ガイアックスの株価予想は当たるのか?

ガイアックスの株価予想を評価・解説

利益が10倍になった事で注目を集め、バブルが発生し、そして崩壊。悲しい事に、予想屋達の買い推奨を信じてしまった人達の多くが、高値で購入し卒倒しそうな損失を出したはずです。

金融関係者の投資情報を必死に探す限り、株式投資で安定的に儲ける事は難しいですよ。さっさと株価予想からは卒業して、正しい投資技術を身につけましょう。

ガイアックス

ガイアックスで儲けるポイント
  • インキュベーション事業好調で利益10倍。ただ見通し予測困難で持続性に疑問
  • 3年連続の赤字から、ようやく黒字化。安定的に利益を出せ続けるのか?注目。
  • 4年連続で営業CFがマイナス。資金繰りには、苦しんでいる予感がする。
  • 業績が黒字なら、支持となるトレンド線まで株価が下落した際に、買いたい。

短期間で株価が上昇する時に購入するな。バブル崩壊で損失を被る事になる。

(2016年12月8日公開)

株価予想直後から猛烈な暴落が発生し、大損した凍死家が続出した事例

多くの株価予想を精査した管理人としては予想屋の言葉を信じ、安易に株を買うべきでないと思っています。本事例のように含み損を抱えて、茫然とする事になるからです。

株価が上がり続けると思える状況から一転して、暴落するなんて日常茶飯事ですからね。相場に振り回されない為にも、中長期的な視点で投資をするべきです。多額の利益を得る可能性も高いですしね。まずは株価予想の問題点を見てみましょうか。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
岩田仙吉 ありません 2016/6/14から5か月保有 買:外れ ▲7万円
(29万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +42万円
(32万円)


岩田仙吉氏の買い予想が外れて、損失が7万円

岩田仙吉の株価予想


では岩田仙吉氏の株価予想を見てみますか。LINEの上場で、関連銘柄の一つであるガイアックスに注目が集まると予想し、強気の買い推奨をなさっています。残念ながら予想が外れ、29万円の投資に対して、損失が7万円です。

実は予想した直後から3日連続で株価が暴落しており、短期間に200円近くの下落です。仮に744円で400株を購入していた場合、29万円の投下資金に対して損失が8万円です。▲27%の大損害ですから、この時点で、必死に投げ売りした人も多そうです。

仮に株価の上昇を夢見て、しぶとく保有していた人も、5か月待っても株価は上がらず、痺れを切らして損切しているでしょう。このシチュエーションでも、損失は7万円です。もう株式投資なんて、一生しないと決意した人も居そうですよね!

もしかすると、ずっと保有していれば株価が上がるかもしれませんが、そんな運任せでは、株式投資で儲ける事は難しいです。当然ですけど、予想屋の言葉を信じている時点で、カモにされていますからね。

ガイアックスの株価予想チャート


世の中には有益な投資情報を提供する予想屋もいるかもしれませんが、最後の投資判断を自分自身で決断しないと、何か問題が発生した場合に、狼狽えて、結局は損する行動に出る可能性が高いです。

例えば、ちょっとした暴落や、恐怖を煽るニュースを聞いて、怖くなって、保有を続けるべきなのに、売却して損失になるなどです。結局は、売買注文を出すのは自分自身です。冷静な投資判断をする為にも、他人の投資情報に振り回されるべきでは無いです。

ガイアックスに関する予想屋の発言を信じたカモ


予想屋には頼らず、自分自身で判断する為にも可能な限り、シンプルな方法を採用するべきです。個人投資家が、株式投資で利益を得る方法は、いろいろとありますが、その中でも、当サイトでは「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」をおススメしています。

比較的に投資判断が明確であり、中長期的な視点で勝負するため、利益率も高いです。特に売買タイミングを間違えても、儲かる点が特徴です。ぜひ投資戦略の参考になさってみて下さい。



業績不透明で判断が難しい。リスクが取れるなら少額資金で投資すべき

ガイアックスは、ソーシャルサービス事業、インキュベーション事業、受託開発事業の3部門が主要な収益源です。

ソーシャルアプリ領域で、カスタマーサポート代行業務や、ソーシャルメディアSNSの投稿モニタリングなど、企業の黒子的な役割を請け負うビジネスを展開しています。

ガイアックスの事業


平成27年度時点の事業別売上を見ると、インキュベーション事業の利益額、利益率の高さが際立っています。

ただしインキュベーション事業は、マーケット環境や市況動向で大きく変動する可能性があり、ガイアックス側が業績の予測が困難と言っている為、下手をすると足を引っ張る事も想定した方が良いのかもしれません。

