神戸製鋼所の株価予想は当たるのか?

神戸製鋼所の株価予想を評価・解説

株価の下落が続いて不安になった人が株価予想を探すのでしょうが、見通しを確実に当てる予想屋なんて居ません。むしろ振り回されて、資金を更にすり減らすだけです。

個人投資家が利益を出す為には、世の金融関係者の発言通りに売買するのでなくて、自分で投資判断をする事が大切です。一般の投資家と逆の行動を取る、これが儲ける秘訣

神戸製鋼所

神戸製鋼所で儲けるポイント
  • 年末頃に形成する底値園から、株価の上昇が再開する傾向がある
  • ボックス相場、上昇トレンドを形成する時期なら、年末頃を目安に買い場を探そう
  • 下落トレンドが続く時に利益を出すのは難しい。無理せず静観する事を、おススメ
  • 短期売買で利益を出すのは難しい。そんな売買を推奨する株価予想を信じるな

年1回の投資チャンスを利用するだけでも、十分に利益を出せる

(2016年8月27日公開)

手っ取り早く儲けようと予想屋を信じる事は、資金を溶かして後悔するだけだ!

世の金融関係者、特に資産運用、株価予想業界は、普通の庶民を食い物にしています。それだけお金が欲しい、楽して儲けたいと思っている人が多いからなんですけどね。

そんな需要に答える形で、短期売買を推奨する株価予想を毎日のように提供しています。 実は予想屋の売買を信じるよりも年1回程度ある投資チャンスを上手に活用した方が利益になります。まずは株価予想の問題点について、見て参りましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
熊谷亮 ありません 2016/2/23 買:外れ ▲0.3万円
(26万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 22.5万円
(45万円)


熊谷亮氏の買い予想が外れて、損失が3,000円

熊谷亮の株価予想


では熊谷亮氏の株価予想をチェックしましょう。日経平均株価指数に連動し、大きく株価が下落しているが、テクニカル的に反発上昇が期待できるので「買」推奨です。予想が外れ26万円の投資(3,000株購入)に対して、損失が3000円です。

そもそも何のテクニカル分析を利用しているか不明ですし、その勝率情報が無いので判断できないのですが、基本的に投機的な取引である短期売買を管理人は推奨しません。

デイトレードのような売買は、ほとんどの人が損している訳ですし、相当な回数の売買をする為に多額の手数料が発生します。その時点で、かなり不利な戦いになります。

株価予想を信じて毎日取引を行った場合、売買手数料分は確実に資金を食いつぶしていくので、ほとんど資金は増えないでしょう。

むしろ中長期的な目線(半年以上)で勝負した方が、よっぽど利益になります。下記チャートを見ても、予想後の株価は上昇していますしね・笑

神戸製鋼所の株価予想チャート


予想情報を提供する金融関係者を頼る事の、何が問題なのか? 自分自身で投資判断する事を放棄する点が、最大の問題です。

株式市場は常に変化している訳で、確実に当たる予想なんて無いですよ。振り回されて、何をすれば良いのか?結局、分からなくなりますからね。

神戸製鋼所に関する予想屋の発言を信じたカモ


株式投資では、不安な心が最大の敵です。むしろ恐怖心を煽る投資情報を、見ない事も有効な手段です。自分が調べた事だけを信じる方が、むしろ冷静になれますから。

とはいえ、普通の弱小個人投資家が相場で利益を手にするために、どうすれば良いのか?できるだけシンプルで簡単な方法を採用しましょう。そもそも本当の投資チャンスは、カモにされた一般人が保有株を手放するような株価下落時ですからね。

ただ株価が下落したからと手を出すと損失になるだけですから、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」等の手法を上手に活用する事をおススメします。



このままボックス相場が続くのであれば、年末頃を目安に買い場を探す方針

神戸製鋼所は、8つのセグメント(鉄鋼、溶接、アルミ・銅、機械、エンジニアリング、建設機械、電力、その他)から成り立っており、主力は売上の4割を占める鉄鋼です。ただし鉄鋼セグメントの利益率が低く、 今期だけでなく来期も赤字の見通しです。

