ワコールホールディングスの株価予想は当たるのか?

ワコールホールディングスの株価予想を評価・解説

ピーチ・ジョン事業の減損で利益が減少したが、基本、増収増益が続く優良企業。ただし業績が堅調な企業でも高値園で株を買ってしまうと、大損してしまう。にも関わらず株価予想を信じたカモが、暴落前の高値で株を購入し、多額の損失を出した模様。

株式投資で利益を出せる人は、暴落で保有株を投げ売りする人から、購入していますからね。さっさと予想屋から卒業なさって、自分自身の投資技術を磨く努力を始めましょう。急がば回れの精神が大切です。

ワコールホールディングス

ワコールホールディングスで儲けるポイント
  • 婦人下着販売で、首位。利益の9割を稼ぐワコール製品が主力。
  • 海外の売上比率は2割強だが国内よりも利益率が高く、今後の海外進出に期待。
  • 有利子負債に対し、多額の利益余剰金がある。実質無借金経営で、財務良好。
  • 業績堅調な為、支持となる上昇トレンド線まで下落したら、株を購入したい。

相場全体の大暴落に合わせて、業績堅調な企業の株を買いたい。

(2017年1月26日公開)

テクニカル分析で提示された株価予想が外れ、甚大な損失を出した事例

管理人も基本的なテクニカル分析を、売買に利用しています。しかし正しい知識がないのに、安易に信じて売買すると、手痛い目にあうことになります。特に撤退すべき時に、損切できず、大損する事になるので、大問題です。

中長期的な視点でリスクを下げて、利益を狙うべきだと思うのですけどね。では具体的に、株価予想で損失を出した事例をご紹介します。

テクニカル 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
PBR推移 ありません 2016/1~7 買:外れ ▲30万円
(135万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) +30万円
(110万円)


PBR推移の買いシグナルが機能せずに、30万円の損失が発生

PBR推移の買いシグナル


仮にPBR推移の下値目途(平均-2Σ)を信じて、2016年1月(1,350円)に購入し、株価の下落が続いて、耐え切れず2016年7月(1,050円)に投げ売りしたら、135万円の投資に対して損失が30万円でした。

そもそもテクニカル分析に限らず、投資判断を他人に任せてしまうと、撤退すべきときに保有を続けてしまい、傷口を広げる事になります。

確かにテクニカル分析は、売買シグナルが明確に出る為、利用しやすいです。しかし得意な局面、不得意な局面があるので、そのあたりの特性を理解した上で、しかも相場の状況に合わせて判断するべきです。

利用する前にトレードステーションのバックテスト機能で、テクニカル手法が儲かるのか?調べる努力は必須でしょうね。

提案された手法が本当に機能するのか?その検証作業をせずに、株価予想を頼りに売買すると、かならず資産を失う事になるでしょう。

ワコールホールディングスの株価予想を信じて損した人


恐らくテクニカル分析の売買シグナルでは、購入タイミングが遅れるため、安定的に利益を出し続ける事が難しいでしょう。時間軸(日足・分足)の違うチャートを複合的に使えば、対応できそうですけど、面倒ですよね。

それよりも、まずは「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」を利用して、半年程度の値幅を狙った方が、利益を手にしやすいと思いますね。

銘柄を監視する手間暇が、かなり少なく、資金効率も良いので、株式投資を始める人にとっては、ベストな選択だと思いますよ。ぜひ、参考になさって下さいね。



業績が好調で上昇トレンドが継続。支持となるトレンド線まで株価が下落した際に、購入を検討したい。

婦人下着首位のワコールホールディングスは、ワコール・ウイングなどの卸販売が主力です。美・快適・健康という三つの価値を提供する事業を、広く展開しています。

ワコールホールディングスの提供価値


セグメントは、国内ワコール事業、海外ワコール事業、ピーチ・ジョン事業、その他の4部門です。ワコール、ピーチ・ジョンでは、主にインナー・アウター・スポーツウェア、レッグニットなどを取り扱っています。

その他部門では、上記に加え、その他の繊維関連商品や、マネキン人形、店舗設計・施工などが含まれます。実は売上の8割、利益に至っては9割強を占める国内外のワコール事業が主力です。

