ブリヂストンの株価予想は当たるのか?

ブリヂストンの株価予想を評価

ブリヂストンの一言ポイント
  • 売上・利益共に順調に増加しており、業績が好調である事が良く分かる
  • 収益体質も改善しており、現在では13%近い利益率で儲かる会社である
  • 海外の売上比率も7割近くあり、グローバル企業として活躍している
  • 業績が非常に良い割に、市場平均と大差ないパフォーマンスには驚き
  • 損切りを提示しない株価予想に従うと、大損する可能性が高まる

業績が非常に良くても、平凡なパフォーマンスになる良い例

(2015年8月30日公開)

著名人によるブリヂストンの株価予想の結果は?

堅調な業績で安心感のあるブリヂストンに、投資の達人も注目しているようです。多くの株価予想がありますから、見通し結果について精査してみる事に致しましょう。

評価者 実力 予想期間 結果
熊谷亮 勝率:59%(245勝169敗) 2015/8/24~28 買:当り
2015/6/1~5 売:当り

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する下記の評価コンテンツも御参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

熊谷亮氏の株価予想(2015/8/24~28) 推奨:買 結果:当り

熊谷亮の株価予想

それでは熊谷亮氏の株価予想内容を確認してみましょう。株価予想期間は、下記の5日間となります。世界同時株安時の大暴落による下落からの反発を期待しての「買」推奨です。

今回は株価予想が見事に当たりましたが、暴落が止まらなかったら大損したはずです。ロスカットをしないで、短期勝負に挑むのは相場から退場する事に繋がります。

参考:撤退する価格を決めない株式投資の損失は巨額

ブリヂストンの株価予想チャート

熊谷亮氏の株価予想(2015/6/1~5) 推奨:売 結果:当り

熊谷亮の株価予想

熊谷亮氏による株価予想をもう1件、確認して見る事にしましょう。株価予想期間は、下記紺色枠の5日間となります。高値園に達している事から、反落を期待しての「売」です。

このような高値園で、逆に買いエントリーされた方は大損した事でしょうね。
参考:高値園でエントリーさせられて大損する事例

今回は株価予想が当たったから良かったのですが、短期的な売買は確率的な事象が重要になります。出来るだけ勝率が高いと思われるタイミングで勝負したいですね。

ブリヂストンの株価予想チャートその2

今回はご紹介出来ませんでしたが、業績が良い事だけを理由に短期売買を勧める株価予想も存在します。短期的な値動きと業績の関連は低いと思われますから、注意して頂きたいですね。

参考:好業績を叩き出しても、短期的に暴落するのは日常茶飯事

上がる株を見つけたいが為に、株価予想なぞに頼る事になるかと思いますが利益を上げ続けたいのであれば、御仁で投資判断が出来るようになるべきです。

世の中にはシンプルな投資判断で良いものが沢山あります。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの投資戦略も御参考になさって下さい。

管理人が感じたブリヂストンの株価見通し

タイヤ生産で世界首位のブリヂストンは、タイヤ部門、多角化部門の2本柱となっており売上の9割近くはタイヤ部門が稼ぎ出しています。

海外の売上比率は7割近くある上に、収益体質も改善しており営業利益率は、13%と製造業の中で高収益体質と言えます。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ブリヂストン (5108)
上場市場 東証1部
業種 ゴム製品
株価 4,145円
単元株数と最低購入単価 100株:41万4,500円 高いです
時価総額 3兆3,707億円
資本金 1,263億円
発行済株式数 8億1,310万株 大型株
浮動株数 780万株
利益剰余金 1兆8,487億円
有利子負債 5,242億円
保有者比率 外国 31.6%
浮動株 3.9%
投信 6.3%
特定株 34.7%

これまでの業績推移を見ると、売上高、利益供に綺麗な右肩上がりの曲線で増加しており 非常に順調な経営がなされているようです。

ブリヂストンの業績

業績が非常に良い為に、株価のパフォーマンスも期待できます。ここ3年程の値動きを見ると、若干ですが市場平均より良い程度でしょうか。

業績が非常に好調であるのに、意外ですね。ファンダメンタルズ的に分析をしても、平凡なパフォーマンスだと言うのは残念です。

上がる株を事前に予測するのは非常に難しいですね。下手をすると、停滞するような銘柄に資金を投入して儲かる機会を失う可能性もある訳です。

市場環境が良い時には、簡単確実に上がる株に資金を投入する方法がありますから、下記コンテンツも御参考になさってみて下さい。
参考:市場が盛り上がっている時に確実に上がる株を見つける方法

ブリヂストンと日経平均株価指数の比較チャートその3

紺色線:ブリヂストン ピンク色線:日経平均株価指数


日本市場が低迷期のチャートを見ると、上昇傾向にありますが売買で利益を取るのは難しいと感じる銘柄ですね。

このように多くの銘柄が上がらないような時期には、定期的に上がったり下がったりする銘柄を利用すれば良いかと思います。

市場低迷期に絶大な効果を発揮する下記投資戦略も参考になさってみて下さい。
参考:株式市場の低迷期に大儲けできる方法

ブリヂストンの過去の値動き

ブリヂストンの売買をする場合にお勧めの証券会社

ブリヂストンを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!