大王製紙の株価予想は当たるのか?

大王製紙の株価予想を評価・解説

大王製紙で一儲けしようと思い、株価予想を探す段階で負け組の仲間入りが確定。明日の株価が上がるのか?下がるのか?そんな事を気にしている段階で、儲かる投資家になる事は出来ない。

むしろ一発当てようと必死に投資情報を探すカモ投資家が、保有株を投げ売るバーゲンセール時にだけ買い向かった方が、遥かに利益になる可能性が高い。

大王製紙で儲けるポイント
  • 2012年末を起点にした株価の上昇が続く限り、暴落で買い
  • 大火傷を負うので、急激な株価上昇が続いている時に素人は手を出すな!
  • 年末頃に訪れる可能性の高いバーゲンセール以外は、グッと我慢
  • 買う理由、売る理由なんて如何様にも作れる。株価予想には、ご用心

資金を減らさない投資行動が最も重要だ。原資が減ると、挽回がとても大変

(2016年6月7日公開)

多種多様な上がる理由を提示するが、株価が上がらない。そんな株価予想ばかりだ

そもそも株価予想を探すような人は、投資の知識がありません。そんな状況を巧みに利用した世の中の予想屋は、さまざまな売買理由を提示してきます。

しかし予想屋の十人十色な発言に振り回されて、資金を失うだけです。仮に予想が当たっても、儲けが僅かで満足する事はできないでしょうね。

そんな事をせずとも年1回のバーゲンセール時に、買い向かえば良いだけなんですけどね。詳しい売買は後述するとして、まずは株価予想の問題点を見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
小野山功 勝率:46%
(7勝8敗)
2016/
1/12~15
買:当たり 0.1万円
(29万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 25万円
(30万円)

小野山功氏の株価予想が当たり、利益が1200円

小野山功の株価予想

では小野山功氏の株価予想をチェックしてみます。経営方針で対立している大株主の北越紀州製紙の敵対的買収に発展する可能性があるとみて「買」推奨なさっています。株価予想が当たり29万円(300株を購入)の投資に対して、利益が1200円です。

予想記事を読み込んでみると、買収以外にも「業績不安が低い銘柄なので、リスク回避的な資金の受け皿になる可能性がある」「4期連続の増益見通しで決算発表前に株価が上がる可能性がある」など多彩な売買理由を述べています。

今回は運よく予想が当たりましたが、売買理由を見てみると思惑や期待頼みで、本当に株価が上がる可能性が高かったのか?ものすごく怪しいと感じますね。

まぁ、株価が上がるのか?下がるのか?の2パターンしかない訳で、それらの理由なんて如何様にも作れますからね。庶民ほど、納得して騙されそうです。

実際のチャートを見ると株価は下がり続けており、むしろ予想は外れたと思った方が良い動きをしています。本当に株価予想なんて、百害あって一利なしの存在ですよ。

大王製紙の株価予想チャート

負け組投資家の典型的な考え方として、株価の見通し、先行きを予想できる人が居ると思っている事でしょうか。

そもそも完璧に株価予想を当てる事ができる人なんて、世の中にいませんからね!! ぜひジム・ロジャーズの株価予想は、本当に当たるのか?検証してみた!記事でも熟読なさって下さい。著名な投資家でも、株価予想を外しまくっていますから。

大王製紙に関する予想屋の発言

株式投資では百戦錬磨の経験者と初心者がガチンコ勝負をする訳ですから、正面から戦ってもボロ負けしてオシマイです。投資経験も投資に使う時間も圧倒的に劣りますから、普通の方法では、まず儲からない。

で、どうやって儲かる投資チャンスを見出せば良いのか?答えは意外と簡単です。年1回は、プロですら思考停止になってカモにされた個人投資家が保有株を投げ売る暴落が発生します。そんなバーゲンセールの時にだけ買い向かうのです。忍耐力が必要ですが、ほとんど相場のチェックが不要で楽ちんです。

単純に暴落を待つのだけでなくて、「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」を組み合わせると、さらに儲かる可能性が高まります。ぜひ参考になさって下さい。

上昇トレンドが継続。虎視眈々と、再び訪れる投資チャンスを待ちたい

大王製紙は、印刷用紙や段ボールを製造販売する紙・板紙事業と、衛星用紙・おむつを製造販売するホーム&パーソナルケア事業の2本柱が収益源です。

用紙関連の重要が年々減少傾向であり、売上の7割近くを占める紙・板紙事業の利益率は3%程度と、さほど儲かっていません。数年前は営業利益率が2%台まで落ち込んでいましたが、年々改善が進み、現在は5%台に近い水準にまで達しています。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) 大王製紙 (3880)
上場市場 東証1部
業種 パルプ・紙
株価 1,153円
単元株数と最低購入単価 100株:11万5,300円
時価総額 1,721億円
資本金 397億円
発行済株式数 1億4,934万株
浮動株数 1,045万株
利益剰余金 751億円
有利子負債 3,662億円
保有者比率 外国 6.9%
浮動株 7.0%
投信 1.3%
特定株 53.0%

最終利益が赤字に転落した2012年以降の売上は増加しておりますが、利益に安定感がありません。主力事業の国内需要は縮小傾向である事を考えると、成長が期待できるとは、あまり思えないですね。

大王製紙の業績

では大王製紙の過去チャートをチェックして、値動きの特徴を把握しましょう。2009年頃まで遡ってみると、下落トレンドが続いており正直言って、とても分かり難いです。可能であれば 株価の値動きがイメージしやすい銘柄を利用した方が良いと感じるくらいです。

1年間を通して底値園に到達する時期を考えてみると、10月前後になる可能性が高いです。ただし株価が下がり続けている銘柄で儲けるのは至難の技です。せめてBox相場のように、株価が横ばいの動きをしている銘柄を活用しましょう。

大王製紙の過去のチャート

では直近のチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。まずは株価のトレンドを把握する4つのステップを参考にして、トレンド線を引いてみます。株価の上昇が続く限りは、上昇トレンド線付近までの暴落で買い向かう戦略で問題ないでしょう。

当銘柄を含め、多くの銘柄が年末頃に底値園に達する傾向にあり、ちょうどトレンド線付近に株価があれば儲かる投資チャンスと考えられます。最高のタイミングで株を買うための3つのステップも参考にしてみて下さい。

ただし想定通りに株価が上昇しない事もあるので、損切する価格帯を決めた上で勝負をしましょう。むしろ下記チャートの赤色エリアのような価格帯では、手を出さないように。経験が浅いと、利益を確定する前に暴落に遭遇して痛い目にあいます。

仮に上述の投資スタンスで2013年10月頃(600円)に500株を購入して、半年後の2014年4月頃(1100円)に売却すると、30万円の投資に対して利益が25万円となります。利益率が83%に達しますから、年1回の取引でも十分ですね。

大王製紙の売買チャンス

2016年6月時点で管理人がチェックしたパルプ・紙銘柄

日本製紙の評価・感想
王子ホールディングスの評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

大王製紙の売買をする場合にお勧めの証券会社

大王製紙を利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!