ワコールホールディングスのセグメント別売上


海外売上比率は25%程度で、グローバル展開する事で、売上を伸ばす余地はあるなと感じるところです。 さらに海外は、国内よりも収益性が良いのです。

日本国内の利益率6%に対して、アジア・オセアニア地域では、約8%、欧米に至っては9%に達します。どんどん海外に進出して頂きたいものです。

ワコールホールディングスの地域別売上


なお生活必需品を販売していますから、需要は底堅く、業績の安定感はあるでしょう。有利子負債125億円に対して、利益剰余金が1,667億円もありますからね。多額の現金を内部に抱え込んでおり、実質無借金経営を続けている優良企業です。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ワコールホールディングス(3591)
上場市場 東証1部
業種 繊維製品
株価 1,381円
単元株数と最低購入単価 1,000株:138万1,000円
時価総額 1,980億円
資本金 132億円
発行済株式数 1億4,337万株
浮動株数 2,121万株
利益剰余金 1,667億円
有利子負債 125億円
保有者比率 外国 18.1%
浮動株 14.8%
投信 ‥%
特定株 33.8%

ワコールホールディングスの業績推移を確認してみますか。2015年にピーチ・ジョン事業での減損が原因で、利益が減少していますが、長期では増収増益の傾向が続いています。やはり生活必需品を扱う商売は、堅調な利益を叩きだしますね。

ワコールホールディングスの業績


収益性を示す売上高営業利益率の、過去5年間の推移をご覧ください。ビジネスに問題がある企業の場合、営業利益率が低下する傾向にあります。

しかしワコールホールディングスの利益率は6%前後を維持しており、まったく問題を感じませんね。株価と強い相関のある1株当たりの当期純利益も増加傾向ですし、非常に経営が順調です。

ワコールホールディングスの利益率推移


キャッシュフローの推移も調べてみましょう。本来、倒産する可能性のある企業なのか?判断する為に、CFを調査するのですが、念のため程度です。

資金繰りに影響を与える営業CFが常にプラス推移ですし、潤沢な現金同等物もある訳ですから、まったく問題を感じません。有利子負債も少なく、財務CFの支出要因の大部分を配当金の支払いが占めています。安定した配当金も見込めそうですね!

ワコールホールディングスのキャッシュフロー


業績好調で問題を感じませんが、日経平均株価指数とワコールホールディングスを比較した下記のチャートをご覧下さい。実は市場が絶好調だった2012年以降は、市場平均にパフォーマンスで負けています。

ワコールホールディングスを保有していた場合、利益がイマイチだったという事です。相場が好調な時であれば、単純に日経平均株価指数に連動するETFを売買する方針でも簡単に儲かりそうですね。

ワコールホールディングスのチャートと日経平均株価指数を比較 紺色線:ワコールホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数


それでもワコールホールディングスで儲けを出すために、いつ投資をするべきか?考えてみましょう。今期よりも、来期の業績が良ければ、購入を検討したい所です。

そこで決算短信を調べてみると、営業利益が13,865百万円から10,500百万円へ減少しており、1株当たり当期純利益は79.23円から78.73円に微減です。

業績的には、現状維持というところでしょうか。大きな株価の上昇を期待するというより、これまでの下落に対する株価の反発を狙う戦略となりそうです。

ワコールホールディングスの来期業績


具体的に直近のチャートを調べてみましょう。株価のトレンドを調査してみると、緩やかな上昇トレンドを維持しています。

そもそも業績が急激に悪化している訳でもないので、支持として機能する上昇トレンド線まで株価が下落した際に、株を購入する戦略で良いでしょう。

最高のタイミングで株を買うための3つのステップでも、買い場について解説していますので、参考になさって下さい。

仮に上記指針に沿って2016年10月(1,100円)に購入し、半年後の2017年5月(1400円)に売却すると、110万円の投資に対して、利益が30万円となり、利益率が27%に達します。投資判断は簡単な銘柄の部類になりますけど、利益率がイマイチですね。

なお現時点の株価はトレンド線よりも遥かに高い位置にあり、焦って購入する時期では無いです。再び、トレンド線まで株価が下落するのを待ちましょう。

注意点を述べるならば、最低購入価格が100万円を超えており、資金が少ない人には負担が大きいです。例えばSMBC日興証券のキンカブサービスであれば、1万円から株式投資ができるので、リスク管理の面からも採用をご検討してみては如何でしょうか。

ワコールホールディングスの売買チャンス



2017年1月時点で管理人がチェックした繊維製品銘柄

ナイガイの評価・感想
ユニチカの評価・感想
東洋紡の評価・感想
東レの評価・感想
帝人株式会社の評価・感想

そのほかの銘柄をチェックしたい人は、
銘柄名あるいは銘柄コードを入力して検索できます

ワコールホールディングスの売買をする場合にお勧めの証券会社

ワコールホールディングスを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!