ソーシャルサービス事業、受託開発事業で、しっかりと利益を稼ぎ続ける事ができるのか?このあたりにも注目が必要でしょう。

ガイアックスの事業別の業績


なお利益余剰金が▲0.1億とマイナスであり、有利負債も11億円程度あります。52億円の売上で利益が3億程度ですから、そこそこ借金の負担があるのかなと感じます。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ガイアックス (3775)
上場市場 名証セントレックス
業種 情報・通信
株価 597円
単元株数と最低購入単価 100株:5万9,700円
時価総額 30億円
資本金 1億円
発行済株式数 5億1,477万株
浮動株数 1億7,347万株
利益剰余金 ▲0.1億円
有利子負債 11億円
保有者比率 外国 0.8%
浮動株 33.7%
投信 0.0%
特定株 34.0%

ではガイアックスの業績推移を見てみますか。売上高が増え続けており、2013年度までは赤字でしたが、2014年度から事業が黒字に転じています。利益が急激に増加しており、これが本当に維持できるのか?そのあたりが最大のポイントだと思います。

ガイアックスの業績


営業利益率の視点から業績を眺めてみると、過去3年は赤字であり、黒字化を達成した2014年度の利益率が、たったの0.9%の水準です。2010年時点の水準にすら、回復していない状況。

ガイアックスの営業利益率


で2015年度はインキュベーション事業が当たって、営業利益が10倍、営業利益率も7.5%まで上昇しています。

期待のインキュベーション事業は、先行きの予測が困難と言っているので、安定的に成長が見込めると思わない方が良いのかな?と思いますね。経験が未熟な人が扱うと、火傷する銘柄です。

ガイアックスの決算数値


次にガイアックスが倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、キャッシュフローの推移もチェックしてみます。2011年から黒字化を達成した2014年まで、ずっと営業CFがマイナスです。

イメージとしては毎月お給料が振り込まれない状況という事です。資金繰りに苦しんだはずですし、基本、このような銘柄に手を出さない方が無難です。初心者の人はね。

2015年度は、インキュベーション事業のお陰で営業CFがプラスになっていますが、今後も、この状態を継続できるのか?そのあたりがポイントです。

財務CFもプラス推移で、長期の借り入れをし続けていますからね。資金調達した現金を有効活用できているのか、気になります。

ガイアックスのキャッシュフロー


では直近のチャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。黒字化を達成した後、利益が10倍になった時期では、株価が猛烈に上昇し、その後、崩壊。まさにバブルが発生して、崩れたチャートです。

正直、株価の値動きがイメージしやすい銘柄を採用して売買した方が、経験な未熟な人は利益を出しやすいと思います。

ただし、株価のトレンドを調べてみると、バブル崩壊後、600円前後が支持として機能しています。今後業績が赤字に陥らず、黒字化を維持して堅調な経営が続けば、ボックス相場に近い値動きになるのかな?と思います。

もちろんインキュベーション事業が再び当たれば、短期的な上昇トレンドを形成するかもしれません。

いずれにしろ、赤色エリアの高値で株を購入しない事です。いつ暴落するか分かりませんし、もっと儲けたい欲望で利確できず、結局損失になる可能性の方が高いですから。

もしも業績が黒字で、増益を続けているなら支持となるトレンド線を探して、そこまで株価が下落した際に購入するスタンスが良いです。最高のタイミングで株を買うための3つのステップを参考にしてみてください。

例えば業績が改善して、赤色矢印線のトレンドに沿って株価が上昇している時期などです。この時であれば、2014年10月(650円)に500株で購入して、半年後の2015年4月(1,500円)に売却すると、32万円の投資に対して利益が42万円となり、利益率が131%に達しました。

待ち伏せ売買は、利益率が高くなる点が特徴ですね。現時点であれば、黒字化を維持する前提で、600円付近が支持となる事を想定し、資金を投じる方針となります。ただし今後の業績が不透明ですから、リスクが高いです。よって少額の資金に留めるか、投資対象から外しても良いでしょう。

ガイアックスの売買チャンス


なお初心者であれば、上級者銘柄であるガイアックスに手を出すよりも、 上がる株にタダ乗りできるひふみ投信に資金を投じた方が、長期的には儲かると思いますよ。参考にしてくださいね。  



2016年12月時点で管理人がチェックした情報・通信銘柄

ガイアックスの売買をする場合にお勧めの証券会社

ガイアックスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!