ヒューリックの株価予想は当たるのか?

ヒューリックの株価予想を評価・解説

金融のプロが予想した投資情報であれば、儲かる可能性が高いと思っている人は間違いなくカモ投資家として、損失を積み上げる事になります。株価の予想なんて、出来る訳がありません。

世の中に蔓延する株価予想を信じて売買するよりも、年に数回ある相場の暴落時に勝負する方が、簡単に利益を出す可能性が高いです。

ヒューリックで儲けるポイント
  • 上昇トレンド時の大暴落で資金を投入する戦略でも、大儲けできる
  • 凍死家になる可能性が高いので、株価が猛烈に上昇した時期には静観しろ!
  • 下落が続く銘柄で儲けるのは難しい。他銘柄の物色も考慮する必要あり
  • ギャンブルのような売買を推奨する株価予想を信じる限り、お金は増えない

投資チャンスを忍耐強く待つことが出来るのか?儲かる投資家の分かれ道。

(2016年3月6日公開)

ギャンブルのような売買を推奨する株価予想に、騙されるな!

才能ある一部の人しか生き残れない(確率的には10人に1人と言われている)短期取引を推奨する株価予想を見かけたら、全力で逃げ出した方が良いでしょう。株価予想のような情報で儲けようと思っている人は、一生、カモになるだけです。

まずは株価を予想できると思い込んでいる状態から、ご卒業なさってもらう事が先決です。その上で個人投資家としてのあるべき投資行動についても解説していきます。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
竹田嘉文 54%
(20勝17敗)
2015/7/13 売:外れ ▲0.5万円
(55万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 48万円
(48万円)

5,000円の損失を出した、竹田氏の売り予想

竹田嘉文の株価予想

では竹田嘉文氏による株価予想をチェックします。有力な証券会社が、ヒューリックに対して低調な株価パフォーマンスを予想している事から、株価が再び上昇する可能性は小さいと考え、売り推奨なさっています。予想が残念ながら外れて、55万円の投資に対して5000円の損失を出しました。

予想屋が、証券会社の発信する予想情報を参考に売買推奨するのって、どうなのでしょうか?そもそも大手証券会社が情報源でも、相場に振り回されて予想が外れまくっている状況なのですが・・・

株価予想を信じたカモの投資家が、年始から痛い目に合った事例を紹介


加えて、たった1日間の売買予想をなさっているようですが、デイトレードの世界は予想屋の言葉を信じて取引を続けて勝てるような甘い世界では無いです。自らカモになりに相場に参入するようなものですね。

ヒューリックの株価予想チャート


株式投資のような資産運用の世界では、儲けたいと思っている投資初心者の方を狙った金融関係者が大勢おります。まず彼らのカモになるものか!と常に疑いの目で見る事ですね。株価予想情報などは、まさにカモ向け投資情報の代表的なものです。

世の中には楽をして大儲けできる事は無いですし、短期的に資産を増やす方法も存在しません。まぁ、破産して人生を棒に振るような博打を打てば別ですけどね。

では無くて、しっかりと資金を増やしたいのであれば、予想屋の発言に流されずに自分自身の判断で、売買が出来るようになるしか無いです。

ヒューリックに関する予想屋の発言が理解できない

では、どうすれば良いのか? 株式投資で儲けるコツは、大衆とは正反対の投資行動をすることです。そのような基本的な事を考えた場合、大衆だけでなくプロですら相場を見たくないような大暴落が年に1回程度は発生します。

そのようなバーゲンセールの時にだけ勝負をすれば良いでしょう。毎日のように株価を眺めて売買しても資金は増えません。中長期的に、長い目で利益を取りに行くという投資行動が、トータルでは効率も良くて資産も増えると思います。

「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などの手法の考え方も取り入れると利益を出せる可能性が高まります。

明確な上昇トレンドを形成し、投資チャンスが訪れたら資金を投じよう!

ヒューリックの主力事業は、不動産を活用した賃貸事業です。不動産の売買も行っていますが、賃貸部門からの多額の安定した収益が主な利益になります。他事業としては、保険代理店事業、人材関連事業などが存在しますが、全社利益の5%程度であり、収益の柱とまでは呼べない状況です。

と言っても営業利益率が24%を超えており、かなり儲かっているようです。都区内の駅近ビルを中心に保有している上に、空室率が1%以下である運営力には驚きです。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ヒューリック (3003)
上場市場 東証1部
業種 不動産業
株価 1,092円
単元株数と最低購入単価 100株:10万9,200円
時価総額 7,234億円
資本金 626億円
発行済株式数 6億6,249万株
浮動株数 2,451万株
利益剰余金 1,248億円
有利子負債 4,780億円
保有者比率 外国 16.6%
浮動株 3.7%
投信 1.4%
特定株 50.8%

業績推移を見ると2012年以降は増収増益を続けており、安定した経営が続いています。賃貸収益といった安定収入は本当に魅力的です。

ヒューリックの業績

では実際にチャートを見て、投資判断を考えてみる事にします。投資判断の基本は、チャートの流れを理解する事です。株価のトレンドを把握する4つのステップを参考に、トレンド方向をチェックしてみましょう。

2012年初旬を起点にトレンド線を引いてみると、2014年1月の天井園までは上昇トレンドが続いていました。この時期は、トレンド線付近まで暴落したタイミングで資金を投入するスタンスで利益が出せましたね。購入タイミングは、最高のタイミングで株を買うための3つのステップが参考になると思います。

仮に上述の投資スタンスで、2013年6月頃(800円)に資金を投入して、半年後の2013年12月頃(1600円)で売却すると、48万円の投資に対して利益が48万円になりました。中長期目線での投資の方が、物凄い利益を叩きだす事が可能ですね。

注意点としては、下記チャートのようにトレンド線を遥かに超える価格帯(赤色エリア)では、決して手を出さない事です。想像を絶する損失を出す事になりますからね。2013年後半の上昇などは、カモ投資家が群がっている時期ですから、かなりの人が痛い目に合っているはずです。

さてここ2年のトレンドを調べると、下落トレンドが続いています。このような傾向を示す銘柄は、株価の上昇時期、つまり転換ポイントを把握するのが困難ですから、明確な上昇トレンドを形成するまでは静観する方針が無難かと思います。または、上昇トレンドを維持している他銘柄を監視して、資金を投じる戦略が良いでしょうね。

ヒューリックの売買チャンス

なお過去の値動きまで遡ってみると、下記チャートのように底値園の時期が3月、8月、6月と分かりやすい傾向があると言えません。

例年、繰り返し株価が上下動するような銘柄の方が、最初に扱う銘柄としては簡単です。 直観的に投資タイミングが把握できる銘柄などを重点的に調べてみましょう。

ヒューリックの過去のチャート

2016年3月時点で管理人がチェックした不動産業 銘柄

ヒューリックの売買をする場合にお勧めの証券会社

ヒューリックを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!