ぐるなびの株価予想は当たるのか?

ぐるなびの株価予想を評価・解説

カモ向け情報の株価予想を信じた人は、資金を溶かし後悔する道を歩んでいる。金融関係者は、カモ投資家からお金を巻き上げる事しか考えていない事を知るべきだ。

予想屋に頼らずとも、年1回は訪れる相場全体の暴落時にだけリスクを取れば、株価予想を信じて売買するよりも、数十倍は儲かる事を知らない人が本当に多い。

ぐるなびで儲けるポイント
  • 投機的な売買を推奨する株価予想を信用しては、ならない。
  • バブル的な価格で資金を投入すると、カモ投資家と共に地獄を見る事に。
  • 相場全体の大暴落の時こそが、大きく儲かる投資チャンス。
  • 何が起きるか分からないのが相場の世界。損切する覚悟は、常に持とう。

欲望をグッと抑えて投資チャンスを待てば、大儲けに繋がる

(2015年11月27日公開)

長期投資目線で投機を勧める株価予想には、管理人も悶絶・・

世の中に蔓延する株価予想を信じる人は、経験豊富な金融関係者の情報であれば、安全に儲ける事が出来ると思い込んでいます。ですが、その考えは間違っています。

予想情報を信じて頻繁に売買しても、投機的な取引のために最終的には資金を溶かして、相場から退場する事になります。個人投資家であれば暴落時に投資するだけで、大儲けできるのに残念です。では具体的に株価予想の問題点を見てみましょう。

評価者 実力:勝率 予想期間 結果 損益(投資額)
戸松信博 41%
(76勝109敗)
2015/
5/1~29
買:外れ ▲3万円
(44万円)
年1回の暴落時に売買した場合(後述) 40万円
(50万円)

「Yahoo!投資の達人」、「Yahoo!投資の達人・プレミアム」に関する、下記の評価コンテンツも参考にして下さい

参考コンテンツ:Yahoo!投資の達人の実力を検証!!

戸松氏の買い予想が外れて、損失3万円

戸松信博の株価予想

では戸松信博氏による1か月間の株価予想を見てみましょう。増収増益が続き業績が堅調に拡大している事から、「買」推奨です。予想は外れ44万円の投資で、損失が3万円です。

予想記事を読み込んでみると、ファンダメンタルズ分析的な事(業績などを中心に銘柄を分析する事)が延々と記載されています。

確かに長期的な株価の推移と業績は連動する傾向が強いです。ですが好業績を叩き出しても、短期的に暴落するのは日常茶飯事ですし、長期投資の目線で短期売買を推奨している訳ですから、投資スタンスとして非常に不安になりますね。

ぐるなびの株価予想チャート

これまで数百を超える株価予想を精査してきて感じているのですが、投資方針に一貫性がなく、知識が無い初心者の投資家に情報提供している感覚があるのか、いい加減さを感じます。

そもそもカモの投資家が群がるような高値園でも、積極的に売買推奨をしている株価予想が多い事を考えると、情報提供側の誠実さが見えてこないです。

このような背景も考慮すると今回の取引にも勝算があったのか疑問になります。 勝率が低い株式投資は、ギャンブルをしているようなものです。

ぐるなびに関する予想屋の発言

投機的な売買を勧める株価予想を信じて大損し後悔する前に、個人投資家が本当に儲けるために何をすれば良いか今一度、じっくりと考えてください。

個人投資家が本当のプロ(予想屋じゃなくて、積極的に売買している人)と対等に戦う戦略は、当然あります。ただし同じような戦略で戦うと、知識も時間も経験も少ない我々が勝てる理由は無いですよね。実は投資しない、つまり静観して我慢する行為が許される点が、個人投資家最大の武器です。

であるならば年1回は訪れる相場全体の大暴落時にだけ勇気を絞り出して、リスクを取ればよいのです。投資判断が簡単にできると思える銘柄と投資戦略を組み合わせてみると良いでしょう。「うねり取り投資」「季節的なサイクルを利用した投資」などを参考にしてみて下さい。