2016年度は、ほとんどの事業の利益が減る見込みですから、株価が停滞する予感がします。海外の売上比率は3割台でありまして、中国の比率が高いです。株価が為替の影響を受ける(利益に影響する為)事も、頭の片隅に入れておきましょう。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 神戸製鋼所 (5406)
上場市場 東証1部
業種 鉄鋼
株価 90円
単元株数と最低購入単価 1,000株:9万円
時価総額 3,279億円
資本金 2,509億円
発行済株式数 36億4,364万株
浮動株数 7億3,237万株
利益剰余金 3,547億円
有利子負債 7,894億円
保有者比率 外国 24.3%
浮動株 20.1%
投信 4.2%
特定株 20.7%

まずは業績推移をチェックします。売上高が停滞しており、利益にも安定感がありません。過去5年のうち3年は最終赤字に陥っています。今後、予想通りに黒字化するのか?注目したいです。

神戸製鋼所の業績


次に倒産する可能性のある企業なのか?判断するために、キャッシュフローの推移もチェックします。現金収入(本業の儲け)である営業CFの激減が、気になりますね。

ただし積極的な投資活動を行っており(投資CFがマイナス)、不足した現金も借り入れ(財務CFがプラス)可能なようですから、攻めの経営を続ける姿勢を感じます。資金繰りの視点では、問題を感じませんね。

神戸製鋼所のキャッシュフロー


次に過去の値動きをチェックして、神戸製鋼所の株価の特徴を把握しましょう。下記2009~2012年のチャートをご覧ください。多くの銘柄が、毎年似たような時期に底値園を形成するので、過去チャートを調べる事は大切です。

例えば神戸製鋼所は、年間を区切って株価をみると11月前後の年末を境にして、再び上昇に転じます。つまり年末頃に投資するイメージで、銘柄を監視すれば良いという事です。注意点としては、下落トレンド時の株価上昇は弱いので、利益を得にくいです。

ボックス相場、又は上昇トレンド時に資金を投じる事をおススメします。何れにしろ株価の値動きがイメージしやすい銘柄を利用する事が、安定した利益を出すコツです。

神戸製鋼所の過去のチャート


では具体的に直近のチャートを見て投資判断を考えてみます。株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にしてトレンド線を引いた、下記チャートをご覧ください。

最高のタイミングで株を買うための3つのステップで解説していますが、ボックス相場や上昇トレンド形成時期であれば、年末頃に株価が下落した際に資金を投じるスタンスでOKです。

例えば上述の戦略を採用して、2014年10月頃(150円)に3,000株を購入し半年後の2015年4月頃(225円)に売却すると、45万円の投資に対して利益が22.5万円となります。利益率が50%に達しました。

ただし現在は下落トレンドから、ボックス相場に転換したのか!?という局面です。下落トレンドが続く銘柄で利益を出すのは難しく、その場合は静観するスタンスです。

もしもボックス相場が続きそうであれば、年末頃を目途に買い場を探す方針ですね。

神戸製鋼所の売買チャンス


最後に神戸製鋼所と日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。神戸製鋼所の株価を長期的な目線で眺めると、相場全体の影響を受けて、連動するような値動きになっています。

日経平均株価指数が停滞している時期は、神戸製鋼所の株価も冴えないでしょう。株価上昇期は、日経平均株価指数以上に上昇する可能性がありますが、個別銘柄の業績影響で上がらないリスクも当然あります。

そのあたりのリスクを回避したいのであれば、日経平均株価指数と同じ値動きをする銘柄であるETFを活用する戦略もおススメです。

神戸製鋼所のチャートと日経平均株価指数を比較 紺色線:神戸製鋼所 ピンク色線:日経平均株価指数



2016年8月時点で管理人がチェックした鉄鋼銘柄

日立金属の評価・感想
新日鐵住金の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

神戸製鋼所の売買をする場合にお勧めの証券会社

神戸製鋼所を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!