮動株数 7,373万株
利益剰余金 1兆650億円
有利子負債 1兆3,793億円
保有者比率 外国 27.5%
浮動株 12.0%
投信 3.7%
特定株 28.7%

では業績の推移をチェックします。やはり利益に安定感がなく、かなり振れ幅が大きくて、株価にも影響を与えるので、投資先として注意が必要です。

例えば2014年、2015年の利益が激増してますが、棚卸資産評価の影響や、主原料価格のダウンなど外部要因の影響が大きい印象です。

2016年度は、この主力の鉄鋼事業が不振で利益が激減です。安定して利益を稼げる事業構造ではなく、その分だけ株価の変動も激しくなるでしょう。

JFEホールディングスの業績


次に倒産する可能性のある企業なのか?判断する為にキャッシュフローの推移を見てみましょう。本業からの現金収入である営業CFが常にプラスであり、その範囲内で投資活動(投資CFがマイナス)と借金の返済(財務CFがマイナス)を続けています。

資金繰りとしては、問題を感じませんね。キャッシュフローの状況だけで判断すると、優良企業と判定できます。

JFEホールディングスのキャッシュフロー


投資判断の参考になるので、JFEホールディングスの過去チャートも見てみます。1年サイクルで株価の流れを見ると、年末の11月前後に底値園に達して、春先に株価が上昇する傾向が強いです。

この大きな流れに乗る事が大切で、日々の値動きに惑わされず、年末に買い場を探す方針で良いでしょう。ただし株価の下落が続く銘柄の場合、再上昇力が弱く利益になっても儲けが少ないです。

ボックス相場か上昇トレンドに転換したのを確認後、投資対象として検討した方が無難だと思います。できるだけ一定のサイクルで、株価が変動する銘柄を利用しましょう。

株価の値動きがイメージしやすい銘柄を扱うと、不安になる事が少なく、冷静に相場を眺める事ができますからね。利益を安定させるコツのひとつです。

JFEホールディングスの過去のチャート


直近のチャートを見て、投資判断を考えてみます。株価のトレンドを見ると、2013年を起点にした上昇トレンドが崩れて、株価の下落が続いています。

下落トレンドの銘柄で利益を出すのは難しく、このまま株価が停滞してボックス相場になりそうであれば、買い場を模索して良いかと思います。無理をする必要は無いので、良く分からない場合は手を出さず、別の銘柄を探す指針でも良いでしょうね。

なお上昇トレンドかボックス相場だと、サイクル的に底値になりやすい年末を目途に、買い場を探す方針です。

仮に上述の戦略を採用して2014年10月頃(2,000円)に200株を購入し、半年後の2015年4月頃(2,750円)に売却すると、40万円の投資に対して利益が15万円となり、利益率が37%に達します。

このように最高のタイミングで株を買う事ができれば、年1回の取引でも利益率が大きくなります。多少は売買タイミングを間違っても、大きな儲けを得る事ができるのも特徴の一つです。

JFEホールディングスの売買チャンス



2016年9月時点で管理人がチェックした鉄鋼銘柄

神戸製鋼所の評価・感想
日立金属の評価・感想
新日鐵住金の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

JFEホールディングスの売買をする場合にお勧めの証券会社

JFEホールディングスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!