投資チャンスが過ぎ去り、ここから投資するのはリスクが高い

主に飲食店販売サービス事業を中心に事業を展開する「ぐるなび」は、収益体質が非常に良好であり、高水準の営業利益率(企業の儲かる度合いを示す指標)を誇る優良企業です。有利子負債もなく、無借金経営も高評価できるポイントです。

項目 内容 コメント
企業名(銘柄コード) ぐるなび (2440)
上場市場 東証1部
業種 サービス業
株価 2,380円
単元株数と最低購入単価 100株:23万8,000円
時価総額 1,158億円
資本金 23億円
発行済株式数 4,867万株
浮動株数 330万株
利益剰余金 126億円
有利子負債 0円
保有者比率 外国 17.4%
浮動株 6.8%
投信 5.7%
特定株 64.3%

業績推移を見ても、売上・利益ともに右肩上がりの増収増益を続けており、投資先として非常に安心感が高い企業だと思います。

ぐるなびの業績

では具体的に「ぐるなび」のチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。長期的な目線で株価の流れを追ってみると、上昇トレンドを維持しています。

初心者の人が赤色エリアのようなカモ投資家が群がる高値園でエントリーすると、必ず大損する事になります。儲けたい欲望をグッと我慢しましょう。

さて「ぐるなび」は銘柄としてわかりやすい周期的な値動きがないので、相場全体の大暴落時にリスクを取る戦略が良いかと思います。2015年10月頃の大暴落は上昇トレンド線まで株価が下がり、良い投資チャンスでした。

ただしリスクを取る前に予め 撤退する価格を決めないと、巨額な損失を出す可能性があります。今後の投資チャンスでリスクを取れなくなるので、塩漬け株になる事だけは、避けるべきですね。

なお上述の投資スタンスで2014年10月頃(1,250円)に資金を投入して、半年後の2015年4月頃(2250円)に売却すると、50万円の投資で利益が40万円です。投機的な売買になる株価予想に比べて、年1回の取引でも驚くような利益をたたき出す事が出来ますね。

ぐるなびの売買チャンス

ここ3年程で「ぐるなび」の株価は、4倍以上に値上がりしています。日本市場の平均的な成績を表す日経平均株価指数と比べると、「ぐるなび」のパフォーマンスがすごい事がわかるかと。ここまで上昇力がある銘柄を事前に見つける事が出来ると、大儲けする事が出来ますね。

ただ現実的には、事前に大きく上がる銘柄を当てるのは、非常に難しいです。むしろ株価が値下がりするような銘柄に、資金を投入してしまう可能性もある訳です。

個別株投資では避けて通れないリスクですね。もしも市場好調期に、上がらない株を保有してしまうリスクを排除したいのであれば、 日経平均株価指数並に、確実に上がるETFを活用するのもお勧めです。

ぐるなびのチャートと日経平均株価指数を比較

紺色線:ぐるなび ピンク色線:日経平均株価指数

これまで見てきたように直近3年程度は、ものすごいパフォーマンスを出しています。ですが株式市場に資金が集まらず、多くの銘柄が停滞しているような時期のチャートを見ると下落トレンドが続き、儲かる気がまったくしませんね。

そのような時には、天井園や底値園の株価やタイミングが分かりやすい銘柄を上手に活用すると、手堅く利益にすることが出来ます。参考にすると良いでしょう。

ぐるなびの過去のチャート

2015年12月時点で管理人がチェックしたサービス業 銘柄

ぐるなびの売買をする場合にお勧めの証券会社

ぐるなびを利用して株式投資をするのでしたら、下記の証券会社の中から好みに応じて使い分けると良いかと思います。

当サイトの一押し
 知名度No1で取引手数料が安い。口座開設で2000円貰えます。:SBI証券
 1万円取引のキンカブ信用取引が常に無料と魅力満載   :SMBC日興証券
 手数料無料のフリーETF株主優待のタダ取り裏技に強み:カブドットコム証券

番外
 100万円以上の現物取引手数料が、他社を圧倒する安さ  :フィデリティ証券
 楽天グループを利用する方向け             :楽天証券
 多彩な自動売買注文をしたい方向け           :マネックス証券

証券会社のコスト比較情報も御参考になさってください


Beginner of Recommended service

記事が売買の参考になりましたら、ぜひブックマークをお願いします!